【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

同伴者とは?同伴者の意味と使い方を解説

同伴者
ここでは言葉の意味や使い方などを詳しく解説していきます。今回取り上げるものは「同伴者」という言葉です。同伴者と聞くとどのようなイメージがあるでしょうか?「親子同伴」や「キャバクラの同伴」などが思いつくかもしれません。しかし、実際のところ同伴者の正しい使い方などはよく分からない、という方がいるかと思います。そんな方のために「同伴者」という言葉の正しい使い方などを解説していきます。

同伴者の読み方

「同伴者」は「どうはんしゃ」と読みます。他の読み方はしなくその読み方のみになります。読み方自体はそれほど難しい言葉ではないと思います。同伴者の「同」という字は「おなじ」というように読むことが出来て「同じ穴の狢(むじな)の「同じ」という字になります。「伴」は「ばん」や「とも」「ともな(う)」と読むことが出来て「劇伴」(げきばん)や「友人を伴(ともな)う」などと使います。「者」は「もの」などと読むことも出来て「お尋ね者」(おたずねもの)などの言葉に使われます。

同伴者の意味について

「同伴者」の意味は「同伴する人。連れ」「ある思想運動に共鳴して、積極的に参加はしないが、協力をする人。同調者」という意味になります。意味合いとしては2つに分ける事ができるのが分かると思います。「単なる連れ」か「政治的な協力者」の2つです。前者はおおよその人が思い描いている、同伴者という言葉の意味にマッチしているかと思います。後者の方の意味は初めて知った人も中に入るかと思います。「同伴者作家」という言葉があり1920年代の旧ソ連の革命の時代に多くの同伴者作家などがいました。

同伴者の正しい使い方

「同伴者」の正しい使い方を解説していきます。先ほどの言葉の意味は「同伴する人。連れ」や「同調者」などがありました。これらの意味に含まれる人ならば同伴者になり、それを表す文ならば正しい使い方になります。例えば「旅行に行く計画を立てたが同伴者が欲しい」や「私と同じ考えの同伴者がいれば心強い」などの使い方は正しい使い方になります。政治的な思想の類の意味合いが強いものでは「デモクラシー運動の同伴者の数は未知数だ」などの使い方は正しい使い方になります。

同伴者の間違った使い方

では「同伴者」の間違った使い方は、どのようなものがあるのでしょうか?先ほどの正しい使い方の逆の意味や全く該当しない使い方になると、間違った使い方になるのかも知れません。例えば「旅行に行けなくなったので、同伴者一人だけが行く事になった」という様な言い方は少し間違えているかもしれません。一人で旅行に行く事になった時点で同伴者はだれもいません。よってその人を同伴者と指し示すのは少し違和感があり、間違った使い方になります。

同伴者を使った例文

ここでは「同伴者」という言葉を使った例文を会話形式で紹介していきます。「同伴者」という言葉はあまり日常の会話の中では出てこないワードだと思います。よく出てくるシーンとしては何かのサービスを受ける時や親子の同伴が求められる時には「同伴者」という言葉が出てくるかもしれません。では実際どの様な時に出てくるのか見てみましょう。

同伴者の使い方【例文その①】

何かのサービスの説明を知りたがっている人の会話です

「もしもし、そちらのサービスを受けたいのですが」
「ありがとうございます、今回は初めてのご利用ですか?」
「はい、はじめてなので詳しく聞きたいと思って電話しました」
「ありがとうございます、早速ですが私共のサービスはお一人では受けられず誰か同伴者が必要となります」
「同伴者ですか?」
「はい、ご家族の方でもご親友の方でも誰でも構いません」

様々なサービスの中には誰かと同伴でないと受けられないサービスもあります。

同伴者の使い方【例文その②】

遊園地のお化け屋敷についての会話です。

「ここのお化け屋敷は日本一の広さらしいよ」
「え?どんだけの広さなの?」
「うーんスタッフの人によると12歳以下は一人では入れなくて18歳以上の同伴者が必要らしい」
「同伴者が必要なお化け屋敷なんて聞いたことないぞ」
「広すぎて迷ってしまうんだそうだ」
「そんなに広いのかよ」
「ああ、東京ドームぐらいだそうだ」
「え!?それは広すぎるよ」

何かの危険なアトラクションや乗り物などだと親や18歳以上の同伴者が必要な場面が多くあります。

同伴者は英語でなんて言うの?

英語で同伴者のことは「companion」(コンパニオン)や「partner」(パートナー)といった表現になります。その他にも「with~」「go with~」といった言い回しでも意味合いは同伴者と同じになります。日本語でもコンパニオンやパートナーといった言葉はポピュラーです。ただ日本語と英語のそれらの言葉の使い方は少し違ってきて、日本ではコンパニオンを職業の一種となっていて「コンパニオンガール」とも呼びます。アメリカなどではそれを「poster girl」(ポスターガール)などと呼んでいます。

同伴者は中国語でなんて言うの?

中国語で同伴者の事は「同伴」(トン バン)「伙伴」(コア バン)「伴侣」(バン ルウ)などと言います。中国では仲間や友達の事を「伙伴」(フオ パン)と呼び「火」という文字が仲間という意味で含まれているのでそのような言葉になっています。広東語になると「朋友」(ポン ヤオ)となり、人によっては一度は聞いたことがあるかもしれません。中国では同伴者に限らず仲間や友達にかかわる言葉が非常に多く、仲間意識の高さからその言葉の数が多いのかも知れません。

同伴者の類義語や関連語は?

「同伴者」の類義語や関連語には「同行者」「付添人」「随伴者」「連れ」などがあります。どの言葉も共に何処かに行く人の事を指していますが、微妙に意味合いは違います。同伴者は家族や身内を照れて行く時に用いられますが、「同行者」では仕事上の上司や部下を引き連れていく時に用いられます。「付添人」は人に付き添って世話をする人を言います。「随伴者」などはどちらかというと、共にする人に従いながら行く人の事を言います。

同伴者の対義語は?

「同伴者」の対義語は恐らくないと思われます。「同伴」や「同行」の対義語ならばいくつかあり「独行」「単行」「単独」「独歩」という言葉が対義語になります。「同行者」は人になるのでその反対の意味の人はいません。あえて言うならば「見届け人」「送り出し人」などが当たるのかも知れません。「独立独歩」や「独立独行」など四字熟語がありますが、この言葉の意味は「他人の力を頼らずに進んでいく」といった意味になります。どちらかというと「付添」の反対の意味になります。

同伴者を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

同伴者を使った四字熟語はありませんが「同伴」だけならいくつかあります。「同伴出勤」「同伴勤務」「同伴就労」「同伴規則」「親子同伴」などがあります。同伴勤務や同伴就労などは子供を職場などに同伴して働くことを言います。同伴にまつわることわざでは「旅は道連れ世は情け」という有名なことわざがあります。意味としては、旅をする時は道連れがいる方が心強く、世の中を渡っていくには人情を持って仲良くやっていく事が大切であるという意味です。

同伴者にまつわるサイト

ここでは「同伴者」にまつわるサイトを2つ紹介します。

【キャバ嬢の私服】2018年版はココ!同伴にぴったりな服装のオススメ通販ショップ9選

【キャバ嬢の私服】2019年版はココ!同伴にぴったりな服装のオススメ通販ショップ9選

こちらのサイトはキャバ嬢の私服など同伴にぴったりな服装を紹介しているサイトです。キャバクラなどだと同伴は俗語として使われていて、その時に着るファッションを参考にする事ができます。

すべてペットと一緒でOK!関東のとっておきスポット&レジャー17選

すべてペットと一緒でOK!関東のとっておきスポット&レジャー17選

こちらのサイトはペット同伴のレジャー施設や旅館などを紹介しているサイトです。今はペットと同伴して旅行や遊びに行く飼い主が多く、紹介されているような施設などがたくさんあります。ペットを飼っている人なら一度は参考にしても良いかも知れません

同伴者の意味や使い方についてのまとめ

「同伴者」について紹介してきましたがいかがだったでしょうか?同伴者とは同伴する人や連れの事を言い、政治的な活動の協力者なども含まれます。同伴にまつわる類義語には様々な言葉がありますが、言葉の意味合いは少し違ってきます。日常ではあまり出てこない言葉ですが、いざという時のためにも類義語の違いなどは覚えておいた方がいいかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください