今日すぐ使える即日発行カード特集🚗💨

Uペイ(UPay)を導入するには?Uペイ(UPay)導入の手数料やメリットを徹底解説!


Uペイ(UPay)は株式会社USENが運営するキャッシュレス決済サービスです。

昨今、クレジットカードやコード決済などのキャッシュレス決済が急激に普及している中で、USENが運営するUペイ(UPay)は今後、普及が加速することが予想されます。

そこで、Uペイ(UPay)を導入する方法と決済手数料や導入コストについてわかりやすく解説していきます。

Uペイ(UPay)とはどんなサービス?

Uペイ(UPay)の基本情報

Uペイ(UPay)は、株式会社USENが運営するキャッシュレス決済サービスです。

Uペイ(UPay)は、スマホやタブレットに専用アプリをインストールし、専用端末と連携させることで、キャッシュレス決済の効率化を図ります。

また、最近何かと話題のPayPayやd払いなどのQRコード決済サービスにも対応済みです。

まだまだ一般知名度は低いUペイ(UPay)ですが、今後はUペイ(UPay)を導入する企業が増えることが予想されますね。

Uペイ(UPay)を導入するとクレジットカードで決済できる?

Uペイ(UPay)を導入すると、クレジットカード決済が可能になります。

Uペイ(UPay)では、世界的なクレジットカードのブランドはほぼUペイ(UPay)で網羅できます。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • ディスカバー

Uペイ(UPay)を導入すると電子マネー決済が利用できる?できない?

Uペイ(UPay)を導入すれば、SuicaやPasmoなどの電子マネー決済も利用できます。

  • Suica
  • Kitaca
  • Pasmo
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

Uペイ(UPay)を導入するとQRコード決済が利用できる?できない?

Uペイ(UPay)は、QRコード決済サービスにも対応しています。

PayPayやd払いなどのQRコード決済サービスは頻繁にユーザーがお得になるキャンペーンを実施していますので、QRコード決済に対応しているのはUペイ(UPay)のメリットと言えます。

Uペイ(UPay)の導入キャンペーン

Uペイ(UPay)では、現在、導入キャンペーンは実施していません。

ただし、Uペイ(UPay)は、専用端末やプリンターが0円でレンタルできますので、導入費用はかかりません。

合わせて、Uペイ(UPay)の申込み時にキャッシュレス・消費者還元事業に登録すると、決済手数料も2019年10月〜2020年6月末まで決済手数料が実質2.16%となります。

Uペイ(UPay)の導入を検討している事業者の方には、かなりお得なキャンペーンですので期間中の申込をオススメします。

ただし、この事業への登録には対象制限がありますので注意が必要です。

小売業資本金(または出資総額)5000万円以下
従業員 50人以下
旅館業資本金(または出資総額)5000万円以下
従業員 500人以下
卸売業資本金(または出資総額)1億円以下
従業員 100人以下
ソフトウェア・情報処理資本金(または出資総額)3億円以下
従業員 300人以下
その他のサービス業資本金(または出資総額)5000万円以下
従業員 100人以下
その他の業種資本金(または出資総額)3億円以下
従業員 300人以下

Uペイ(UPay)を導入するとお得?

Uペイ(UPay)を導入すると様々なメリットを受けることができます。

導入費用はかかる?

Uペイ(UPay)は、導入費用0円で導入可能です。

ただし、決済手数料は3.24%〜3.74%かかります。

決済手数料を加味しても、導入にかかるコストは限りなく低く抑えられますので、試験的にキャッシュレス決済サービス導入してみたい方にはおすすめですね。

会計スピードが早くなる

Uペイ(UPay)を導入すると、ユーザーが提示したクレジットカードを専用カードリーダーで読み込むだけで決済が完了します。

ですので、会計レジの前に列ができたり、レジ作業に時間がかかっているお店にはメリットになります。

Uペイ(UPay)を導入するには?

Uペイ(UPay)は、公式サイトからの申込みで利用できるようになります。

オンラインで手軽に申し込めますので、導入を検討している方はまずは申し込んでみるのがいいかもしれません。

Uペイ(UPay)を導入したらレシートは発行できる?

Uペイ(UPay)を導入すると、気になるのはレシートですね。

Uペイ(UPay)では、加盟店申込み時にプリンターをレンタルすることができますので、ユーザーから紙のレシートが欲しいと言われることが多い場合は、レシートを発行することができます。

Airペイ(エアペイ)は導入できる?できない?

Airペイ Airペイ(エアペイ)はリクルートグループが運営する決済サービスで、クレジットカード 電子マネー・QRコード決済・ポイントなど多少な決済サービスをまとめて導入できるメリットがります。 今ならiPadとカードリーダーが無料になるキャッシュレス0円キャンペーンを実施しておりますので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日メガバンク:月6回、その他の金融機関:月3回入金タイミングメガバンク:月6回払い、その他の金融機関:月3回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、d払い、PayPay、LINE Pay、AliPay、WeChart Pay、交通系電子マネー
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER、Apple Pay、iD、QUICPay
対象外の決済ブランドGoogle Pay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。

Square(スクエア)は導入できる?できない?

Uペイ(UPay)の競合にあたるSquare(スクエア)も導入キャンペーンを利用すれば、簡単に導入することができます。

Square(スクエア)

Square(スクエア)はアメリカのSquare(スクエア)社が開発したサービスで、日本では三井住友カードが全面バックアップしている決済サービスです。

Twitterの創業者ジャック・ドーシーが開発したサービスですので、知名度と話題性はかなり高いと言えます。

クレジットカードの主要国際ブランドの決済が可能ですので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。

初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.25%〜3.95%入金手数料無料
締め日三井住友、みずほ銀行:毎日
それ以外の金融機関:毎週水曜日
入金タイミング三井住友、みずほ銀行:翌日
それ以外の金融機関:週1回
加盟店手数料3.25%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、ダイナース、DISCOVER
加盟店手数料3.95%の対応ブランドJCB
対象外の決済ブランドSuica、Apple Pay、Google Pay、iD、QUICPay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。
参考Square(スクエア)使用時の手数料は?!Square(スクエア)導入店舗の手数料について詳しく解説

PayPayは導入できる?できない?

Square(スクエア)同様、Uペイ(UPay)の競合といわれるPayPayも初期費用と月額固定費は0円です。

さらに、決済手数料も2021年9月30日まで無料なので導入コストはかかりません。

参考PayPay使用時の入金手数料は基本無料!手数料について解説

Uペイ(UPay)導入のまとめ

日本政府では2019年10月の消費税増税時に、キャッシュレス決済に最大5%分を還元する優遇策を検討しており、Uペイ(UPay)をはじめとするキャッシュレス決済サービスがその主役になることが期待されています。

まだまだ利用店舗が限られているUペイ(UPay)ですが、今後は利用できる幅が広がっていくことが予想されますので、導入を検討されている方は今が絶好の導入タイミングになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください