💡最大7,000円相当のPayPayボーナス💡

還元率とは?の意味と使い方を解説

還元率
還元率という言葉は、たとえばクレジットカードを作ることを検討する際によく目にする言葉ですよね。
でもその使い方や意味は正しく理解していますでしょうか?
何となく見たことはあるけど、意外と意味や使い方はわからないという方も多いのではないでしょうか?
そこでここでは、そんな還元率の使い方や意味についてみていきます。

還元率の読み方

還元率という言葉は、「かんげんりつ」と読みます。
還は、「返還(へんかん)」の還なので、「かん」と読むのが一般的です。「げん」と読まれることもありますが、普段よく目にする言葉でこれを「げん」と読むことはありませんし、「かえす」という読み方も送り仮名が必要になるのでこの場合には当てはまりません。
元は「げん」以外に「もと」と読むこともできますが、この場合には「げん」が適切。
率は「りつ」以外に「そつ」という読み方もありますが、意味合い的に「りつ」になり、すべて合わせて「かんげんりつ」となります。

還元率の意味について

還元率は、元の状態と比べてどのくらい還ってくるのかの割合という意味になります。それは一つの一つの漢字の意味をみていくと分かりやすいです。
還元の還は返還の還なので、まず何かが還ってくるということがわかります。そして元は、当然元の状態を指しますよね。
率は割合を差しますから、元々の状態に対してどのくらい還ってくるのかというのが、還元率ということになるんです。
たとえば還元率1%ならば、100に対して1返還されるということになります。

還元率の正しい使い方

還元率という言葉は、主にクレジットカード界隈で使われることが多いです。
というのもクレジットカードでは、ポイントにて、もともと使ったお金に対しての還元を行っているのです。
だから、「高い還元率のクレジットカード」というように、クレジットカードと結び付けられて使われることが多くなってきます。
またこのように還元率は、「高い」「低い」でその度合いを表していくのが特徴です。
もし使ったお金に対してポイントが2倍返ってくるならば、還元率は200%となります。

還元率の間違った使い方

還元率の間違った使い方としては、%ではなく、金額で表してしまうということがあげられます。
たとえば、「100円につき1ポイント還元」というクレジットカードがあったとします。その場合正しくは還元率1%になり、還元率を1円としてしまうのは間違いだということになるのです。
還元率1円と表してしまうと、いくら使ったら1円還元されるのかがわかりません。これだと100万円使って1円しか返ってこなくても、それは間違っていないことになってしまいます。

還元率を使った例文

実際に還元率はどんなふうに使われるのかという例文も、二つほど紹介していきたいと思います。
基本的には還元率はほとんどの場合でこういう使われ方、またこういう会話の中で使われていくので、この使い方をしっかりと覚えておけば、還元率という言葉を使う際、あるいは耳にした際に困るということはまずなくなるでしょう。

還元率の使い方【例文その①】

還元率の使い方の例文、1つ目はコチラです。

「クレジットカードがほしいんだけど、高還元率ってどのくらいからかな?」
「2%いってたら高還元率って言ってもいいんじゃないかな?」
「2%かぁ。高いとは言ってもまだまだ厳しいね」
「10%くらいになれば最高なのにね」

このように、高い還元率のクレジットカードを探す際に使うというのが、還元率という言葉が最もよくつかわれるシーンになります。
少しでも還元率が高い方がお得であることは間違いありませんから。

還元率の使い方【例文その②】

還元率の使い方の例文として次に挙げられるのは、こんな文です。

「ポイント還元率の高いクレジットカードと、現金キャッシュバックがあるカードだったらどっちの方がお得かな?」
「それはポイントの還元率とキャッシュバックの還元率の差にもよるよね」
「差がおおきければクレジットカードの方がいいかな?」
「カードを使うシーンがたくさんあるならそうかもね」

還元率は、ポイント還元率だけではなく、現金での還元率として使うこともあります。
だからこういう会話の流れで出てくることもあるのです。

還元率は英語でなんて言うの?

還元率を英語で言うには、たとえば「reduction rate」とすることもありますし、「point return ratio」とすることもあります。
前者はそのまま還元率という意味ですが、後者はもうちょっと踏み込んでポイント還元率となっています。
これらはたとえば「The point return ratio will be changed」(ポイント還元率が変わります。)という風に使われたりします。

還元率は中国語でなんて言うの?

還元率を中国語でいうならば、シンプルに「返点」とします。他の言い方もありますが、「返点」でポイント還元率を表すのです。あとはたとえば「这个商品返点百分之四」(このアイテムのポイント還元率は4%です。)という風に、それの後ろにパーセンテージを引っ付ければ、ポイント還元率が何%なのかを表現することが出来ます。
日本語での還元率と比べても、中国語の還元率である返点の方が、漢字の意味合い的にはわかりやすいと言えるのではないでしょうか?

還元率の類義語や関連語は?

還元率の類義語や関連語には、「ポイントバック率」や「キャッシュバック率」というような言葉があります。これらも基本的にはクレジットカードやそれに似たカードのポイントや現金の還元率を表した言葉なので、意味合いとしては同じになります。ただこれらの言葉の方が、還元率と比べると、それが何の数字なのかをよりわかりやすく説明しているので、最近ではポイントバック率やキャッシュバック率という言葉が使われることもまずまずあります。

還元率の対義語は?

還元率には、明確な対義語はありません。還元率は、還元される金額の割り合いという意味の言葉になるのですから、その対義語といわれてもピンときませんよね。
還元という言葉だけで見るのであれば、酸化という言葉が対義語にあたると辞書に書かれていますが、それはここで言う場合の「還元」とは少し意味が違ってきます。対義語が酸化となる「還元」は、物質が電子を受け取るという意味の科学用語になるのです。だから対義語も酸化になりますが、クレジットカードのなどの還元率という言葉には、対義語はありません。

還元率を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

還元率を使った慣用句はことわざは、さすがにありません。というのも還元率という言葉自体、まだまだ比較的に定着して間もない言葉になりますから、古くからの言葉であることが一つの条件とも言えることわざや慣用句の中にはそれはないのです。
ただ還元率はたとえばクレジットカードの使い方等によって高めることもできるため、「還元率を高める」というような言い回しで使われることもあります。そういう言い方は覚えておくと良いでしょう。

還元率にまつわるサイト

還元率にまつわるサイトとしては、以下の二つが挙げられます。

「高還元率のクレジットカードや注意点を紹介しているサイト」https://navinavi-creditcard.com/creditcard-koukangen/
還元率はほとんどクレジットカードで使われる言葉にになりますから、当然還元率にまつわるサイトもクレジットカードを紹介しているサイトになります。ここでは高還元率のクレジットカードを6つほど紹介しています。

「多くの高還元率のクレジットカードを紹介しているサイト」https://card-professor.jp/best-creditcard/high-reduction-rate/
コチラは、よりい多くの高還元率のクレジットカードを紹介しているサイトになります。還元率で決めるにしても、より多くのクレジットカードを比較して作成するクレジットカードを決めた方が良いことは間違いないので、いろいろなサイトを見るに越したことはありません。

還元率の意味や使い方についてのまとめ

還元率という言葉の意味や使い方には、特に難しいことはありません。ただ強いて言えば、多くの場合でクレジットカードに使われる言葉だというのは覚えておいて損はないでしょう。また基本的には%で表現されるものになるので、%での計算方法(0.01をかけると1%の数字が出る等)をしっかりと理解しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください