今すぐ作れるクレジットカードあります!

メルペイは松屋で使えるのか?使い方も含めて詳しく紹介!

ペイの語源は皆さんご存知でしょうか。

ペイというのは、支払という意味であり、最近よくきく○○ペイとは支払サービスのことです。

今回紹介するのは、フリマアプリのメルカリが提供しているメルペイというサービスです。
メルペイはスマホ決済であり、会計を便利にするアイテムです。

そんなメルペイは牛丼チェーン店である松屋では使うことができるのでしょうか。
そのあたりについて詳しく紹介します。

メルペイと松屋とは?

メルペイはネット上でフリマができるアプリであるメルカリが提供しているスマホ決済サービスです。

決済サービスにはいくつか種類があり、もともとは現金決済しかありませんでした。
そこから便利なものがないかと広がっていき、クレジットカード決済、電子マネー決済、ついにはスマホ決済まで広がっています。

現金決済の場合は、お金を出さなくてはいけませんでした。
カード決済の場合は、カードを出さなくてはいけませんでした。

世の中は便利で気軽さというのを求めています。
スマホ決済であれば、ポケットからいつも持っているスマホを出して、かざすだけです。

こんなに便利なものはありません。
メルペイはそんなサービスになります。

残念ながら、メルペイは松屋では使えません。

メルペイは松屋がiDが導入されていないから使えない

メルペイは松屋でどうして利用ができないのか。

メルペイを使うためには、iD決済サービスがお店に導入されている必要があります。
iD決済サービスとは、専用の機械に非接触型で通信ができるものです。
近づけるだけで決済ができます。

メルペイはメルペイというサービスですが、実際にはiD決済サービスが導入されたお店で利用ができます。

現状では松屋はiD機能が導入されていません。
電子マネー系統はいくつか導入されてきているため、今後普及していく可能性は高いです。

現状では松屋で使うことはできませんが、今後使えるようになったときのことを考えて、どうやって使うのか紹介していきます。

メルペイは今後松屋のバーコード決済に対応していく

松屋ではメルペイ以外のLinePayや楽天Payには対応しています。

これらのPayサービスは、QRコードで対応しています。
松屋の券売機にQRコードを読み取る機械が搭載されているため、QRコード決済のサービスには対応できるようになっています。

メルペイは現在iD機能しか搭載されていないのですが、今後はQRコードに対応していくことが発表されています。

QRコード決済が可能になることで、さらにメルペイを利用する店舗は増えていきます。
現在でもiD利用店として80万店舗以上で使えます。

QRコード決済が導入されることで、プラス40万店舗で使えるようになるため、合計120万店で使うことが可能になります。

メルペイは松屋以外のネット決済にも対応

メルペイはリアル店舗でしか使うことができません。

コンビニ、スーパー、飲食店など、皆さんが普段よく使うところで使えます。
リアル店舗だけでは物足りませんよね。

今はネット社会です。
ネットショップで買い物をすることで、ポイントも貯まりやすく、何より料金が安いというのが特徴です。

メルペイは今後リアル店舗も増加も行いながら、ネットショップの決済にも対応していきます。
さらに使いやすくなります。

メルペイを使うには松屋側では手数料が必要

メルペイを使うためにユーザー側でかかる費用は一切ありません。

導入費・管理費・月額費など、すべてが無料で利用ができます。

そのかわり、メルペイサービスを導入すると、松屋側では手数料がかかるようになります。

松屋側としては手数料がかかってでも、利用客が増えるのであれば、そちらの対応をしていきたいと考えているはずです。

メルペイに限らず、電子決済機能を使うためには、売上金に応じて手数料を払う仕組みになっています。

ちなみにメルペイの決済手数料は1.5%と低水準です。
通常は3.0%という決済手数料が多いため、それと比べたときにメルペイは半値ということになります。

メルペイは松屋側は決済手数料を払ってでも使いたいサービス

メルペイを使うために松屋側では手数料がかかります。

しかし、松屋側はこの手数料を払ってでも導入したいと思っています。

メルペイを使って支払う想定ユーザーはたくさんいます。

想定ユーザーはメルカリの売上金をあげている人たちです。
困った売上金をメルペイに移行して使うことがメルペイが生まれた理由です。

決済手数料が1.5%かかったとしても、顧客を獲得できると考えれば安いものかもしれません。

現金決済だけのお店であれば、ユーザーのサイフの紐は固くなっているかもしれません。
クレジットカードもそうですが、今すぐ現金が消えていくイメージがないため、人によってはいつもより多くお金を使ってくれるかもしれません。

そう考えると、お店側としては入れておくべき理由になりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください