セブンイレブンで20%還元☕✨

PayPay(ペイペイ)はタクシーで使えます!タクシーでの使い方について解説!

「100億円あげちゃうキャンペーン」で大々的にテレビコマーシャルが流れ、また店頭キャンペーン広告によって、PayPayの知名度が格段に上がりました。(このキャンペーンは、2018年12月13日で目標の100億円相当に達したため終了になっています。)

日々の生活の中で使う頻度が高いタクシー、特に年配の方は比較的近距離でも利用しているのではないでしょうか?
狭いタクシー車内で料金を支払うために小銭を準備したり、小銭がなくて1万円でおつりをもらって恐縮したりという経験をした方も多いと思います。筆者もその中の一人です。
使う頻度の高いタクシーだからこそ、スマートフォンひとつで便利に簡単に支払いができるPayPayを利用するメリットは大きいと思われます。

利用方法はいたって簡単ですので、PayPayとはどんなサービスか?を解説するとともに、
タクシーでのPayPay使用方法についてご紹介します。

PayPay(ペイペイ)タクシーでの使用についての前にまずPayPayとは?

PayPayとは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が出資して設立したPayPay株式会社が提供している「モバイル電子決済サービス」です。2018年10月からサービスを開始しています。

スマートフォンにアプリをダウンロードすることにより、そのスマートフォンひとつで簡単にキャッシュレスで支払いができるサービスです。サービス利用料は無料です。

スマートフォンひとつあれば、加盟店のお店で商品購入の代金支払いができます。
加盟店ならば、スマートフォンで瞬時に決済ができて、支払額に応じてポイント還元が受けられます。

PayPay(ペイペイ)タクシーでの使用についての前にPayPayはどこで使えるの?

2018年10月からサービスが開始されてまだ間がありませんので、PayPayが使用できるお店は限定されています。

  • 家電量販店(ビックカメラ、ヤマダ電機、ベスト電器、エディオン、コジマ等)
  • コンビニ(ファミリーマート等)
  • 飲食店・居酒屋(白木屋、和民、笑笑等)
  • 交通(第一交通産業株式会社、江ノ島タクシー、三和交通株式会社、Kotsuyomo)U
  • ホテル(H.I.S.等)
  • ファッション・アパレル(earth music & ecology等)
    等々

使用できるお店の最新情報は、PayPay公式ページやスマートフォンのPayPayアプリからでも確認できます。
使用できるお店は、今後多くなっていくものと思います。

PayPay(ペイペイ)はタクシーで使えるの?

現在、PayPayが利用できるタクシーは下記通りです。

  • 第一交通産業
  • 江ノ島タクシー
  • 三和交通
  • Kotsuyomo

上記に加えて近日対応予定なのが「Tokai Kotsu(東海交通)」です。今後PayPay加盟タクシー業者は増加するものと思われます。

PayPay(ペイペイ)をタクシーで使用できるように準備!

まず、スマートフォンにPayPayアプリをダウンロードします。PayPayアプリダウンロードの際に、案内に従って情報を登録します。
PayPayアプリダウンロードは非常に簡単で、PayPay公式ページでは「スマホがあれば最短1分で登録完了」とうたっています。数分あれば楽勝で登録できます。
ちなみに、PayPayアプリをダウンロードして新規登録すれば、PayPay残高に500円相当が無条件にプレゼントされます。

以上で、PayPay利用の準備完了です。タクシーでPayPayを利用することができます。

実際にPayPay(ペイペイ)をタクシーで使用!

PayPayを使ってタクシーに乗ってみましょう。
下車の際に、運転手さんに「PayPayでお願いします。」と言って、PayPayで支払います。
PayPayの支払い操作方法には2種類の方法があります。運転手さんの指定する方法で支払います。

  1. タクシーに提示があるQRコードをスマートフォンで読み込んで支払金額を入力する方法
  2. スマートフォンに表示させたバーコードを運転手さんが読み込む方法

PayPayでの支払いはこれで終了です。どちらの方法でもとても簡単です。

PayPay(ペイペイ)のタクシーでの使用のメリットは?

PayPayでの支払いは小銭など現金支払いの手間がなく迅速に支払いができると共に、現金受け渡しの間違いもなくなります。それに加えて、

  1. PayPayで支払うと決済額に応じて次のポイントが付与されます。
  2. PayPayのポイント還元が0.5%が付与されます。(「100億円あげちゃうキャンペーン」では還元が20%でした)
  3. PayPayアプリ登録でクレジットを登録した場合、クレジット引き落し時にクレジットカードのポイントも付与されます。
  4. 上記のポイントは重複して付与されますので、「PayPay還元ポイント+クレジットカードポイント」が付与されることになります。

なお、「100億円あげちゃうキャンペーン」は終了していますが、PayPayでは追加のキャンペーンを打つことも考えられます。そのタイミングを狙ってPayPayを使うと、さらにポイントアップが狙えます。

PayPay(ペイペイ)タクシーでの使用 最後に

「100億円あげちゃうキャンペーン」と銘打ってキャンペーンを実施した結果、PayPayの知名度が上がった一方で、クレジットカードの不正使用が多数報告されています。
そのクレジットカード不正使用の対応として、PayPayは2019年1月21日に「本人認証サービス(3Dセキュア)対応」を行い、セキュリティ強化を実施したと発表しました。
クレジットカードでの支払い限度額はクレジットカードの本人認証状況によって変わってきますので、次のPayPay公式ページでご確認ください。
PayPayセキュリティ対策

また日本政府は2019年10月の消費税増税時に、キャッシュレス決済に最大5%分を還元する優遇策を検討しており、PayPayのようなスマートフォン決済サービスがその主役になることが期待されています。消費税増税時の還元策として利用される予定ですので、今後利用しない手はないと思います。

皆さんも、将来を見越して「食わず嫌い」にならずに、まず近くの加盟店で小額から利用してみましょう。

ただ、タクシー利用時に千円とか1万円を出して「おつりは取っておいてよ!」というシーンをテレビで時々見ますが、PayPayを使うとこのような「おつりをチップとしてあげる」ということがしにくくなりますね。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください