クレジットカードに審査落ちしたら?原因と改善策を詳しく解説

カテゴリー:クレジットカードの審査 

クレジットカードに審査落ちした。なぜ?改善策は?

この記事では、クレジットカードに審査落ちした人もしくはこれから申し込みに当たって、審査落ちに不安な方を対象に、審査落ちしないための注意点や、審査落ちしにくいおすすめクレジットカードを解説します。また、記事の後半では、審査落ちした方・不安な方向けに、審査落ちしにくいおすすめクレジットカードを紹介。

審査落ちについて詳しくなり、安心して発行しましょう。

なお、審査落ちしにくいカードとしては、以下のようなものがあります。その理由が知りたければ、記事の後半を読んでみてください。

好きなテーマから読む

クレジットカードの多重申し込みは審査落ちの要因に

「クレジットカードに申し込みすれば大量ポイントをもらえる」「クレジットカードによって優待特典が異なるので、何枚も申し込みをした」など、さまざまな理由で複数枚のクレジットカードに申し込みをしても、審査落ちする可能性が高いです。

ほぼ同時に多くのクレジットカードに申し込みをすることを多重申し込みと呼び、クレジットカード会社からは不審に思われてしまいます。

本来であれば審査に通る人でも、多重申し込みをすることで審査落ちしたりしますので、十分に気をつけなければなりません。

クレジットカードの多重申し込みをしても審査落ちしにくいクレジットカードとは?

多重申し込みの場合でも審査落ちしにくいと言われるクレジットカードもあります。たとえば、アコムのクレジットカードでショッピング限度額最高300万円・キャッシング限度額最高500万円の「ACマスターカード」がそうです。

審査落ちしにくいクレジットカード(アコムACマスターカードなど)を選べば、多重申し込みの場合でも審査が通る可能性があります。

クレジットカードの多重申し込みで審査落ちする件数は申込者によって異なる

「多重申し込み」扱いになる基準は、一般的に半年間の間に3件以上クレジットカードを申し込みした場合と言われています。しかし、半年間の間に3件以上申し込みをしても審査落ちしない人もいますし、3件以下でも多重申し込みとして審査落ちする人もいます。

つまり、クレジットカード申込者の信用力によって多重申し込み扱いになるラインが異なるということです。

クレジットカードの申し込みブラックになって審査落ちしてしまったら?

多重申し込みになって審査落ちが続く場合は、一旦申し込みをするのを控えるようにしましょう。なぜなら、信用情報にクレジットカードの申し込み履歴が残る期間が6ヵ月あるためです。6ヵ月間は履歴が残ったままなので、その間は何度申し込みをしても審査落ちしてしまいます。しかし、6ヵ月以上待てば履歴が消えるため審査落ちしない可能性が出てきます。

クレジットカードの申し込みブラックでも審査落ちしにくいカードを選択しよう

上記のように多重申し込みの履歴が残っている状態や、過去に金融事故がありブラックになっている場合は、通常どのクレジットカードでも審査落ちしてしまいます。

しかし、通常のクレジットカードよりも審査に通りやすいカード(アコム ACマスターカードなど)を選べば、審査落ちせずカードを作れる可能性もあります。

クレジットカードの信用情報に問題があると審査落ちの要因に

クレジットカードのリボ払いを使っていると審査落ちの要因に

リボ払いの残債があるとクレジットカードの審査落ちの要因になることがあります。残債があることで「返済能力がないのでは?」と思われてしまうためです。リボ払いの履歴は信用情報にも掲載されますので、どのクレジットカードに申し込みをしても審査落ちの可能性があるため、申し込みをする前にまずは完済させましょう。

過去にクレジットカードの返済遅延があると審査落ちの要因に

過去にクレジットカードなどの返済に遅延がある場合は審査落ちする可能性があります。クレジットカードの支払いに限らず、ローン返済や携帯代、公共料金の支払いなど、返済遅延をした経験があると「ブラック」になっている可能性があるためです。

ブラック扱いになると返済能力がないとみなされ、ローン等に申し込みをしても審査落ちしてしまいます。

信用情報の記録が消えるまでに5年かかりますので、過去5年以内に返済遅延がある場合は、そのことが審査落ちの要因と考えられます。

過去、クレジットカードに限らず自己破産や任意整理をした場合、審査落ちの要因に

過去に自己破産や任意整理をした場合も「ブラック」扱いになり、審査落ちの要因になります。返済遅延の履歴は5年間で消えますが、自己破産や任意整理のキロ校は消えるまでに5〜10年かかりますので、過去10年以内にこれらの経験がある人は注意が必要です。

最近、自己破産や任意整理をした人は、今後10年程度はローン等を組むことはできないことを認識しておきましょう。

クレジットカードをたくさん持っていると審査落ちの要因に

既に多くのクレジットカードを保有していることが、審査落ちの要因になることもあります。クレジットカード会社としてもカード履歴は確認できるため「複数枚持っているのでカードを発行しても使わないのでは?」「別の目的があって申し込みをしているのでは?」と疑ってしまいます。

どうしても、新しいクレジットカードを作りたい場合は、保有しているカードの数枚を解約して、間を空けて申し込みした方がいいです。

クレジットカードに無関係でも、携帯電話機本体の滞納が審査落ちの原因に

スマホなど携帯電話機を分割(割賦)で購入している人は注意が必要です。毎月通信料と一緒に支払うため気づきにくいですが、ローンと同じであり、滞納してしまうとブラックリストに載る可能性があります。

スマホ本体代は月々1,000〜2,000円程度と金額は小さいですが、滞納してブラックリストに載ると5年はローン申し込みなどできなくなるため注意してください。

クレジットカードは、お金に困っていると思われと審査落ちの要因に

消費者金融で多くのお金を借りたり、頻繁に利用していたりすると「お金に困っている」と思われ審査落ちの要因になる可能性があります。

銀行のカードローンであればまだしも、消費者金融でのキャッシングや多額の借入れはイメージが悪いです。

クレジットカードは総量規制に抵触すると審査落ちの要因に

クレジットカードの申し込みにも総量規制が影響します。総量規制とは、クレジットカード会社や消費者金融などの貸金業者から、年収の3分の1を超える借入れはできないという規制のことです。

そのため、既にクレジットカードで年収の3分の1近くの借入れ残高がある場合や、複数枚のクレジットカードを保有している場合はこれ以上与信できない可能性があり、審査落ちの要因になってしまいます。

クレジットカードで審査落ちしないために。スコアリングでチェックされる項目とは?

クレジットカードの審査ではどのような項目がチェックされるのでしょうか。審査落ちしないためにも「どのような項目がチェックされるのか」「どんな状態であれば評価が高いのか」について事前に把握しておきましょう。

クレジットカードは職業と年収が大事

「職業」と「年収」は、クレジットカードの審査に限らず、自動車ローンや住宅ローンなど、他のローンの場合も非常に重要な審査項目です。

職業に関しては、収入の高さや安定性の観点から「正社員>派遣社員やアルバイト・パート」と評価されます。

年収は高い方がスコアリング審査の評価も高くなるのが一般的です。尚、学生など収入がない人については、社会人とは異なる基準で審査がおこなわれ、審査落ちはしにくいです。

クレジットカードの審査では、年収は高ければ良いというわけではない

年収については高い方が評価が高い傾向がありますが、「高ければ良い」というわけではありません。

というのも、「年収が高い=審査に通る」ということではなく、他にもさまざまな属性が考慮されて総合的な判断で審査通過・審査落ちが決まるためです。

そのため、年収が低い人でも「支払い能力があり信用できる」と判断されれば審査に通ります。

クレジットカードの審査では、勤続年数などの勤務先情報は審査落ちの原因?

一般的に、勤続年数が長いほど審査には有利で、勤続年数が短いと低い評価を受けてしまいます。特に、転職や就職したばかりで勤続年数が1年未満の場合は注意が必要です。

クレジットカード会社にもよっては、1年未満ということで特に低い評価を受けてしまい審査落ちの要因になる場合があります。

クレジットカードの審査では、勤務先の企業規模も重要

勤務先が誕生間もない企業で社員も数人〜数十人程度であれば評価は低く、誰もが知っているような有名企業や社員数千人〜数万人規模の企業であれば評価が高いなど、勤務先の企業規模によっても評価は変わってきます。

社員数だけでなく、資本金などいろいろな要素でスコアリングされます。

クレジットカードの審査では、借金に関する情報は?

「他社からの借入れ金額や件数」も審査に大きな影響を与え、場合によっては審査落ちの要因になります。

借金が多いと評価は低く、借金がないと評価は高いです。仮にクレジットカード申し込みの際、自己申告していなかったとしても、信用情報で借金の状況はバレてしまいます。

多額の借金がある人は、まずは完済したうえでクレジットカードの申し込みをするようにしましょう。

クレジットカードの審査では、借入金額&借入金額の目安は?

借入金額もスコアリング審査の対象になります。審査落ちになる基準ラインはクレジットカード会社によって異なりますが、基本的に借入金額は年収の3分の1未満に抑えるようにしましょう。

借入金額が高すぎると、それだけで支払い能力が低いと判断されてしまい、審査落ちの要因になります。

クレジットカードの審査上、サブカードは積極的に発行しないカード会社もあるので注意

既に別のクレジットカードを持っている場合は、クレジットカード会社がサブカードになることを危惧する故に審査落ちする可能性もあります。

クレジットカード会社としてはカードをたくさん使ってもらうことで利益を得ますので「メインカードとして使って欲しい」というのが本音です。

そのため、使用頻度が低いサブカードとなると積極的に発行しないカード会社もあるため注意が必要です。

クレジットカードのクレヒスがなさすぎても審査落ちの原因に

「クレジットヒストリーがない=スーパーホワイト=審査が通る」というわけではありません。

クレヒスがあると「しっかりと毎月返済していて支払い能力がある人」など、実績をもとに判断できますが、クレヒスがなさすぎると「本当に支払い能力のある人か」判断が難しいです。

また、クレヒスがない人は「現金主義の人」もしくは「過去に事故歴(ブラック)がありカードが作れなかった人」ですので、そういった部分も審査に影響してきます。

審査落ちせずにクレジットカードを複数枚持つための申し込み時のコツとは?

どうしてもクレジットカードを複数枚作りたい場合は、申し込み時に気をつけることで審査通過の可能性を高めることができます。

絶対に審査落ちしないというわけではありませんが、以下の点に注意して申し込みをしてみましょう。

キャッシング枠を0円にして申し込むのがおすすめ

複数枚のクレジットカードを持ちたい場合は、それぞれのカードを申し込みする際にキャッシング枠は0円にすることをおすすめします。

キャッシング枠を希望してしまうと総量規制の対象になってしまい、審査に影響が出る可能性があるためです。

複数枚のクレジットカードを作る際は、キャッシング枠を0円にして少しでも審査落ちの可能性を低くしましょう。

申し込み内容に虚偽があるととクレジットカードの審査落ちの要因に

申し込みの際に虚偽内容で申告した場合は、審査落ちする可能性があります。「他社で借入れがあるのに借入金額を0円にした」など、虚偽内容で申告しても信用情報との照会によりバレる可能性が高く、審査通過できる内容だったとしても審査落ちしてしまいます。

クレジットカードの社内ブラックになると審査落ちの要因に

虚偽内容による申告がバレてしまうと、クレジットカード会社内で「悪質な虚偽をおこなう申込者」として扱われ、場合によっては社内ブラックとなってしまいます。そうなると、今後何回申し込みをしても審査落ちする可能性があります。

また、クレジットカードの審査だけでなく、ローン審査などにも影響が出る可能性もありますので、虚偽内容による申告はどんな理由があっても絶対にしてはいけません。

提出書類に不備があるとクレジットカードの審査落ちの要因に

クレジットカードを作る際は、本人確認書類(免許証や保険証など)や収入証明書類(源泉徴収票や確定申告書など)の提出が必要です。

しかし、これらの提出書類に不備(有効期限切れ、コピーミス、申告内容と異なるなど)があると、審査落ちの要因になります。

不備があるとクレジットカード会社から再提出の連絡があり、再提出をすれば審査をしてくれますが、再提出しなかった場合は間違いなく審査に通りません。

在籍確認がとれないとクレジットカードの審査落ちの要因に

クレジットカード会社によっては勤務先へ在籍確認をおこないます。

その際、在籍確認がとれれば問題はないのですが、とれない場合は申告内容が虚偽である可能性が高いと判断されてしまい審査落ちしてしまいます。

クレジットカードの申し込み条件を満たさないと審査落ちの要因に

そもそも、クレジットカードの申し込み条件を満たしていない場合は、審査落ちしてしまいます。

18歳以上で申し込みできるカードもあれば、20歳以上でないと申し込みできないカードもあるなど、クレジットカード会社やクレジットカードの種類によっても申し込み条件は異なるので注意が必要です。

まずは、自身がクレジットカードの申し込み条件を満たしているか確認したうえで、申し込みするようにしてください。

家族がブラックだとクレジットカードの審査落ちの原因に?

家族がブラックであってもクレジットカードを作ることは可能です。なぜなら、クレジットカード会社が確認できる信用情報は、本人情報のみだからです。

そのため、家族がブラックであっても、本人がその家族であるとバレるわけではありません。

ただし、家族がブラックになる問題を起こしたクレジットカード会社で作成することは避けた方がいいでしょう。

情報が残っている可能性もあり、審査落ちの要因になるためです。

1度クレジットカードの審査に落ちると2度目も落ちる可能性大

1度審査落ちしてしまうと、2度目を申し込みしても再び審査落ちする可能性が高いです。なぜなら、審査落ちしたことは信用情報に履歴として残るので、他のクレジットカード会社に申し込みをしたとしても「別のクレジットカード会社で審査落ちした人」と認識されるためです。

なかには、別のクレジットカード会社で審査が通ったというケースもありますが、基本的には難しいということを認識しておきましょう。

クレジットカードの審査落ちから6ヵ月後の再申し込みがおすすめ

クレジットカードの申し込み履歴は6ヵ月間信用情報に残るため、審査落ちしてから6ヵ月後に再申し込みをしましょう。6ヵ月以内だと、情報が残っているため審査落ちの要因になりますが、6ヵ月後だと情報も残っていないので審査に通過する可能性が出てきます。

クレジットカードの審査に落ちたという履歴が残るわけではない

信用情報にはクレジットカードの審査に落ちた情報・履歴が残るわけではなく、「申し込みをした」という履歴が残ります。

ただし、「申し込み履歴がたくさん残っている=何回も審査落ちした」という見方になってしまいます。

1度クレジットカードの審査に落ちたけど、やっぱり同じクレジットカードが欲しい場合はどうすれば?

「クレジットカードに審査落ちしてしまったけど、どうしても同じカードが欲しい!」という場合は、申し込み履歴が消える6ヵ月後以降に別のクレジットカードに申し込みすることをおすすめします。

クレジットカードにネガティブ情報ありの場合は消えるまで待つ

6ヵ月経って信用情報に不安がある場合は、信用情報機関(CICやJICCなど)に情報の開示請求をおこないましょう。

そうすることで、自身の信用情報を確認することができます。万が一、ネガティブ情報がある場合は情報が消えるまで5年〜10年待つしか方法はありません。

可能なら他社のクレジットカードの申し込みを推奨

申し込み履歴は6ヵ月で消えることになっていますが、確実にクレジットカード会社の社内データも消えるわけではありません。

そのため、どうしても欲しいからといって、同じカードに繰り返し申し込みをしていても審査落ちが続くだけの可能性があります。

前回のクレジットカード申し込みから6ヵ月以上経っていて、ネガティブ情報がない場合は他社カードへの申し込みがおすすめです。

他社カードに申し込みしたからといって、絶対に審査通過する保証はありませんが、繰り返し同じカードに申し込みするよりも審査落ちしにくい可能性はあります。

クレジットカードに審査落ちした方の、対応策

審査落ちしたあとに、新たにクレジットカードを申し込みしたい場合は、次の対応策をもとに考えてみましょう。

信用情報を開示してみる クレジットカードの発行のために

審査落ちした場合は、その原因を知ることが大事です。

なぜなら、原因がわかれば適切な対策を施せるためです。審査落ちの原因に心当たりがない場合は、有料にはなりますがCICやJICCなどの個人信用情報機関に情報の開示請求をおこないましょう。

費用は500円〜1,000円程度で、郵送の場合でも10日前後で開示報告書が到着します。もし、延滞や自己破産などが審査落ちの原因の場合は、履歴が消えるまで待つようにしましょう。

すでに持っているクレジットカードを整理する 審査落ちの原因軽減

すでに持っているクレジットカードを整理するのも1つの対応策です。もしかすると、複数枚のクレジットカードを持っていることで、審査落ちしたのかもしれません。

複数枚持っていることが要因で審査落ちした可能性がある場合は、先に保有しているクレジットカードを整理して、期間を空けたうえで申し込みしましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を希望しないと審査落ちの可能性が減る?

キャッシング枠を希望すると、総量規制の影響で審査に影響が出る可能性があるため、キャッシング枠は0円で申し込みをしましょう。

キャッシング枠を希望しないことで審査落ちする可能性を抑えることが可能です。

前回のクレジットカードの申し込みから変えられる属性はないかをチェックする

クレジットカードは、勤務先情報や年収などの項目を対象としたスコアリング審査です。そのため、前回申し込みをしたときから、変わった・変えられる属性があれば、評価が高くなる可能性があります。

「前回申し込みの際はアルバイトだったけど、現在は正社員になっている」など、変化した項目・属性をチェックしてみましょう。

クレジットカードの申し込みで、なるべく全ての内容を申告するようにする

前回審査落ちした際、任意項目で空欄の箇所はなかったですか?任意項目に関しても、記入をすることで高い評価をもらい、審査通過する可能性があります。

申し込みする際は、すべての項目を申告するようにしましょう。

クレジットカードの申し込み内容に誤りや虚偽がないようにする

当たり前のことですが、申し込み内容に誤りや虚偽内容があると審査落ちする可能性が非常に高くなります。特に、電話番号や住所、メールアドレスなどの情報が誤っていると「信用できない人」と判断されかねません。

悪意がない場合でも記入内容に誤りが見つかることはありますので、間違いのないよう慎重に記入・見直しをしましょう。

クレジットカードの会社からの連絡は無視しない

審査にあたりクレジットカード会社から連絡があることがあります。「審査を受付しました。」という確認内容であれば問題ありませんが、「◯◯を提出してください」「1度ご連絡ください」などの連絡で、これらの返信を怠ってしまうと審査落ちしてしまいます。

クレジットカード会社からの連絡は無視しないようにしましょう。

クレジットカードの申し込みで必要書類に不備がないことを確認する

クレジットカード会社に提出する本人確認書類や収入証明書類に不備がないことを確認しましょう。提出書類と申告内容に違いがあると審査落ちの要因になってしまいます。書類に不備がないこと、申告内容と書類に違いがないことを確認して申し込みするようにしてください。

ランクの低いクレジットカードに申し込むのも一つの手

審査落ちしたカードよりも、ランクの低いカードに申し込むのも有効な対応策です。同じクレジットカードではなく、ランクを抑えて申し込みをしてみましょう。

社内ブラックになっていると半永久的にクレジットカードに審査落ちするかも…

悪質な虚偽内容で申告した場合など、特定のクレジットカード会社で社内ブラックになっている可能性もあります。

社内ブラックになると何度申し込みをしても半永久的に審査落ちするかもしれません。申し込みをするのであれば、別のクレジットカード会社で正しく申し込みをしてください。

クレジットカード審査が通りやすい時期に申し込む

一般的にクレジットカード会社が暇な時期=審査が通りやすい、忙しい時期=審査が通りにくいと言われており、クレジットカードの審査が通りやすいと言われる時期を狙って申し込みするのもいいでしょう。

審査が通りやすいと言われる時期は、新生活に伴いカード申込者が増える4月です。クレジットカード会社としても多くの顧客獲得が期待できる時期ですので、たくさんのキャンペーンも実施していてお得さもあります。

逆に12月などはクレジットカードの利用が多い時期でカード会社は忙しく、通りづらいと言われています。

クレジットカードに審査落ちした人・審査落ちが不安な方におすすめなのは、ACマスターカード

審査落ちが怖い人におすすめなカード、それは、ACマスターカードです。

カード利用額の0.25%キャッシュバック
2017年3月20日よりサービススタート

申込基準
満20歳以上で安定した収入と返済能力を有し、所定の基準を満たす方
発行会社
アコム株式会社(三菱UFJフィナンシャル・グループ)
年会費永年無料国際ブランドmastercardのみ
審査時間最短30分支払い手数料(※1)10.0%~14.6%(実質年率)
利用限度額(※2)10万円~800万円キャッシュバック利用金額の0.25%

※1.ショッピング利用時、※2.ショッピングとキャッシングの利用合計上限額

>> ACマスターカードに申し込む <<

ACマスターカードの基本情報に関しては、もう少し補足したいと思います。

ポイントプログラム・電子マネー・付帯保険はなし

年会費無料のクレジットカードで電子マネーが一体化されていなかったり、海外旅行傷害保険やお買い物保険がないクレジットカードはたくさんありますが、ACマスターカードのようにポイントプログラムまでないものは非常に珍しいかもしれません。

クレジットカードの魅力の一つお得なポイント還元があると思いますが、ACマスターカードではその恩恵にあやかれないのは残念です。

ACマスターカードにポイントプログラムを導入してほしいという要望は前々からありましたが、今現在もその実装には至っておりません。

しかし、2017年3月20日より、ポイントプログラムの代替案として「利用金額のキャッシュバックサービス」が導入されました。ただし、以前から要望の多かったポイントプログラムの導入されました。

キャッシュバック制度を導入

ACマスターカードは即日発行と利用限度額の大きさに特化したクレジットカードでしたが、キャッシュバック制度も導入されました。その還元率は0.25%で毎月の利用額に応じて適用されます。

これは他のクレジットカードのポイント還元率と見比べると少し見劣りする数字ですが、ないよりはいいでしょう。
ACマスターカードは即日発行・限度額(≒キャッシング機能)に強みを持った年会費無料のクレジットカード」であるので、その強みにさらに機能が追加されたと考えればいいでしょう。

消費者金融系のカードでもあるため、審査通過の可能性が高いカードとして人気もあります。

年会費無料で即日発行も可能、最高300万円のクレジット利用もできますし、他社のクレジットカードよりも作りやすいのでチェックしておきましょう。

そのほかに、審査落ちの可能性を下げたい方におすすめなクレジットカードとは?

ACマスターカード以外の作れない可能性を下げたい方におすすめなクレジットカードも紹介しましょう。

審査落ちの可能性を下げたいなら、主婦層はイオン、セゾン!若者はエポスの流通系クレジットカードが狙い目

普段食料品や日用品などの買い物が多い主婦層におすすめのクレジットカードは、「イオンカード」や「セゾンカードインターナショナル」です。

  • 有効期限のない永久不滅ポイント
  • 毎月5日と20日は西友でお得に買い物ができる
  • 実はほかにはあまりない!ETCカードと家族カードの年会費も無料
  • セブンイレブン・イトーヨーカドーでポイント還元率1.5倍に!
  • ネットショッピング時、AmazonやYahoo!ショッピングなど500以上のサイト、30万以上のショップでポイントゲット
  • ポイントの交換先も豊富

イオンカード イオンでオトクに!

続いては、主婦が審査落ちの可能性を下げたい場合におすすめな、イオンカードです。

 

申し込み資格18歳以上(高校生は除く)の方
年会費永年無料国際ブランドVISA, mastercard, JCB
発行スピード最短即日発行ETCカード年会費無料
貯まるポイントときめきポイントポイント還元率0.5%~2.0%
海外旅行保険なし国内旅行保険なし
ショッピング保険ありお得なサービス毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」は5%オフ
電子マネーなしスマホ決済Apple Pay・楽天ペイ

イオンカードはイオングループの提携店舗なら200円につき2ポイント、毎月10日のときめきポイントWデーであれば、クレジットカードの利用でどこでもポイント2倍になります。

またネットショッピングをする人であれば、ときめきポイントTOWN経由で買い物をすることで最大21倍のポイントが貯まります。

しかしイオンカードの魅力はそれだけではありません。以下のような特典が満載です。年会費無料でこれだけの特典がもらえるのは、うれしいですね!

  • 毎月20日・30日「イオンお客さま感謝デー」は5%オフ!
  • イオンiDを利用して、携帯でも支払い楽々!
  • イオンカードはETCカードを即日発行できる!「ETCゲート 車両損傷お見舞金制度」もあり
  • ショッピングセーフティ保険・盗難保険も完備で安心!
  • トクする旅行案内板:エクスペディアで旅行を割引価格で
  • トラベルサポート:世界15ヶ国24ヶ所のイオンワールドデスクに相談できる
  • 映画鑑賞割引:イオンシネマの鑑賞券を300円割引
  • 優待施設:ビックエコ―30%オフ、スパリゾートハワイアンズ10%オフ、など多数
  • インビテーション:利用実績を重ねるとイオンゴールドカードが無料で手に入る!

 

>> イオンカードに申し込む <<

 

 

また、若者は年会費無料でカラオケやレストランなど、多くの優待割引を受けられるエポスカードも狙い目です。

これらの流通系クレジットカードは、審査基準が緩めで比較的作りやすいカードでありながら、年会費無料でポイントや優待特典が付帯しているなど、コスパが高く魅力的です。

収入のない主婦でも作りやすいクレジットカードなのでおすすめです。

学生が審査落ちの可能性を下げたいなら、学生専用ライフカード

学生の方で審査落ちの可能性を下げたいなら、学生専用ライフカードがおすすめです。

学生限定でキャッシュバックも
海外利用傷害保険も自動付帯

申し込み資格高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方
年会費無料国際ブランドVISA, mastercard, JCB
発行スピード最短3営業日ETCカード初年度無料、年会費500円(税抜)
貯まるポイントLIFEサンクスポイントポイント還元率0.50%~1.50%
海外旅行保険最高2,000万円(自動付帯)国内旅行保険なし
ショッピング保険なしお得なサービス海外ショッピングで利用額5%をキャッシュバック
電子マネー楽天ペイスマホ決済Apple Pay

→《学生向け》学生専用ライフカードの詳細はこちら

学生専用ライフカードのおすすめポイントは次の通りです。

  • 国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3つ
  • 在学中だけ最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • さらに海外ショッピングの利用総額の5%キャッシュバック
  • 年会費は無料
  • 最短3営業日発行が可能
  • 学生専用のお問い合わせ窓口がある
  • 携帯電話利用料金の支払いに学生専用ライフカードを設定すると、毎月抽選でAmazonギフト券500円分プレゼント
  • 誕生日月はポイント3倍、L-Mall(ポイントアップモール)利用で最大25倍のポイントが貯まる

学生専用ライフカードで用意されている特典は全部で4つあります。
「1.海外ショッピング利用金額の5%キャッシュバック(事前申込が必要)」「2.海外旅行傷害保険の自動付帯や専用窓口など安心できるプログラムを充実」「3.入会後1年間はポイント1.5倍とお得なLIFEサンクスプレゼント」「4.ケータイ料金の支払設定をすると毎月抽選で10名に当たるAmazonギフト券500円分」です。

学生専用ライフカードは海外に行く学生さん向けのクレジットカードです。学生専用の問い合わせ電話窓口や、海外旅行傷害保険が最高2,000万円(自動付帯)、さらに海外で買い物をすると利用金額の5%がキャッシュバックされます。

弱みとしては卒業後は海外旅行傷害保険や5%キャッシュバックという特典は失われてしまうということでしょうか。そのため在学中のみ使うと割り切って利用するのがよいかと思います。誕生日付きはポイントが3倍になるなどの特典は継続するので、誕生日月のみ利用するという使い方もありです。

>> 学生専用ライフカードの詳細・申込はこちら <<

携帯電話料金の支払いでAmazonギフトがもらえる!?

学生専用ライフカードで携帯料金を支払うと、毎月抽選でAmazonギフト券500円分が当たります。Amazonで高還元率カードと合わせればさらにお得になりますね!

 

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯していて、海外でカード利用した場合は利用金額5%分のキャッシュバックを受けることもできます。

クレジットカード利用1,000円につきポイントが貯まり、誕生月はポイント3倍、年間利用金額によりポイント最大2倍など、ポイントがいつも以上に貯まる制度も用意されています。

年会費も無料で、学生が審査落ちしない可能性が低い、おすすめクレジットカードとして人気です。

20代が審査落ちの可能性を低くしたいなら。若者向けクレジットカードが無難

20代の方であれば、10代〜20代を対象として若者向けクレジットカードが作りやすいです。

「2◯歳までの方が対象のカード」や「20代の方がよく行く商業施設や店舗が発行したカード」など、若者をメインターゲットにしたクレジットカードであれば作りやすいため、審査に不安要素がある方でも、審査を通過できる可能性があります。

クレジットカード発行会社としても、ターゲットとなる若者を「1人でも多く囲い込み将来の顧客につなげたい」という思いがありますので、作りやすい傾向があります。

審査落ちの可能性を低くしたい人へ。クレジットカードを選ぶ3つのポイント

ここでは、クレジットカードを作れなかった人が審査に通る可能性を少しでも上げるために、大事になる3つのポイントについて見ていきましょう。これらのポイントを把握することで、審査基準が緩めで作りやすいクレジットカードの見分けもしやすくなります。

銀行系のクレジットカードは審査が厳しいので避ける。審査落ちの可能性が上がる

クレジットカードは4つのグループに分けることができ、「銀行系」「信販系」「流通系」「消費者金融系」があり、それぞれで特徴や審査基準が異なります。

この中で、銀行系クレジットカードが最も審査基準が高く、審査落ちの可能性が高いクレジットカードと言われています。

そのため、クレジットカードを探す際は、銀行系クレジットカードを避けるようにしましょう。

一概には言えませんが、審査基準が緩めで作りやすいクレジットカードは、「流通系」「消費者金融系」で、これらのジャンルの中から探すといいです。

キャンペーンのあるクレジットカードの方がおすすめ 審査落ちの可能性が下がる

「入会すれば5,000ポイントプレゼント!」「入会キャンペーンで今なら6,000円キャッシュバック!」「今入会の方は1年間年会費無料!」など、入会キャンペーンを定期的に実施しているクレジットカードは少なくありません。

楽天カードのキャンペーンの多さ、豪華さにより、ポイントをザクザク貯めている人もきっと多いことでしょう。

クレジットカード会社がキャンペーンを実施する理由はいろいろありますが、「顧客獲得」を目的に実施しているケースが大部分です。

たくさんの人が利用するほどクレジットカード会社は潤いますので、魅力的な入会特典を用意して大々的にPRします。

そのため、入会キャンペーンを実施しているクレジットカードは比較的審査基準が緩い傾向があり、作りやすいクレジットカードである可能性があるため、特にキャンペーンを頻繁に実施しているクレジットカードを狙うのがおすすめです。

審査落ちの可能性も減ります。

発行までの期間が短いクレジットカードがおすすめ 審査落ちの可能性が下がる

クレジットカードは、申し込みから発行まで1ヵ月近くかかるものもあれば、即日発行できるものなどさまざまです。

発行期間が長い=審査が厳しい、発行期間が短い=審査が甘い、という決まりがあるわけではありませんが、発行までの期間が短いクレジットカードは審査が甘めと言われているカードが多く、「発行期間が短い=作りやすいカード」という見方も可能です。

審査落ちの可能性も減るでしょう。即日発行可能なクレジットカードには、セゾンカードインターナショナルエポスカードなどがあります。

作りやすいクレジットカードを探している場合は、申し込みから発行までの期間が短いクレジットカードをチェックしてみましょう。

審査落ちの可能性を下げるなら、クレジットカードのタイプ=消費者金融系&流通系?

一般的に「消費者金融系」「流通系」クレジットカードは審査基準が緩めで作りやすいカードと言われています。以下のカードが、その例になります。

など、他にもたくさんの消費者金融系・流通系クレジットカードが存在しており、フリーターや主婦、学生でも作りやすいものが多いです。

「消費者金融系」で審査に通るクレジットカードとは?審査が甘いのではなく審査基準が独特

ACマスターカードライフカードなど、消費者金融系クレジットカードが審査落ちの可能性が低いと言われるのは、審査基準が他のクレジットカード会社とは異なるためです。

たとえば、他のクレジットカードであれば、クレジットヒストリーや勤務形態、年収などを重視して審査をしますが、消費者金融系の場合は、これらの点をそこまで重視しない傾向があります(まったく見ないわけではありません)。

そのため、他のクレジットカード会社では審査落ちする、過去に金融事故を起こしている人や、勤続年数が短い人、収入が低い人でも審査が通る可能性があります。

100%通るわけではありませんが、他のジャンルのクレジットカードよりも作りやすい特徴を持ちます。

審査落ちの可能性を下げたい方は、流通系のクレジットカードがおすすめ

流通系クレジットカードは、スーパーやショッピングモール、コンビニ、商業施設などが発行しているカードのことです。

メインターゲットが主婦や若者であるケースが多く、収入がない主婦や学生、フリーターでも審査が通る作りやすいクレジットカードがたくさんあるのが特徴です。

発行元としてはメインターゲットにクレジットカードを持ってもらい数多く利用してもらうことで利益+顧客の囲い込みになるため、「たくさんの人にカードを作ってもらい」という考えがあります。

そのため、収入が0円の主婦でも比較的簡単にスーパーや商業施設のクレジットカードを作ることが可能です。

審査落ちの可能性も下がります。

年会費無料でポイントが貯まったり、優待や割引を受けられるなど、お得が詰まった作りやすいクレジットカードがたくさん揃っています。

SNSでシェアしよう!

SHARE

この記事を書いたユーザー

スポンサーリンク

関連する記事

RELATED

PAGE TOP ↑