作りやすいクレジットカードってどんなカード?作りにくい人の特徴や審査難易度などを様々な点から解説してみました

カテゴリー:クレジットカードの審査    

クレジットカードの作りやすさ

みなさんはクレジットカードを発行する時には何を重視するでしょうか?ポイント還元率の高さ、付帯保険が充実しているかどうか、よく行くお店で割引が受けられるなどの特典があるかどうか、などを意識してクレジットカードを選ばれている方が多いと思います。 

まねぷれ
ポイントや優待以前にクレジットカードの審査に通らないにゃ〜汗

確かにそれらは非常に重要なことです。しかし、意外と気づかれにくいのですが非常に重要なことに、「作りやすいカードかどうか」ということがあります。

まねぷれ
審査が厳しいとか甘いとかカードによって差はあるのかにゃ〜?

確かに上記したような内容はカードを利用する上で大事なことですが、そもそもカードが発行できないことには、それらの恩恵を享受することもできませんからね。そこで今回は、クレジットカードの作りやすさを様々な側面から検証していきます。発行しやすいクレジットカードもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

 

好きなテーマから読む

作りやすいクレジットカードとはどういうカードか?

作りやすいカードとはどういうカードか、ということについて順を追って考えていきましょう。

まずはカードの発行しやすさに直に関わる審査に関してです。

審査内容はどんなカードでも基本的には一緒

審査が厳しいクレジットカードとそうでもないカードがあると聞くと、審査の内容に違いがあるように感じてしまうかもしれませんが、そういうわけではありません。

実はどんなクレジットカードでも審査の内容は一緒なのです。では何が違うかと言うと、「審査を通過させるかどうかのハードル・基準」が異なるのです。具体的にどのように異なるかということに触れる前に、まずは審査の際に各会社が共通して確認する内容を見ていきましょう。

個人の属性から返済力を判断する

まず1つ目は個人の属性です。属性には様々な要素が含まれますが、代表的なものは「年齢・年収・勤続形態・勤務先・持ち家の有無」などです。

カード会社はこれらの属性を総合的に判断することで、「クレジットカードを利用した際にきちんと返済ができそうかどうか」ということを判断します。

年収が高ければ高いほど返済力はあるだろう、勤続形態がアルバイトではもしもの時に不安だな、といったような形で判断するわけですね。属性の審査を無事通過した人だけが、次のステップに進むことになります。

信用情報から個人の信用を判断

属性の次に審査で参照されるのは、「信用情報機関に登録されている情報」、つまり信用情報です。信用情報には、これまで各個人が行った金融取引に関する履歴が残されています。金融取引にはクレジットカードの利用、各種ローンの申し込み・利用などが含まれます。

信用情報を確認することで、「クレジットカードでショッピングを行い、期日までに支払いを終えています」「消費者金融でカードローンを利用していましたが、支払いが遅れ気味になり債務整理を行いました」といったようなことが分かるので、カード会社はここから「申し込み者はクレジットカードを利用した際にきちんと返済を行ってくれそうな人か」ということを判断します。

「返済能力があるかどうか」ということと「返済を行ってくれそうかどうか」ということは、微妙にベクトルの異なる問題なので、2種類の要素で審査を行う必要があるわけです。属性と信用情報の審査を共に通過して、在籍確認も無事クリアした人には、晴れてクレジットカードが発行されることになります。

審査の際に用いられるスコアリングの基準が異なる

では「審査の難易度」の違いがどこで生まれているのかというと、「審査を通過させるかどうかの足切りライン」の設定です。各カード会社は属性に対して「年収○○万円以下は×点」「勤続年数○年~〇年は×点」といったような形で点数を設定して、属性を点数化することで審査通過可否の判断を行っています。

この方法のことをスコアリングと呼びますが、スコアリングにおける点数設定や足切りラインが各カード会社で異なるのです。そのため、同じ年収でもカード会社Aだと30点なのに対し、カード会社Bだと50点といったようなことが起き、結果としてBの審査には通ったのにAの審査には落ちてしまった、というような事態が生まれるわけです。

スコアリングの基準や設定点数などは外部に公表されていませんので推測するしかありませんが、口コミなどからある程度審査の厳しいカード会社、比較的緩いカード会社を判断することは可能です。

 

クレジットカードの系統と審査難易度

クレジットカードは、発行会社によっていくつかの系統に分けられています。それらの系統ごとにカードの審査難易度を比べていきましょう。

最も審査の厳しいといわれる銀行系のクレジットカード

三井住友VISAカードやみずほカードなど、発行母体が銀行または銀行の関連会社であるカードは「銀行系」という系統に分類されます。メガバンクだけでなく、地方銀行も自行で独自にカードを発行していることが多いため、カードの種類としてはかなり多い系統になります。

銀行系と聞くと何となくお堅いイメージを持たれるかもしれませんが、実際にその通りで銀行系のクレジットカードは今からご紹介するカードの系統全ての中で、最も審査難易度が高いと言われています。

そのため特に信用情報に不都合な情報が記録されている場合は、ほぼ審査に通ることはありません。銀行系のカードが発行できる属性・信用情報であれば、ゴールドカードなどの上位カードを除けば、すべてのカードは発行できるでしょう。

参考口座があるからお得なのか?銀行系クレジットカードについて調べてみました

裾野は広いが審査は厳しい!?信販系クレジットカード

株式会社ジャックスの発行する「ジャックスカード」などが含まれるのが「信販系」という系統のクレジットカードです。世界で初めて発行されたクレジットカードも、この信販系に分類されるカードと言われています。

最近では他の企業グループの傘下に入ったり、合併を行ったりしている場合も多いため、純粋に信販系と呼べるクレジットカードは減ってきています。審査難易度に関しては、銀行系に次ぐ難しさになっています。

カードの種類は圧倒的で身近な存在!流通系クレジットカード

イオンクレジットサービス株式会社の発行する「イオンカード」や、マルイグループの子会社である、株式会社エポスカードの発行する「エポスカード」などは「流通系」という系統に分類されます。流通系に分類されるクレジットカードは上記2つと比べると非常に発行しやすいのが特徴です。

その理由は、流通系の会社がクレジットカードを発行する主な理由が「顧客を自社店舗や自社施設に取り込むため」だからです。イオンカードはイオンモールで利用することで色々な優遇を受けることが可能ですし、エポスカードもマルイ等で利用することでポイント還元率が高くなります。

つまり、審査を厳しくしてしまいカードの発行が行われないと、顧客を自社につなぎとめるためのアイテムとしての用途が担えないのです。そのため、手軽に発行できて商業施設で便利に使えるクレジットカードとして、人気が高い系統です。

参考流通系のクレジットカードとは?たくさんの中から選びたい方におすすめのカードとメリットを中心にまとめました

圧倒的に発行しやすい!?最近TVCMでもおなじみ消費者金融系クレジットカード

アコム株式会社が発行している「ACマスターカード」は「消費者金融系」という系統に分類されます。アイフル株式会社の傘下に入ったライフカード株式会社が発行する、ライフカードを消費者金融系と捉える見方もありますが、純粋に消費者金融系に分類されるクレジットカードは、ACマスターカードのみです。

消費者金融系のクレジットカードは各系統のクレジットカードの中で、最も審査の緩いクレジットカードです。「お金を使ってもらってなんぼ」の消費者金融では、クレジットカードは顧客確保のためにツールになっているからです。このあたりのカードに対する捉え方は、流通系と同じですね。

ブラックの喪明けの人が、改めて信用情報を構築し直すときに第一に選ぶクレジットカードとして、ACマスターカードがオススメされるほど審査の裾野の広さには定評のあるカードです。

様々なカードが混じり合う独立系

最後は独立系ですが、この系統は他の系統に当てはまらなかったいわゆる「その他」の系統です。代表的なところでは、JCBカードやSBIカードなどが当てはまります。

独立系としてまとまった系統ではないため、審査難易度もカードごとにバラバラです。JCBカードは銀行系と同じぐらいの審査難易度ですが、SBIカードの審査難易度は流通系と同じぐらいと言われています。

そのため、実際に発行を検討する際には、カードの評判等をよく確認して審査の傾向についてある程度把握しておく方が安全と言えるでしょう。

 

クレジットカードを作りやすい人と作りにくい人がいる?

今度はカードの系統ではなく、申し込みを行う個人の属性という観点から、クレジットカードの作りやすさを比較していきます。

クレジットカードを作りやすい人はどんな人?

まずは、クレジットカードを作りやすい人から考えていきます。

将来の有望顧客である大学生・専門学生などの学生

「クレジットカードを作りやすい肩書き・職業」というランキングがあったとすると、後ほどご紹介する公務員と1位2位を争うであろう存在が学生です。「収入が安定している公務員ならまだしも、なぜ学生がクレジットカードを作りやすいのか」と思われる方も多いのではないでしょうか。

実は学生がクレジットカードを作りやすい理由は「収入」や「安定性」ではなく、「将来を見越したカード会社の布石」にあります。一般的に新生活が始まるタイミングや、新社会人になるタイミングにはクレジットカードの発行希望が多くなります。

社会人になるまでに一度もクレジットカードを所有したことがなければ、一からカードを吟味することになるでしょうが、学生の時から利用しているカード会社があれば、社会人になってもそのカードを利用し続けようと思うのが自然でしょう。

つまり、カード会社は将来も自社の顧客になってくれることを期待して、学生に対してはカードを発行しやすい状態にしたり、特典の優遇された学生専用カードを設けたりしているのです。もちろん学生の場合は、返済が滞ったような場合でも親が肩代わりしてくれる可能性が高い、といったところも大きな理由の1つです。

要点まとめ

学生時代は親の収入も考慮に?

大学生や専門学生のうちは扶養期間という学生も多いはず!両親の信用でクレジットカードが作れてしまうことも!信用のある両親に感謝ですね!

収入・雇用が安定している公務員は審査に有利?

クレジットカードを作りやすい職業と言えば、やはり代表的なのは公務員です。雇用先が国であるため勤め先が倒産することは無く、雇用及び収入が安定していると考えると、クレジットカード会社からすれば最も安心してカードを発行できる相手だと言えます。

その中でも「キャリア」と呼ばれる、資格を取得した上で中央省庁に勤めている国家公務員は最も信用度が高く、発行できないカードはないであろうと思われます。もちろん地方公務員での方でも、一般企業の方に比べればカード発行という点において、有利な立ち位置であることは間違いありません。

反対にクレジットカードを作りにくい人って?

では今度は逆に、クレジットカードを作りにくい人を考えていきましょう。

個人事業主は事業規模にもよる

まずは個人事業主の方です。公務員の方とは真逆で、クレジットカード会社が求める「安定して継続した」収入というのを証明しにくいのが個人事業主です。業績が安定しておらず、収入も年度によってまちまちといったような人には、クレジットカード会社も慎重に対応せざるを得ません。

ただし例外的に、事業規模も大きくずっと継続的な収入を得続けてきており、これからもその状態が継続するであろうことを客観的に示せるようであれば、クレジットカード会社としてもカード発行を拒む理由はありません。ただしそのような客観的な情報・資料を用意して提示するのは難しいことが多いため、多くの個人事業主の人はクレジットカードの発行に苦労しているのです。

外国籍の方は要注意!

日本人と同じような生活をしていて、日本人と同じような職業に就いていても、外国籍であるという理由だけでクレジットカード発行への道のりはグッと険しいものになります。クレジットカード会社が外国籍の方に対して、慎重な審査を行う理由は「返済を行わないまま出国されてしまうリスク」を恐れているからです。

これは可能性の問題ではなく、事実としてそういったケースが多くあるので、クレジットカード会社としても慎重な対応をせざるを得ないのです。

そのため、同じような属性・信用情報でも日本国籍の人は審査に通って、外国籍の人は落ちてしまうということは多々あります。外国籍の方がクレジットカードを作る場合には、日本人の方よりも優秀な属性・信用情報を保持するか、外国人登録証明書を発行しておくのがいいでしょう。

 

クレジットカードには作りやすい時期がある?

続いて、クレジットカードを発行しやすい時期について考えていきます。

同じ人でも申し込むタイミングを変えるだけで、クレジットカード発行の可否が変わるということはあり得るのでしょうか。可能性が1%でもあれば申し込みにチャレンジしたいですよね。

年度末はノルマ達成のため審査が甘くなる傾向に?

カード会社も会社の一種ですから、業務上達成すべき目標というのが掲げられている場合が多いです。通常の会社であれば売上目標だったり契約件数だったりするわけですが、カード会社では「カードの発行枚数」つまり「会員数」が目標として掲げられているのが普通です。

そして多くの会社にとっての年度末である2、3月には、目標を達成するために最後の追い込みをかけますが、カード会社でもそれは変わりません。目標として掲げていた会員数に満たない場合には、少し審査を緩くしてもいいから、会員数を増やそうとするカード会社が出てきます。

もちろん全てのカード会社がそういうことをするかと言うと決してそういうわけではありませんし、そもそも会員数が目標を達成していたら、審査を緩くする必要もありません。各カード会社が目標として掲げている会員数や、それを達成しているかどうかを知る由はありませんが、年度末に急に「キャンペーン」を打ち出して来たら、そのカード会社では一時的に審査のハードルが下がっている可能性が高いと言えます。

新社会人が増える新年度の始まりは狙い目

年度末とは逆に、新年度の始まりも絶好の狙い目です。新年度の始まりには、多くの新社会人が生まれます。新社会人の中には、社会に出たことを機にクレジットカードを発行しようと考えている人が少なくありません。

そういった新社会人の人に自社のカードを発行してもらおうと、年度末同様にカード会社は会員の獲得に躍起になります。すると当然審査の基準も引き下げられますので、自分が新社会人では無かったとしても、新年度の始まりを狙ってクレジットカードを申し込むことで、その恩恵にあずかることは可能です。

新入社員になったタイミングで、クレジットカードを申し込んでみましょう!

キャンペーンのタイミング

カード会社では年度末や年度始まり以外にも、新たな提携カードを発行する際などにキャンペーンを打つことがあります。キャンペーン時には審査のハードルが下げられるのは前述の通りです。カード会社のホームページをチェックして、キャンペーンを打っていたらチャンスだと思いましょう。

また、キャンペーンに関して特に狙い目なのが「キャンペーン延長」の場合です。通常の営業目標同様に、キャンペーン中には「キャンペーン期間中に新規会員○人獲得」のような目標が掲げられていることが多くあります。

キャンペーンが延長されるということは、新規会員の人数が掲げた目標人数に達していないという可能性が非常に高いので、カード会社としても審査基準を通常よりもさらに数段下げて、新規会員を獲得しようとしていることが多いのです。

自分の属性ではどう考えても審査落ちだろうと思われるカードでも、こういったタイミングを利用して申し込むことで、審査に通る可能性が出てきます。ダメ元で申し込むのは少々危険ですが、どうしても欲しいカードなのであれば、挑戦してみるのもいいかもしれません。

(番外編)身内がクレジットカード会社に就職したタイミング

金融系の会社に就職した場合、知り合いや身内に自社の商品を使わせるようなノルマが課されるケースというのが多々あります。銀行に就職した友人から、口座開設のお願いをされたことがある人もいるのではないでしょうか。カード会社でも同様に、身内などに自社のカードを発行させるようなノルマが課される場合があります。

こういったノルマ等達成のために社員から話を持ちかけられてカードを申し込む場合には、通常よりも審査基準を下げて対応してくれることが多いです。カード会社に就職している以上、信用情報のことは知っているはずですから、下手に申し込みをさせて審査落ちにでもしてしまったら、自分のせいで信用情報にキズをつけさせてしまうことになるということも分かっているはずですからね。知り合いからクレジットカード発行のお誘いがあった場合には、申し込んでみるチャンスかもしれません。そもそも基準をクリアしてるかもしれませんしね。

 

同じ国際ブランドのカードでも作りやすいカードと作りにくいカードがある?

続いては国際ブランドにまつわる話です。同じ国際ブランドのクレジットカードでも、作りやすいカードと作りにくいカードがあるのはどういうことなのでしょうか。種類別にみていきます。

自社で発行した「プロパーカード」

国際ブランドの中には、国際ブランドとしての役割しか持たないブランドと、国際ブランド以外にカードの発行会社(イシュアー)としての役割をもつブランドがあります。前者にはVISAやMaster Cardが含まれ、後者にはJCBやAmerican Expressが含まれます。

つまりJCBやAmerican Expressは、自社で発行したカードに自社の国際ブランドを乗せるという、いわば「純JCBカード」のようなカードを発行することが可能です。こういったカードのことを一般的に「プロパーカード」と呼び、総じてステータスが高い傾向にあります。ステータスが高いため、必然的に審査も厳しくなります。

国際ブランドと発行会社のタッグ「提携カード」

それに対し、国際ブランドとカード発行会社が提携して発行しているカードのことを「提携カード」と言います。世の中に出回っているクレジットカードのうち、9割以上がこの提携カードです。

提携カードの特徴は、プロパーカードに比べてカード発行会社独自のサービスが数多く付帯していたり、ポイント還元率が優遇されていることです。つまり、より「実用的」なクレジットカードであると言えます。

その分、ステータス性はプロパーカードには及ばないので、審査の基準はそこまで厳しくないことが多いです。つまり同じJCBのカードでもプロパーカードと提携カードでは、審査難易度に違いが生じているため、同じ国際ブランドのカードにも関わらず、作りやすいカードと作りにくいカードがあるということなんですね。

 

クレジットカードの審査に通りやすくなる方法は?

では、申し込みの際にクレジットカードの審査に少しでも通りやすくなる方法をご紹介していきましょう。

限度額を小さめにして申し込み

まずは、限度額を小さめにして申し込むということです。カード会社としても限度額が大きなカードを発行する際には、貸し倒れのリスクがより大きくなるので慎重に審査をせざるを得ません。

限度額は必要最小限の金額にして申し込むことで、審査に通過する可能性を少しでも上げておきましょう。

まずはキャッシング枠無しで

続いては、キャッシング枠の設定を無しにして申し込むということです。ショッピング枠と違いキャッシング枠を利用すれば、直にお金を手に入れることができます。

そのため、クレジットカード会社もキャッシング枠の申請に対しては、かなり慎重な対応をしているというのが現実です。特に必要が無いのであれば、キャッシング枠を無しにして申し込むことで、審査落ちしてしまうリスクを軽減することが可能です。

申し込み書はミス・記載漏れなく

最後は申し込み書のミス等を無くす、ということです。クレジットカード会社が審査を行う際には「3C」を重要視すると言われています。これは頭文字が「C」で始まる3つの単語を表しているのですが、その中の1つに「Character=性格」があります。申し込み書は、審査に通るかどうかの判断基準になる非常に重要な書類です。

そんな重要な書類をミスだらけの状態で送ってくるような人は、きっとルーズな性格のひとなのだろう、と判断されてしまいかねません。カード会社の心証を無駄に悪くすることのないように、記入の終わった申し込み書は最初から最後までミスが無いかを確認した上で、送るようにしましょう。

 

審査の裾野が広く作りやすいクレジットカード4選を紹介

最後に作りやすいクレジットカードを一般カードと法人カードに分けてご紹介していきます。まずは一般カードからです。

ACマスターカード

ACマスターカード

先ほど消費者金融系のカードの項で少し触れましたが、現在発行されているカードの中で最も審査対象が多いと言われているのが、ACマスターカードです。

さまざまなサイトでも紹介されており、審査の裾野は相当広いことがうかがい知れます。属性や信用情報には自信はないけれど、どうしてもクレジットカードを発行したいという場合には、まずはACマスターカードを選ぶといいでしょう。

ただし特典はほとんどなく、リボ払いなどに注意して使いましょう。次のカードのステップアップとしての1枚ですね。

エポスカード

エポスカード

エポスカードはマルイの系列会社が発行しているため、流通系のカードになります。そのため、審査対象も比較的広い傾向にあります。

年会費が無料で審査が緩いにも関わらず、海外旅行傷害保険が自動付帯してくるということもあり、マルイを利用する世代を中心に非常に人気の高いカードです。

イオンカード

イオンカード(WAON一体型)

エポスカード同様に、流通系に属しており比較的発行しやすいのがイオンカードです。イオンの系列店で毎月20日、30日に利用すれば買い物代金が5%オフになります。

そして、普段使いに適した機能や特典が多数付帯しているのも魅力だと言えるでしょう。ポイントを貯めるもよし、20日、30日のショッピングで利用するもよしのユーティリティカードです。

楽天カード

楽天カード

最後は楽天カードです。系統的には信販系に分類されると言えますが、楽天カードは例外的に審査難易度は独自の基準です。

また、定期的に入会キャンペーンを行っているので、発行する際には入会キャンペーンのタイミングを見計らって申し込むのがいいでしょう。カードの種類も豊富なので、自分の利用方法に適したカードを選ぶことが可能です。

 

作りやすい法人カード3選

続いては法人カードです。一般の方にはあまり馴染みのないカードですが、個人事業主の方などはお世話になるカードだと思います。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(法人)

法人カードでは、会社のホームページや固定電話がないと申し込めないようなケースも多いですが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはそれらがなくても申し込み可能で、審査対象も比較的広めだという評判です。

まだ事業を始めて間もないという方でも発行できる法人カードなので、駆け出し個人事業主の方にもオススメです。

JCB一般法人カード

jcb-bizplus-ippan-card

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードと並んで、審査が緩いことに定評のあるのがJCB一般法人カードです。審査に通過できるか不安な場合には、この2種類のどちらかを選んで申し込むのがいいでしょう。

ただし、JCB一般法人カードに関しては会社の電話番号は確実に必要になりますので、その点に関しては注意が必要です。

楽天ビジネスカード

rakuten-business-card

上記の2種はAmerican ExpressとJCBのカードですが、VISAのカードを利用したいという場合には楽天ビジネスカードがオススメです。

楽天カード系列のカードですので、ポイントが貯めやすいというのも嬉しいところです。

 

まとめ

以上がクレジットカードの作りやすさに関して、様々な点から検証した結果です。クレジットカードを作りやすい人・タイミング、発行しやすいカードとその種類などに関してお分かりいただけたのではないかと思います。

クレジットカードは実際に手にして初めて意味を持ちます。「クレジットカードが発行されたらあれを買おう、これを買おう」という妄想が、絵に描いた餅にならないようにぜひ今回お伝えした内容を参考にした上で、クレジットカードの発行を行ってくださいね!

おじさん
クレジットカードの審査は個人の信用の一つの形じゃ!作ったからといって安心せず、しっかり返済期限を守って支払いをすることが大事じゃ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

ACマスターカード

関連記事

海外在住者でも作れるおすすめのクレジットカードと申し込み・作成方法をまとめました

ビジネスマンに限らず、成人されている人ならほとんどの人が持っている、クレジットカ

記事を読む

ACマスターカード

アコムACマスターカードを申し込み前に即日発行のメリットや独自の審査基準を徹底解説

とりあえず、クレジットカード欲しい。即日発行で、しかも国際ブランドのカード。。。 そん

記事を読む

クレジットカード審査が不安な方へ基準を徹底ガイドします。比較的審査に通りやすい?おすすめのカードも紹介します。

クレジットカードを発行するために避けては通れないのが「審査」です。何をどのように調べられているの

記事を読む

クレジットカードやカードローン審査の前に知っておくべき信用情報のすべて

信用情報はクレジットカードやローンの審査においてカード会社が必ず確認する非常に重要な情報です。信用情

記事を読む

クレジットカード 審査

審査の甘いクレジットカードは存在しない!クレジットカードの審査の正しい知識と意識調査ランキング

この記事にたどり着いた方は「クレジットカードの審査について調べている方」か「のっぴき

記事を読む

ACマスターカード
トクバイ
月5,000円の節約もすぐ目の前に!日々の生活費を節約したいなら「トクバイ」を使え!

「トクバイ」を利用すれば、月間5,000円の節約も夢ではなくなるか

2017.03.29 Wed

クレジットカード使える病院と使えない病院を調べる方法

WerbeFabrik / Pixabay[/caption]

2017.03.28 Tue

【カフェはクレカ生活の敵?】クレジットカードが使えるカフェ・使えないカフェのまとめ

小銭を扱うのが煩わしい方は、カフェのような少額での支払いこそクレジット

2017.03.23 Thu

2016年下半期クレジットカードランキング
まねぷれで2016年後半申し込み数の多かったクレジットカードTOP6を紹介します!

2017年になってもう2ヶ月ちょいが経つにゃ〜[/speech_b

2017.03.08 Wed

クレジットカードの作りやすさ
作りやすいクレジットカードってどんなカード?作りにくい人の特徴や審査難易度などを様々な点から解説してみました

みなさんはクレジットカードを発行する時には何を重視するでしょうか?

2017.03.02 Thu

もっと見る

  • ACマスターカード
PAGE TOP ↑