【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

盗難とは?の意味と使い方を解説

盗難
日常生活をする上で頻繁に登場する訳ではありませんが盗難という言葉が存在しています。盗難という言葉はどのようなタイミングもしくは状況の時に使用されることが多いのか説明していきます。
その他にも盗難の読み方だけではなく、意味や正しい使い方なども紹介していきます。では盗難はどのように読むのか丁寧に解説していきます。

盗難の読み方

盗難をそのまま読むととうなんになります。盗という感じについて、ぬすむもしくはたうと読む機会があるのですがこの時はとうと読みます。難に関しては、かたいもしくは難しいと読み場合があるのですがこの時は素直になんと読みます。
特別難しい読み方になっている訳ではなく、素直に読むことができます。盗難という言葉に対し、次項で詳しく説明するのですがあまりよい意味を持っている訳ではありません。そのため盗難はできる限り避けることが賢明です。

盗難の意味について

盗難の意味は、お金もしくは物を他人に盗まれる意味を持っています。とても悪い意味を持っており、もしお金や物を他人に盗まれた場合は深刻な事態に発展してしまいます。そのような状況を極力回避するため、多くの人が盗難対策を行っています。
また盗難と似たような意味で窃盗という言葉もあります。意味はほとんど同じなのですが窃盗は、お金や物を盗まれる側のことではなく、お金を盗み側のことになります。間違いやすくなっているので注意しないといけません。

盗難の正しい使い方

盗難の正しい使い方は、盗難に遭ったもしくは盗難に遭遇したという使い方をします。例えば貴重品が盗難に遭ったまたは電車やバスを利用した時に盗難に遭遇したなどの使用方法になります。特に難しい使い方ではないのですが盗難という言葉によい意味を持たないので、できる限り使いたくない言葉になっています。
盗難という言葉を使用する時は、できる限り主語と結び付けることで違和感のない使い方になるため、大きなポイントです。

盗難の間違った使い方

誤った使用方法でよく見かけるのが盗難をするという使い方です。盗難はあくまで金や物が盗まれた側に使われる言葉になります。この時は盗難をするではなく、窃盗をするというのが正しい使い方になります。
どうしても盗難と窃盗は同じような言葉になりやすく、間違いやすいポイントです。盗難は窃盗とは違い、主に受け身側の言葉になっているので盗難という言葉を使用する時は、盗難に遭うもしくは遭遇するなどの言葉を使用することが求められます。

盗難を使った例文

ここでは盗難を使った例文を二つ紹介していきます。主に盗難という言葉は、トラブルやアクシデントに巻き込まれた時に使用する言葉です。そのため、できる限り盗難という言葉が登場しない方が絶対にいいです。しかしどうしてもこのような状況に巻き込まれてしまう場合もあるので、その時は例文を把握しておくと正しく盗難という言葉を使いやすくなります。

盗難の使い方【例文その①】

実際に盗難に遭ってしまった状況の例文を紹介していきます。
「今日電車を利用した時に盗難に遭っちゃったよ」
「それは災難だったね」
「ちゃんと警察に行った?」
「まだ警察には行っていないんだ」
「早く警察に行けば、もしかすると盗難に遭ったお金や物が戻ってくるかもしれないよ?」
「そうなんだ」
「じゃあ今から警察に行って、盗難届提出やその時の状況を伝えてくるね」
このような感じで、盗難という言葉が使用されるのが特徴です。

盗難の使い方【例文その②】

今度はバイクで盗難に遭わないためにどうすればいいのか例文を紹介します。
「なんかお勧めの盗難対策ってある?」
「バイクの場合は、強固な鍵を設置することで盗難対策をすることができるよ」
「そうなんだ」
「強固な鍵を盗難対策として実施する場合、高額な費用がかかりそうなんで嫌なんだよなー」
「今はそれほどまでに高い費用じゃないから大丈夫だよ」
「それにバイクを盗まれる方が損害が大きいので、盗まれないように盗難対策をしっかりと行わないといけないよ」
盗難対策の会話がされており、盗難の深刻さが分かります。

盗難は英語でなんて言うの?

盗難は英語でtheftと言います。直訳すると泥棒や窃盗犯という意味を持っていて、英語でもあまり良い意味を持っていないです。
このtheftという言葉は、「thief by trade」という形で使用される事が多いです。意味はプロの泥棒という意味で泥棒をすることで生計を立てている方を言います。
その他にも「auto thief」自動車泥棒や「bike thief」バイク泥棒などの使用方法も存在しています。

盗難は中国語でなんて言うの?

中国語の場合、盗難という言葉は被盗もしくは失盗になります。どちらも同じ意味を持っており、どちらの言葉を使用しても問題はありません。
中国語も日本語と同様に被盗もしくは失盗という言葉は、良い意味を持っていないです。このような状況に巻き込まれないように中国人の多くが被盗や失盗対策をしています。
盗難は中国でも深刻な状況もしくはトラブルなので、極力日常生活で被盗もしくは失盗という言葉が出てこないように注意しています。

盗難の類義語や関連語は?

盗難の類義語や関連語は、「強盗」や「切り取り」の他に「夜稼ぎ」や「切取り」などがあります。どの言葉も金や物が盗まれるという意味を持っており、あまり良くない状況の時に使用される言葉になります。
この中でも盗難という言葉がもっとも意味が伝わりやすく、比較的使用されている言葉になります。その次に使用されている言葉は、強盗になっており、盗難よりも規模の大きいお金や物が盗まれた時に使用されることが多くなっています。

盗難の対義語は?

盗難の対義語は、残念ながらなくて言葉としては盗まれないとして使用されます。盗難はお金や物が盗まれることを言うので、対義語は盗まれないになります。特に盗まれないという言葉は、盗難予防や対策をする時によく使用される言葉になります。
盗まれない状況を作り出すことで、大切なお金や物を失わないで済みます。その他にも精神的なダメージも発生させないで済むので、日常生活をする上で盗まれないようにするにはどうしたらいいのか考えることが重要です。

盗難を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

盗難を使用した四文字熟語で狐狼盗難という四文字熟語があります。読み方はころうとうなんになっており、意味は夜の道に行くことが危険という意味を持っています。
言葉の由来は、かなり昔人間は狐や狼に襲われることも少なくありませんでした。また盗賊が存在していたのも関係しており、狐や狼だけではなく、盗賊に大切な物やお金を盗まれてしまうので狐狼盗難が誕生しました。例文としては、「真っ暗なので狐狼盗難になるかもよ」などの使い方をします。

盗難にまつわるサイト

盗難にまつわるサイトはいくつも存在しており、その中でも特徴が発生しているサイトを紹介していきます。

https://www.police-ch.jp/tounantodoke_putout.html

http://bikesalon.com/theftprevention.html

一つ目は盗難に遭った時、警察に提出する盗難届の出し方を説明しています。

二つ目はバイクに対する盗難対策を色々と紹介しています。

どちらも特徴的なサイトで、盗難に遭った時の対処やバイクが盗難に遭わない為の対策を学べます。

盗難の意味や使い方についてのまとめ

盗難という言葉は、トラブルやアクシデントの時に使用する言葉なので、良い意味を持っていないです。できる限り盗難という言葉を使用しないで、日常生活を行えるように対策をしなくてはいけません。
また盗難と窃盗はとても間違いやすいポイントになっているので、もしも盗難の言葉を使用する時は窃盗と混同しないように注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください