五輪チケット購入に間に合うVISAカード🏊

PayPay(ペイペイ)でのクレジットカードの使い方と支払いの種類

PayPay(ペイペイ)でクレジットカードは使える

ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が設立したPayPay(ペイペイ)株式会社が、2018年10月から提供している「モバイル電子決済サービス」のPayPay(ペイペイ)。

100億円キャンペーンなど大きな話題となっています。またこれによりPayPay(ペイペイ)を使える店は増加しています。

そこでこの記事ではPayPay(ペイペイ)においてのクレジットカード利用について解説していきます。

PayPay(ペイペイ)でクレジットカードは使える

PayPay(ペイペイ)を使う際にクレジットカードを使うことはできます。

この記事では、

  1. PayPay(ペイペイ)のクレジットカード登録方法と種類
  2. PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録した後の支払い方法

PayPay(ペイペイ)のクレジットカード登録方法と種類

PayPay(ペイペイ)でクレジットカードを使う(登録する)際の2種類の使い方をご紹介します。

  1. PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録してそのまま使う
  2. PayPay(ペイペイ)残高にクレジットカードでチャージして使う

上記2種類の方法がクレジットカード利用に関わる方法となります。

基本的にPayPay(ペイペイ)の支払い方法は上記2つの方法にYahoo!マネーを加えた3種類ですが、ここではクレジットカードが関わる2つを紹介します。

解説していきます。

PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録してそのまま使う

お手持ちのクレジットカードをそのままPayPay(ペイペイ)に登録だけしてPayPay(ペイペイ)決済する方法です。

VISAとマスタカードは使える

PayPay(ペイペイ)に登録できるカードはVISAとmastercardのマークがあるものであれば登録できると考えて問題がありません。

JCBやアメックスのカードは使えない

先述したようにPayPay(ペイペイ)に登録できるクレジットカードは基本的には、国際ブランドVISAのカードと国際ブランドマスターカードのカードです。

JCBでは一つだけ使えるカードがありますが、ほとんどのJCBは使えないと認識してください。

PayPay(ペイペイ)残高還元率は0.5%

PayPay(ペイペイ)の100億円キャンペーンや決済でいつでも還元されるといったキャンペーンですが、基本的にはPayPay(ペイペイ)残高に還元されます。

クレジットカード登録でPayPay(ペイペイ)決済した場合PayPay(ペイペイ)残高への還元率が0.5%となります。

PayPay(ペイペイ)残高にクレジットカードでチャージして使う

PayPay

次に上記でも少し触れたPayPay(ペイペイ)残高へクレジットカードでチャージする方法があります。

PayPay(ペイペイ)残高チャージに使えるクレジットカードは2019年5月9日現在ヤフーカード1種類のみとなります。

PayPay(ペイペイ)残高還元率は3.0%

こちらはヤフーカードを登録した場合だけでなく、銀行口座からのチャージも含まれますがPayPay(ペイペイ)残高で支払いをすれば3%還元されます。

PayPay(ペイペイ)ではデビットカードも使える?

PayPay(ペイペイ)ではクレジットカードだけでなくデビットカードも登録することができます。

デビットカードで登録できる国際ブランドもクレジットカードに準じたものになっています。

PayPay(ペイペイ)のクレジットカード上限金額

PayPayの上限金額

PayPay(ペイペイ)でクレジットカードを利用する際に上限の金額は通常では30日間で5,000円と決して高いとはいえない利用限度額になります。

そこで、

3Dセキュアによる本人認証をすれば上限があがる

クレジットカードには3Dセキュアという本人認証を登録することができ、そちらに登録すれば通常では30日間で5,000円の上限金額が24時間で2万円/30日間で5万円と大幅にアップします。

PayPay(ペイペイ)残高へのヤフーカードからのチャージでも必須

ヤフーカードを使ってPayPay(ペイペイ)残高へチャージする際にも、3Dセキュアでの本人認証前ではチャージすることができません。

利用する前に登録が必須なので注意してください。

PayPay(ペイペイ)はさらなるキャンペーンも実施予定か?

PayPay(ペイペイ)は2019年5月8日に460億円もの資金調達を発表しました。

こちらの資金は加盟店開拓やユーザー獲得に使われる可能性は高いでしょう。

au PAYやメルペイなど各社がキャンペーンを実施する中で消費者としてはお得なものを選んで使い分けるリテラシーを高めたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください