クレジットカードは未成年でも作れる?18歳や19歳におすすめのクレジットカードまとめ

カテゴリー:クレジットカード, 未成年のクレジットカード 

高校を卒業してから大人が常に持ち歩いているクレジットカードに憧れを持つ未成年の方は多いのではないでしょうか。では、いつになったら大人のシンボルである、クレジットカードを持つことができるのでしょうか。

まだ未成年だけどクレジットカードを持ちたい、そんなあなたのために未成年の申し込みの可否から、クレジットカードを持つメリットにかけて詳しく見ていきましょう。

なお急いで作りたい未成年の方は、未成年でも即日発行できるクレジットカードでまとめていますのでご覧ください。

[未成年ランキング上部]

クレジットカードは未成年でも作れる?

未成年の方でも、スムーズに買い物ができるクレジットカードを持ちたいと思っている方も多いかと思います。嬉しいことに、最近では未成年でも作ることができるクレジットカードが各カード会社から多数発行されています。これから未成年でも作れるクレジットカードの申し込み方法や使い方について詳しく解説していきます。

未成年でも作れるクレジットカードの見分け方

未成年でも作れるクレジットカードを見分けるには、各クレジットカードの公式サイトを確認しましょう。カードの基本情報の中の「申し込み資格」や「入会資格」の項目をチェックしましょう。カードを申し込める年齢、学生でも申し込めるかなどの条件が記載されているので、そこで未成年でも作れるカードであるかを見分けることができます。

クレジットカードは無職の未成年でも作れる?

未成年で学生でもなく無職の場合でも、クレジットカードを作ることはできます。未成年の場合はカードの入会審査の際、本人よりも親(親権者)の収入や返済能力などを重要視します。親(親権者)の信用度に問題がなく、未成年の子どものカード申し込みに同意するのであれば、無職の未成年であっても大方審査には通るはずです。

クレジットカードは未成年の学生でも作れる?

未成年の学生でも申し込めるクレジットカードはたくさんあります。収入があるとしてもアルバイト代の月数万円程度になるかと思いますが、学生の場合は審査の際、本人の収入面よりも親の収入や信頼情報の方が重視されます。また、各カード会社にとって新たな優良顧客となりうる学生や新社会人は、ぜひとも入会して欲しい層なので、審査基準はかなり緩和されます。本人と連絡が取れ、親権者の同意がある場合は大方審査に通るはずです。

クレジットカードは未成年でも高校生は作れない

クレジットカードの中には未成年でも作れるものがありますが、高校生の場合は、基本的には作ることができません。ただし、「デビットカード」なら高校生でも作ることができます。デビットカードはクレジットカードと異なり、キャッシングや分割払いなどの機能はありませんが、どちらも同じ様にレジでカードを出せば、キャッシュレスに買い物ができるので便利です。さらに、デビットカードは使ったその場で口座から引き落とされ、全ての利用項目と金額が通帳に記載されるので、使い過ぎの心配もなく、金銭管理の面でも安心です。また、デビットカードはクレジットカードのようにカード会社を介さないので、審査もなく、銀行口座を持っている方であれば誰でも作ることができます。まだクレジットカードを持つのが不安という方は、まずはデビットカードから試してみるのをおすすめします。

クレジットカードを未成年が作るメリット

未成年でクレジットカードを作ることには様々なメリットがあります。まず第一に、金銭感覚も養われ、計画的に買い物をする力も身につくでしょう。また、若いうちからクレジットカードを持ち、正しい使い方をしていれば、社会的な信用度が高くなるので、将来ローンを組んだり借入をする際の審査で有利になるというメリットもあります。

未成年でもクレジットカードさえあればお金が少額しか持たなくても大丈夫

クレジットカードの魅力は、何と言っても現金を出す必要がないという点です。端数を気にして小銭を探したり、「今日財布にいくら残っていたっけ?」と財布の中身を気にしなくてもいいのはとても便利ですよね。最近ではほとんどのお店でクレジットカードの支払いに対応しているので、財布にクレジットカードが1枚あれば、大抵の買い物は済ませられるはずです。

クレジットカードは未成年でも充実した特典を受けられる

各クレジットカードにはカード会員のための優待特典が用意されています。カード会員であればもちろん未成年でもその特典を受けることができます。20歳以上限定の特典は、あるとしてもわずかです。

未成年でもクレジットカードを持っていると信用度アップ!

クレジットカードを作るためには審査に通る必要があるので、持っているということは社会的な信用度につながります。クレジットカードの利用履歴のことを「クレジットヒストリー」と呼びます。クレジットヒストリーは、国内に複数ある信用情報機関に登録され、優良なクレジットヒストリーを積み上げていれば、将来別のクレジットカードを申し込む時や、住宅や車のローンを組む時などに有利に働きます。逆に、支払いの遅延があったり何社にも多額のキャッシング(借入)をしているなどクレジットヒストリーが悪いと、社会的な信用度が低くなり、カードやローン審査に通りづらくなりますので、くれぐれもカードの使い方には注意しましょう。

未成年でもクレジットカードはザクザクとポイントが貯まる

クレジットカードには、各会社ごとにポイントプログラムが用意されています。カードでショッピングをするごとにポイントが貯まり、一定数ポイントを貯めると景品や商品券と交換できたり、Tポイントやマイルなどの他社ポイントと交換したりすることができます。未成年の方でももちろんこのポイントプログラムを利用することができるので、賢くカードを使えばかなりお得にポイントを貯めることができます。クレジットカードを選ぶ際は、ポイントシステムや加盟店にも注目してみると良いでしょう。

特定の系列のクレジットカードを系列店で利用すると、未成年でもその系列店の商品が割引される

例えば、三井住友VISAデビュープラスカードでは、「ココイコ!」では、対象店舗にエントリーしてカードで買い物をすると、ポイントがアップしたり、キャッシュバックを受けることができます。また、エポスカードを利用すると、マルイで優待がされます。
そのほか、セゾンカードインターナショナルでは西友やリヴィンでの優待もあります。

未成年でも公共料金がクレジットカード払いで楽ちん

一人暮らしをしている方なら実感が湧くかと思いますが、毎月発生する電気代やガス代、水道代といった光熱費、携帯代などの公共料金の支払いは煩わしいものです。しかし、これらの支払いもクレジットカードでまとめてしまえば、わざわざ振込みに行く手間も省け、さらにカード利用分としてポイントが貯められるので、通常の口座引き落としよりもお得感がアップします。クレジットカードを賢くお得に使う方法の一つとして、公共料金のカード払いはおすすめです。

できれば小銭を持ち歩きたくない未成年のあなたに!クレジットカードは電子マネーが利用できる

クレジットカードの強みとして、キャッシュレスで買い物を済ませることができるという点があります。クレジットカードの中には、クレジット機能に追加して電子マネーの機能を付帯できるものもあります。未成年で持てるカードの中から例に挙げると、Orico Card THE POINTにはiDとQUICPay、楽天カードには楽天Edy、三井住友VISAデビュープラスカードにはiD、WAON、PiTaPaを付帯させることができます。電子マネーとクレジットカードの機能が1枚にまとまっているので、自分の都合に合わせて支払い方を選ぶことができます。

旅行好きな未成年には嬉しい!クレジットカードには旅行傷害保険が付くことも

クレジットカードの中には、カードを持つだけで自動的に旅行傷害保険が付帯するものがあります。海外旅行などの滞在先で万が一ケガや盗難などの被害にあってしまった場合、損害額や治療費用を負担してもらえる安心な補償サービスです。

例えばエポスカードの場合、海外旅行傷害保険が自動付帯しており、障害死亡・後遺障害の場合最高500万円、障害治療費用で200万円(限度額)、疾病治療費用で270万円(限度額)という様な補償内容が自動付帯しています。
クレジットカードを選ぶ際は、保険内容もチェックしておきましょう。

クレジットカードの中には未成年でも年会費がかからないものもある

クレジットカードには、年会費がかかるものと、年会費無料のものがあります。未成年でも申し込めるカードの中には、年会費無料のものも多くあります。中には、「年間カード利用額◯◯円以上で、次年度の年会費無料」の様に規定の条件をクリアすることによって年会費が無料になるカードもあります。一般的には年会費のかかるカードの方が補償や保険が充実している傾向がありますが、最近では、年会費無料でも旅行傷害保険やショッピング補償が付いているなど補償サービスの充実しているカードが多数発行されているので、未成年でクレジットカードを申し込むのであれば、可能な限り年会費無料のものを選ぶと良いでしょう。

未成年でもクレジットカードで支払いをすれば、家計簿代わりになる!

クレジットカードは使い過ぎてしまいそうで、金銭管理が心配と考える方もいるかもしれません。しかし、クレジットカードは利用履歴がしっかり残るので、家計簿の代わりになるというメリットもあります。クレジットカードを持っている方は、その月の利用分が引き落とし口座の履歴に残るので、どれくらいカードショッピングをしたかが通帳に記帳されます。現金での買い物だと、レシートを貰わなかったりすぐに捨ててしまいがちなので、レシートを保管してこまめに家計簿を付けるというのはなかなか面倒です。一方、クレジットカードで買い物をすれば、通帳の履歴が家計簿の代わりとなるので、家計管理が楽になるというメリットがあります。

未成年でも盗難補償がついたクレジットカードを利用できる!

未成年でも、セキュリティ面で優れたカードを利用できます。

中でも、三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめです。

クレジットカード払いで未成年でも通販で手数料がかからない

未成年の方でも、Amazonや楽天などの通販サイトで買い物をしたことがある方が多いかと思います。通販サイトでの買い物の際、銀行振込、コンビニ払い、ATM払い、代金引換、クレジットカード払い、後払いなど様々な支払い方法を選ぶことができます。コンビニ払いやATM払いですと、わざわざ店舗やATMまで行って振込をするという手間がありますし、銀行振込や代金引換ですと、一回の支払いにつき数百円の手数料が発生してしまいます。しかし、クレジットカードでの支払いであれば、手数料が無料な上に、申し込み時にカード情報を入力すればその場で支払い手続きが完了するので、スムーズに買い物ができて便利です。

クレジットカードを未成年が作るデメリット

クレジットカードを未成年が作るデメリットを解説します。

未成年はクレジットカードを使い過ぎてしまうことも…

未成年は、お金を稼いだ経験がなかったり、生活費も親が負担してくれたりと、どうしても経済的に親に依存する立場にあります。

ベイトをするにしても、生計をすべて立てている未成年は、少数派でしょう。そのため、そうしても、「お金を稼いで飯を食う」苦労が理解できずに、後払いのクレジットカードを使いすぎてしまうこともあります。

お金のない学生にとって、支払いを遅らせられるクレジットカードは強い味方かも知れません。

しかし、いずれは支払うこと、基本的に生活は親に助けられていることをしっかり意識して、使いすぎないように心がけたいものです。

補償をあてにしない!未成年でも不正に利用されることも…

クレジットカードの多くには、万が一カードの紛失や盗難にあい不正利用されてしまった場合でも被害額を補償してもらえる補償サービスが付帯しています。ただし、未成年でも不正利用の被害にあう可能性はありますので、補償があるからと安心せず、個人情報やカードの管理には細心の注意を払いましょう。

未成年も知っておこう!クレジットカードのランク

同じ会社から発行されているクレジットカードでも、それぞれランクが用意されています。低いランクから一般、シルバー、ゴールド、プラチナ、ブラックとなります。ランクが高まるごとに審査は厳しくなり、年会費も高額になりますが、その分補償サービスや保険内容も充実していきます。ランクが高いカードを持っているということは、社会的な信用度の高さに繋がるので、

ほとんどの未成年が持てる一般カード

上記で紹介したランクの中でも、一般ランクのクレジットカードであれば未成年でも申し込めるものが多数発行されています。最近では一般ランクでも旅行保険が自動付帯していたり、ポイントプログラムが充実しているカードが多いので、未成年の方が日常生活で使う分には申し分のないサービスが用意されているでしょう。

未成年で持つことはほぼ不可能なプラチナカードやブラックカード

プラチナカードやブラックカードの場合、収入や職業など審査基準はかなり高く設定されており、未成年で持つことはほぼ不可能です。

未成年がプラチナカードを作れるのか、については、以下の記事で詳しくチェックできます。

JCBプラチナは未成年の18歳・19歳でも作れる?未成年のクレジットカード申込について

三井住友プラチナカードは未成年の18歳・19歳でも作れる?未成年のクレジットカード申込について

JALプラチナカードは未成年の18歳・19歳でも作れる?未成年のクレジットカード申込について

未成年も知っておこう!クレジットカードにつけられる7つの国際ブランド

実際にクレジットカードを目にしたことのある方なら、「VISA」や「JCB」といったロゴマーク目にしたことがあるかと思います。日本で発行されているクレジットカードのほとんどには国際ブランドがついています。主要国際ブランドとしては、VISA、JCB、Mastercard、American Express、Diners Club、Discover、UnionPay(銀聯)などが挙げられます。国際ブランドのついているクレジットは、世界中の加盟店で利用することができるので、海外旅行でもカードさえ持っていれば便利にショッピングが楽しめます。

未成年におすすめの国際ブランドはVISA

国際ブランドについてご紹介しましたが、未成年の方に特におすすめしたいブランドはVISAブランドです。

VISAは、クレジットカード会員数、加盟店舗数ともに世界で1位を誇っているブランドであり、なんと世界200ヵ国以上、3000万店以上で利用することができます。このVISAブランドのカードの中で代表的なものとして、三井住友VISAカードがあります。

中でも、三井住友VISAデビュープラスカードは学生向けの特典満載の、大人気のカードです。

より一般的な三井住友VISAカードには、三井住友VISAクラシックカードもあります。

おすすめ、人気の理由が気になる方は、以下の記事もチェック。

三井住友VISAクラシックカードが学生におすすめのポイントを徹底解説

学生にとって三井住友VISAデビュープラスカードは、本当におすすめできないクレジットカードなのだろうか

海外・国内旅行傷害保険やショッピング補償などが充実、電子マネーを搭載できたり、家族カード、ETCカードも無料で追加することができるなど、ステータス性や利便性をばっちり兼ね備えている優秀なカードです。未成年でも満18歳以上から申し込むことができるので、ぜひ検討してみてください。

未成年が本会員になれない国際ブランドはアメックスとダイナース

American Express(以降「アメックス」)とDiners Club(以降「ダイナース」)ブランドのカードについては、未成年では本会員カードを申し込むことができません。もし、どうしてもこの2ブランドのカードを持ちたいという方は、年齢などが申し込み資格に達するまで待つか、下記でご紹介する「家族カード」を申し込むのがおすすめです。

アメックスのクレジットカードを作りたい未成年はセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめ

アメックスのカードには、アメックスから発行されているものと、株式会社クレディセゾンから発行されているものの2種類があります。アメックスカードといえば、審査が厳しく年会費も高額なため、一般的には敷居の高いカードと言われていますが、セゾンから発行されている「セゾンブルー アメリカン・エキスプレス・カード」は、申し込み対象年齢が18歳以上、年会費もアメックス発行のカードと比べると大幅に安くなっており、若者でも持ちやすいカードとなっています。海外・国内旅行傷害保険付帯など、海外利用に向けたサービスの充実はもちろん、セゾンカードのサービスである西友やLIVINでの会員優待や永久不滅ポイントが貯まるなど、普段の生活での使い勝手も良いので、未成年の方でアメックスカードを持ちたいという方にはおすすめの1枚です。

未成年が作れないクレジットカードを作りたい人へ…「家族カード」という方法

申し込みたいカードがあるけど申し込み資格の年齢に達していない、という方でもまだ諦めることはありません。クレジットカードでは、そのカードの契約者の家族が利用することができる「家族カード」というサービスがあります。家族カードは、本カードの契約者がカード審査に通っていれば、ほとんどの場合審査なしで申し込むことができます。家族カードであっても、補償や保険、優待特典などは本カードと同等のサービスが付帯しているので、全く支障なく使うことができます。また、本カードと家族カードの引き落とし口座は原則一つにまとめられるので、使い過を防ぐことができるのも大きなメリットです。

未成年がクレジットカードを作る際に必要なもの

基本的にどのクレジットカードを申し込む場合でも必ず必要となるものは、運転免許証や保険証といった本人確認書類と、カード利用代金の引き落とし口座です。そして未成年者が申し込む場合は、学生であっても就職している場合でも、親権者の同意が必ず必要になります。申し込み方法によっては親権者の同意書が必要だったり、確認の電話連絡がかかってくるので、同意なしで申し込みをしたり、嘘の申告をするのは絶対にやめましょう。

クレジットカードを未成年が作る際の注意点

未成年の方がクレジットカードを申し込む際に必ず必要となるのが「親権者の同意」です。

未成年がクレジットカードに申し込むには親権者の同意が必要

未成年でも申し込み資格のあるクレジットカードでも、審査をする際は親権者の同意が必ず必要になります。

親権者確認は電話で行われる

親権者の同意確認の際は、申込書に記入した親権者の連絡先に、カード会社から確認の電話がかかってきます。仕事中に電話がかかってきて電話を取れなかった場合も、留守電に履歴が残っていたら必ず折り返しの電話をしてもらいましょう。

親権者確認は電話内容は?

親権者に同意の電話がかかってきた場合は、大体が「未成年である子どもがクレジットカードの申し込みをしているが、所有を同意しますか?」というような簡単な確認になります。この確認が取れないとカード発行が出来ないので、事前にしっかりと「クレジットカード会社から確認電話がかかってくる」という旨を伝えておきましょう。

アルバイトや就職している未成年の場合も親権者の同意が必要

未成年の方の中には、アルバイトや就職でをしていて一定の収入があるという方がいるかもしれません。しかし、収入の有無にかかわらず、未成年がクレジットカードを申し込む際は必ず親権者の同意が必要になります。

未成年はクレジットカードのキャッシングを利用できる?

クレジットカードには、通常のショッピング機能と併せてキャッシング機能もあります。通常、消費者金融などからのキャッシングは20歳以上が原則とされていますが、未成年でも持てるクレジットカードであれば、同様に未成年であってもキャッシングの機能を利用することができます。ただし、安定した収入の見込めない未成年の場合はキャッシング利用額はかなり少なく設定されているので、大きな期待はしない方がいいでしょう。

未成年はクレジットカードの利用限度額が少なめに設定される

未成年でもキャッシングが利用できるクレジットカードもありますが、利用限度額は20歳以上の会員に比べると少なめに設定されます。おおよそ5万円から、多くても10万円程度になるでしょう。キャッシング機能はクレジットカードの大きな魅力とも言えますが、返済義務のある立派な借金なので、どうしても必要な事態にならない限りは利用しない方が良いでしょう。

未成年でもクレジットカードの審査に落ちることも…

未成年に申し込み資格がある場合でも、審査に落ちてしまうことももちろんあります。

未成年がクレジットカードの審査に落ちる主な原因

未成年の方がクレジットカードの審査に落ちてしまう主な原因をいくつかご紹介します。まずは最も重要な親権者の同意が得られなかった場合です。未成年がクレジットカードを申し込みした場合、審査のためにカード会社から親権者へ確認の連絡が入ります。この時、親権者の名前や連絡先を申告していないと審査に通ることはありません。

未成年におすすめのクレジットカード

[未成年ランキング下部]

未成年のためのクレジットカードのあれこれまとめ

これまで未成年のクレジットカードの作り方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。最近では各カード会社から未成年でも申し込めるカードが多数発行されているので、優待特典や補償サービスを比較して使い勝手の良いものを選ぶことができます。クレジットカードは、便利な分使いすぎてしまう心配もありますが、賢く使えば、ポイントなどでかなりお得な特典を得ることができます。また、若いうちにクレジットカードで優良なクレジットヒストリーを積んでおくことは、将来的に社会信用度も高くなるので、これからクレジットカードを作る皆さんも、賢く計画的にカードを利用しましょう。

SNSでシェアしよう!

SHARE

この記事を書いたユーザー

スポンサーリンク

関連する記事

RELATED

皆さんのコメント

COMMENT

本日の注目キャンペーン

PAGE TOP ↑