💡最大7,000円相当のPayPayボーナス💡

主要とは?の意味と使い方を解説

主要
普段、何気ない会話の中に出てくる言葉に「主要」という言葉があります。具体的にどんな意味になり、どんな使い方があるのかここで詳しく解説していきたいと思います。「主要」の読み方から意味、正しい使い方や熟語などについてご紹介します。また、英語や中国語での使い方についても合わせてご紹介するので参考にしてください。

主要の読み方

「主要」の読み方は、「シュヨウ」となります。これ以外に読み方はありませんが、「主」と「要」を分けた場合には読み方がまた変わってきます。「主」は、「シュ」の他にも「ヌシ」や「アルジ」と読むことも出来ます。また、「オモ」と読むこともあります。「要」の場合は、「ヨウ」以外にも「カナメ」という読み方があります。「主要」の場合は読み方は1つだけになりますが、漢字単体では他の読み方もあることを覚えておきましょう。

主要の意味について

「主要」の意味は、「物事の中心にあるもの」ということです。物事の中心的な役割を果たすもの、またはその状態などを意味します。あるいは、必ずしも対象は物だけではなくて人の場合もあります。1番大事なことであり、どうしても欠かすことが出来ない大切な物、その物事の中心となる人物などという意味になります。色々ある中で特に大切なことでありその様子です。何かを解決したり、問題を紐解く「カギ」という意味もあります。

主要の正しい使い方

「主要」の正しい使い方は、物事の中心的存在であり大事な役割を担っている場面で使うことが正しい使い方になります。「やるべき主要事項から先に取り掛かる」や「主要メンバーに報告する」「主要取引先をリスト化する」などがこれに当たりますね。その物事でもっとも大切なことや大切な人物という意味で使うのが正しい使い方です。大切な事柄で使われる言葉であるため、あまり重要ではないどうでもよいことでは使われないので気を付けましょう。

主要の間違った使い方

「主要」は大事なこと、大事な役割をするものですからあまり重要でないことに使うこと自体間違った使い方であると言えます。「特に緊急性の無い物を主要事項にしましょう」や「無駄話を主要メンバーに報告する」「主要取引先には少しくらい無礼があっても平気だ」などという使い方は間違いになります。「主要」を使う場合は、物事の中心的存在である大事なことや人に対して使うのでどうでも良い使い方はしないようにすることです。

主要を使った例文

それでは、「主要」という言葉を使いながら2つほど例文をご紹介したいと思います。「主要」は、普段の日常会話というよりは何か緊急を要することや連絡する必要がある大事な場面などで使われることが多いです。また、ビジネスシーンでも使われることが多い言葉であるため一体どんな使い方があるのか詳しく見てみましょう。

主要の使い方【例文その①】

会社の経営者に質問する場面での会話です。
「どんなお仕事をされていますか?」
「インターネットを使った仕事をしています。主にウェブマーケティングのコンサルティング業をしています。」
「取引先にはどういった企業が多いですか?」
「海外のインターネット関連会社が多いです。主要取引先は、グーグルやアマゾンなどの企業になります。」
この会話では、仕事で大事な取引先の人と取引をしているという意味で「主要」が正しく使われています。

主要の使い方【例文その②】

クラブ活動でのミーティングを行う場面での会話です。
「今日は今後の方針について皆で話し合いたいと思うので集まってください。」
「今日は来られないメンバーが何人か居ます。また別の日にしませんか?」
「なるべく早く決めたいことがあるので今日話し合えればと思います。リーダーと副リーダーを含む主要メンバーでまずは話し合いを始めましょう。」
「わかりました。」
この会話では、グループの中心人物でまずは集まるという意味で正しく「主要」が使われています。

主要は英語でなんて言うの?

「主要」は英語では、「primary」「cardinal」「dominant」「major」「magistral」「paramount」「principal」「premier」などがあります。主要メンバーで話し合いましょう、という文章を英語にすると「Let’s discuss the main members」となります。主要の連絡事項をお知らせします、という文章は「Let you know the main contact matters」になります。

主要は中国語でなんて言うの?

「主要」は中国語にすると「主(Zhǔ)」となります。日本語の「主」と同じですね。「主要メンバーで話し合いましょう」という文章を中国語にした場合、「与主要成员讨论(Yǔ zhǔyào chéngyuán tǎolùn)」となります。「主要の連絡事項をお知らせします」という文章を中国語にするのであれば、「我们会通知您主要通知(Wǒmen huì tōngzhī nín zhǔyào tōngzhī)」となります。

主要の類義語や関連語は?

「主要」の類義語や関連語は、大切なことという意味では「重大」があります。基本的なという意味であれば、「本質的」「肝要」「基本的」「根本的」「不可欠」「必須」「必要」「肝心」などといった言葉があります。大きな意義や大きな価値があるという意味では、「大切」「大事」なども同様に関連語になります。また、不可欠な事柄という意味では「中心的」「枢要」などといった言葉も、同様に類義語や関連語に数えられるでしょう。

主要の対義語は?

「主要」の対義語は「補助」になります。「補助」の意味は、足りていないものを補うために何かの力を借りること、何か別の手段を選ぶことなどです。物事の中心的存在や中心的な役割を持つものではなく、どこか欠けているものという意味になります。また、もっとも大事なものではないという意味では「準主要」という言葉が使われることもあります。「主要」が使われているので大事なことには変わりないですが、準がつくことで1番大切ではないということです。

主要を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「主要」を使った慣用句やことわざなどはないのですが、「主」と「要」のそれぞれを使った熟語であればいくつかあるのでご紹介します。「主」の熟語は、二字熟語であれば「株主」「貸主」などがあり三字熟語であれば「救世主」「丸坊主」「君主制」などがあります。四字熟語では、「愛他主義」「愛国主義」「一極主義」などがあります。「要」は二字熟語は、「肝要」「概要」などがあり三字熟語は「不必要」「主要点」「重要視」など、四字熟語では「概算要求」「構成要件」「指導要録」などがあります。

主要にまつわるサイト

「主要」の言葉にまつわるサイトを2つご紹介します。
https://hinative.com/ja/dictionaries/%E4%B8%BB%E8%A6%81
「主要」を使った例文が多く、英語での回答などの例文もありとても参考になるサイトです。

https://kanji.quus.net/jyukugo864/
「主」や「要」を含む熟語が多くありわかりやすく紹介されているサイトです。慣用句や名詞についても詳しく解説されています。

主要の意味や使い方についてのまとめ

「主要」の正しい使い方は、物事の中心である大事なことやもの、または人を対象にした時に使うことです。何か緊急の話し合いの時に使われたり、ビジネスシーンで使われることが多い言葉。身近な言葉ですが、使い方を間違えてしまうと本来の意味が伝わらなかったり誤解を与えてしまうことになりかねないので気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください