💡三菱UFJカード最大11,000円分還元💡

有効期限とは?の意味と使い方を解説

有効期限
ここでは、ひとつの言葉を深く掘り下げて解説したいと思います。今回ご紹介する言葉は、「有効期限」です。よく使われている言葉なので、実際に普段の会話で使うことが多いと思います。そこで、「有効期限」の基本的な意味から使い方、正しい読み方、類義語や対義語、慣用句、ことわざなどについて詳しくご紹介したいと思います。

有効期限の読み方

「有効期限」の読み方は、「ゆうこうきげん」となります。この他に別の読み方はありません。しかし、それぞれの漢字を別々にした時に色々な読み方が出来るようになります。「有」は「ゆう」と読むことが出来ますが「あ(る)」や「う」と読むことも出来ます。「効」は「こう」の他にも「き(く)」という読み方があり「期」は「き」の他に「ご」という読み方もあります。また、「限」に関しては「げん」のほかに「かぎ(る)」という読み方もあります。

有効期限の意味について

「有効期限」の意味は、「もともと使える時間や期間があるサービスなどでそのサービスを利用することが出来る期限」ということです。必ずしもサービスだけではなく、商品に使われる場合もあります。使える期間ということなので、当然その期間が過ぎてしまえば無効となってしまいその期限以降は使うことが出来なくなるという意味もあります。限られた期間の間に利用することで、問題なく使うことが出来るという意味になるということです。

有効期限の正しい使い方

「有効期限」の正しい使い方は、利用できる期限という意味で物やサービスを使うことです。例えばですが、「クレジットカードの有効期限が切れそうだ。」という使い方は正しいです。クレジットカードが使える期限は限られているので、そろそろ更新して新しくしようということです。「パスポートの有効期限はまだ十分にある。」という使い方も正しい使い方になります。パスポートにも期限がありますが、まだ使える期間が残っているということです。

有効期限の間違った使い方

「有効期限」の間違った使い方は、有効じゃない期限になっていたりすでに期限が過ぎて終わっていることなどに使う場合です。例えば、「20年前のクレジットカードの有効期限を確認してみる」という使い方は正しいとは言えないでしょう。有効期限は限られた期間なので、何十年も利用できることは少ないです。「30年前のパスポートの有効期限がまだある」という使い方も間違いです。パスポートの有効期限は最大で10年までなので間違った使い方となります。

有効期限を使った例文

それでは、「有効期限」という言葉を使っていくつか例文をご紹介します。「有効期限」は、普段の日常会話では何か物やサービスに対して使われることが多いです。例えば、何か買い物をした時やお店を利用した時などです。そこでここでは、「有効期限」の言葉がよく使われる場面の例文について詳しくご紹介したいと思います。

有効期限の使い方【例文その①】

一つ目の例文は、スーパーでの店員との会話になります。
「本日、5000円以上お買い上げの方にはサービス券をお配りしていますので1枚どうぞ。」
「何かもらえるんですか?」
「はい、お菓子の詰め合わせセットがもらえます。サービス券には有効期限があるのでお早めにどうぞ。」
「そうなんですね、わかりました。ありがとうございます。」
この会話では、サービス券には有効期限がありますがお菓子の詰め合わせセットと交換できるということで正しく「有効期限」が使われています。

有効期限の使い方【例文その②】

二つ目の例文は、お店での支払いの場面です。
「こちらのクレジットカードはお支払いに使えないようです。」
「そうなんですか?なぜですか?」
「どうやらカードの有効期限が切れているようです。新しいカードが届いてませんか?」
「そうなんですね、家に戻ってから探してみます。ここでは現金でお支払いします。」
この会話では、クレジットカードの有効期限が切れている為決済できないということで「有効期限」が正しく使われています。

有効期限は英語でなんて言うの?

「有効期限」は英語で「expiration date」です。「商品と交換できるサービス券がありますが3か月の有効期限があるので3か月以内にお店に行きましょう。」を英語にすると「There is a service ticket that can be exchanged with the product, but let’s go to the store within 3 months because there is a validity period of 3 months.」です。

有効期限は中国語でなんて言うの?

「有効期限」は中国語で「到期日(Dào qí rì)」です。「商品と交換できるサービス券がありますが3か月の有効期限があるので3か月以内にお店に行きましょう。」は「有一张服务票可以与产品交换,但由于有效期为3个月,我们将在3个月内到店。(Yǒuyī zhāng fúwù piào kěyǐ yǔ chǎnpǐn jiāohuàn, dàn yóuyú yǒuxiàoqí wèi 3 gè yuè, wǒmen jiàng zài 3 gè yuè nèi dào diàn.)」です。

有効期限の類義語や関連語は?

「有効期限」の類義語や関連語は特にありませんが、近い言葉を挙げるとすると「有効期間」があります。「有効期限」は商品やサービスが利用できる限られた期間のことを言いますが、「有効期間」の場合は特に期限が限られているわけではありませんが商品やサービスが利用できる期間があるということです。また、「利用期限」や「利用期間」などもある商品やサービスが利用できる一つの期間ということで似た言葉として数えられます。

有効期限の対義語は?

「有効期限」の対義語は、あるサービスや商品が利用できる期間が過ぎるという意味では「期限切れ」がふさわしいと言えます。「期限切れ」は決められた期限が切れてしまうことなので、有効期限ではなくなるということになるからです。また、「無効」という言葉も似た意味になるでしょう。「有効期限」は限られている期間のことなので、特に限りがないという意味では「無期限」も「有効期限」の対義語に値する言葉の一つと言えるでしょう。

有効期限を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「有効期限」の熟語や慣用句、ことわざなどは特にありません。しかし「有効」と「期限」を別々にした場合は、それぞれの慣用句がいくつかあります。「有効」の慣用句は、「有効口径」や「有効画素数」「有効求人倍率」「有効求職者数」「有効成分」「有効落差」「有効射程」「有効桁数」「有効得票率」などといった沢山の慣用句があります。「期限」の場合は、「期限付」「期限付移籍」などといった慣用句があるので合わせて覚えておきましょう。

有効期限にまつわるサイト

「有効期限」にまつわるサイトについて2つご紹介したいと思います。
https://eow.alc.co.jp/search?q=%E6%9C%89%E5%8A%B9%E6%9C%9F%E9%99%90
こちらのサイトは、「有効期限」を英語にした場合の訳や例文が豊富で参考になります。

https://support.vandle.jp/hc/ja/articles/227352288-%E6%9C%89%E5%8A%B9%E6%9C%9F%E9%99%90%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%AB-
こちらのサイトでは、クレジットカードの有効期限について解説されています。

有効期限の意味や使い方についてのまとめ

「有効期限」とは、特定のサービスが使えたり商品が使える一定の限られた期間のことです。期限が過ぎてしまっている場合は、「有効期限」とは言えないので気を付けましょう。よく使われる言葉ですが、ここで改めて正しい意味や使い方を再確認しましょう。合わせて、英語や中国語などでの使い方も一緒に確認しておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください