【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

PayPay(ペイペイ)の上限ガイド

PayPay(ペイペイ)の上限についての情報まとめ

数あるおすすめのQRコード決済の中でももっとも勢いのある決済サービスの一つ「PayPay(ペイペイ)」。

まちかどペイペイ」や「PayPayくじ」などのPayPayキャンペーンの連続によりPayPayを使えるお店は続々増加しています。

PayPay(ペイペイ)の上限の分類

まずはじめにPayPay(ペイペイ)上限は大きく

  1. PayPayでの支払い
  2. PayPay(PayPay残高)へのチャージ
  3. PayPay(PayPay残高)の送金

分けられます。それぞれ解説していきます。

PayPayキャンペーンの還元上限も

続々追加されるPayPayのキャンペーンにもそれぞれにPayPayボーナスPayPayボーナスライトの還元に上限が設けられている場合が多く見受けられます。

PayPayの支払い上限金額

PayPayの支払い方法はいくつかありますが上限金額は

  • 支払い方法の種類
  • 本人認証設定済みか否か
  • 1日(24時間)の限度額
  • 1ヶ月(30日間)の限度額

によって整理していきます。

PayPayの支払い方法1日(24時間)上限1ヶ月(30日間)上限
PayPay残高50万円200万円
青いバッジ+本人認証設定済カード25万円25万円
本人認証設定済カード2万円5万円
本人認証未設定カード5,000円5,000万円

本人認証サービス(3Dセキュア)とは?

PayPayに登録できるクレジットカードにおいて重要な本人認証は通常「3Dセキュア」というクレジットカードの国際ブランドが推奨するセキュリティサービスのことをいいます。

公式Youtubeの動画

PayPayの公式Youtubeにわかりやすい動画で解説されていましたのでこちらもあわせてご紹介しておきます。

PayPay残高へのチャージ上限金額一覧

PayPayの支払い方法の一つ「PayPay残高」へのチャージにも上限金額が設けられています。

PayPay残高へのチャージ方法もいくつか種類がありますので一覧で上限金額を確認しておきましょう。

PayPay残高へのチャージ方法1日(24時間)上限1ヶ月(30日間)上限
青いバッジ+本人認証設定済カード25万円25万円
本人認証設定済のヤフーカード2万円5万円
銀行口座からチャージ50万円200万円
ヤフオクの売上金50万円200万円
PayPayフリマの売上金50万円200万円

クレジットカードはヤフーカードのみ

2019年10月現在PayPay残高へのチャージができるカードはヤフーカードのみとなっています。

ソフトバンクまとめて支払い

PayPay残高へは「ソフトバンクまとめて支払い」を使ってもチャージできますがこの上限はソフトバンクまとめて支払いに準じた限度額になります。

ワイモバイルまとめて支払い」も同様です。

PayPayの送金上限金額一覧

PayPay残高は送金にも利用可能でこの送金にも利用限度額が設けられています。

1日(24時間)上限1ヶ月(30日間)上限
10万円50万円

PayPay保有金額にも上限あり

また一度に保有できるPayPay残高は「PayPayマネー」「PayPayマネーライト」それぞれに上限が定められています。

PayPay残高の種類保有上限金額
PayPayマネー500万円
PayPayマネーライト100万円

3Dセキュア(本人認証サービス)とは?

PayPayに登録できるクレジットカードにおいて重要な「3Dセキュア」とはクレジットカードの国際ブランドが推奨するセキュリティサービスのことをいいます。

公式Youtubeの動画

PayPayの公式Youtubeにわかりやすい動画で解説されていましたのでこちらもあわせてご紹介しておきます。

PayPayの上限についてのまとめ

PayPayの上限にはいくつかの種類がありますが

  • PayPayの利用用途
  • 支払い方法の種類
  • 本人認証設定済みか否か
  • 24時間経過/30日間経過

が重要です。

消費者としてはPayPayをはじめ上限金額を意識しながら決済サービスをお得に使い分けていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください