今すぐ作れるクレジットカードあります!

PayPay(ペイペイ)はほっともっとで使える?PayPay(ペイペイ)の使い方付

PayPay(ペイペイ)

「100億円あげちゃうキャンペーン」で大々的にテレビコマーシャルが流れ、また店頭キャンペーン広告で認知度が上がったPayPay。
(このキャンペーンは、2018年12月13日で目標の100億円相当に達したため終了)

このキャンペーンによってPayPayの知名度が格段に上がり、使えるお店も続々と増えています。

さらに100億円あげちゃうキャンペーン第二弾も始まっており、上限金額の変更など制約が増えたもののさらなる認知度や利用につながることが間違いないでしょう。

そこで、この記事ではほっともっとでもPayPayが使えるのかまとめました。

参考ほっともっとでクレジットカードは使える?電子マネーやQRコード決済アプリなどおすすめの支払方法を紹介!

PayPay(ペイペイ)はほっともっとで使える?そもそもPayPayのサービスとは?

PayPayとは、ソフトバンクとヤフーが出資して設立したPayPay株式会社が提供している「モバイル電子決済サービス」で2018年10月からサービスを開始しています。

PayPayはスマホにアプリをダウンロードすることで、簡単にキャッシュレス支払いができる無料のサービスです。

スマホ1つで加盟店ので買い物ができますし、支払額に応じてPayPay残高の還元を受けられますのでお得ですね。

ただし、2019年3月22日現在ほっともっとではPayPayを利用することはできません。またほっともっとで導入する動きも見られません。

PayPayにはヤフーカードがおすすめ!

PayPayの100億円キャンペーン第二弾の20%還元はPayPay残高チャージが必須です。

新たに銀行を作らずにPayPay残高にチャージするには、今のところYahoo! JAPANカードしか選択肢がありません。

2019年4月からはYahoo!J APANカードに付与する期間限定TポイントもPayPay残高に変更されるとのことですので、キャンペーン期間中にYahoo! JAPANカードに入会すると良いでしょう。

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
最大10,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく4,000ポイント
  2. 申込月を含む2カ月目の末日までにYahoo!JAPANカード利用1回につき2,000ポイント(最大6,000ポイントまで)
Yahoo!JAPANカードの特徴
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOの利用で毎日3倍Tポイントが貯まる
  • 月額490円+税のプラチナ補償の初月無料
  • ETCカードは年会費500円+税
  • Tポイント一体型。TSUTAYAのレンタル会員カードとしても利用可能

PayPay(ペイペイ)の使い方!ほっともっとで使えるようになる前に知っておこう

PayPayを初めて使う際には、スマートフォンにアプリをダウンロードして、決済方法等を登録する必要があります。


PayPayでは、次の3つ支払い方法の中から選びます。

  • PayPay残高(銀行口座から簡単にチャージできます)
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

新規登録をすると、PayPay残高500円相当がプレゼントされますので、まず登録するだけでもお得です。
アプリダウンロード等については、PAYPAY公式サイトをご覧ください。

以上、スマートフォンにアプリをダウンロードして決済方法等を登録したら、PayPayを使う事前準備完了です。

支払いにPayPayを使用する際は、PayPay加盟店のレジで「PayPayでお願いします」と言って、お店の店員さんの指示する方法で決済すれば支払い終了です。

ほっともっとはPayPay(ペイペイ)に頼らず独自のアプリでバーコード決済を推進中?

ほっともっでは、2017年の9月からMy Hotto Mottoというサービスが始まっています。
こちらは、QRコードを読み取らせるタイプの独自の電子マネーで、バーコード決済ができます

お支払い方法はスマートフォンのQRコードをレジ横の読取機に読み取らせるだけです。
現在はアプリがないのでMy Hotto Mottoのマイページをお気に入りなどに登録するかページをホーム画面を追加しておきスムーズに決済できるようにしましょう。

また、My Hotto Mottoのメリットは、ポイントを貯めて1ポイント1円で使うことができますので、お得にお弁当が購入できますよ。

  • お弁当購入は100円で1ポイント
  • 現金チャージは1,000円で10ポイント
  • ランクアップでも100円最大4ポイント

PayPay(ペイペイ)がほっともっとで使えなければどこで使えるの?

2018年10月からサービスが開始されてまだ間がありませんので、PayPayが使用できるお店は限定されています。

  • 家電量販店(ビックカメラ、ヤマダ電機、ベスト電器、エディオン、コジマ等)
  • コンビニ(ファミリーマート等)
  • 飲食店・居酒屋(白木屋、和民、笑笑等)
  • ホテル(H.I.S.等)
  • ファッション・アパレル(earth music & ecology等)等々
  • 牛丼チェーン(松屋)等々

PayPayが使用できるお店の詳細については、公式サイトをご覧ください。

しかし、PayPayが利用できるお店は、毎月のように順次拡大中です。
最新情報については、PayPayのスマホアプリから確認ができますので、気になるお店についてチェックしてみてください。

PayPay(ペイペイ)以外にほっともっとで使える支払い方法

ほっともっとでの支払い方法は、次の通りです。

  • 現金
  • クレジット(VISA、マスターカード、VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ダイナース)
  • QRコード決済(独自のMy Hotto Motto )
  • 電子マネー(独自のMy Hotto Motto、沖縄のみ楽天Edyが可)

限定された店舗では、Edy・ID・Suica・WAON・PASMO・nanacoの6種類の電子マネーで支払いが可能
ほっともっとは、ほとんどのクレジットカードが利用できます。

また、推進中の独自の電子マネー決済My Hotto Mottoのが利用できます。
スマホ決済(アプリなしwebサイトからの利用)またはカード(発行150円)タイプが選択できます。

今後ほっともっとが、他のQRコード決済を導入するのかは不明ですが、ほっともっとにとっても決済手段の多様化は消費者を取り込むために重要な戦略の一つかもしれませんので、今後の動向に注目です。

最後に PayPay(ペイペイ)を導入するかほっともっと独自の決済か

PayPayはサービス開始からまだ日が浅くPayPayを使用できる店舗も限られています。
2019年3月22日現在、残念ながらPayPayはほっともっとで使用できません。

日本政府では2019年10月の消費税増税時に、キャッシュレス決済に最大5%分を還元する優遇策を検討しており、PayPayをはじめスマートフォン決済サービスがその主役になることが期待されています。

日本政府の後押しがあると、日本の支払い事情が一気に変わってしまう可能性もりますので、今からその時に備えて準備しておくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください