今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

クレジットカードの利用限度額とは?利用限度額を引き上げるコツを徹底解説

クレジットカードの利用限度額

クレジットカードは非常に便利なものなのですが、利用限度額というものがあります。この利用限度額を知らないでクレジットカードを利用していると、本当に必要な時にクレジットカードを使うことができない事態になりかねません。

今回はそういう場面に出くわさないためにも、「安心できる利用限度額」と「利用限度額を引き上げる方法」について理解してもらうと思います。

 

クレジットカード利用初心者にとって重要な限度額

クレジットカードについて全く知らない人には知っておいて欲しいのですが、クレジットカードは無制限に使える、魔法のカードではありません。保有者の与信(信用できる尺度)によって、それぞれクレジットカードで利用出来る限度額というものが定められています。

クレジットカードの利用限度額(与信枠)とは?

クレジットカードを申し込む際には、「希望限度額」もしくは「希望与信枠」という項目があります。

クレジットカード会社は、その申込者の希望額と個人の信用状況から、独自の審査基準により利用限度額を決定します。例えば、50万円の希望限度額で申し込んだとしても、最大30万円の利用限度額で発行されることも往々にしてあるということです。

利用限度額は1ヶ月の限度額ではないことに注意

利用限度額というものは1ヶ月の限度額ではないことに、注意しましょう。例えば、利用限度額が50万円の人が初月に10万円を使えば、その10万円をクレジットカード会社に支払い(返済)しない限り、次月以降は40万円までしか利用することができなくなります。

つまり、クレジットカード会社からお金を借りることができる限度額と覚えたほうがいいでしょう。利用限度額があれば、使いたい金額分の空きを作らなければ、利用することができないということです。

そのため、事前にクレジットカードの限度額を知っておかなければ、ある日突然、クレジットカードを利用できない日が訪れてしまうので。利用限度額は、毎月の利用明細やクレジットカード会社のマイページで、忘れずに確認しておきましょう。

ステータス別に見る!利用限度額の目安

個人の属性(年収、職業、年齢など)と与信状況(クレヒス)によって、利用限度額というのは人それぞれなのですが、クレジットカードのステータスによってある程度の目安というものは存在します。

  • 三井住友IVSAデビュープラスカードのような学生専用カードならば、10~30万円
  • 楽天カードのような一般カードならば、10~100万円
  • 楽天プレミアムカードのようなゴールドカードならば、100〜300万円
  • アメックスやダイナースカードのようなプラチナorブラックカードならば、決まった限度額は存在せず

キャッシングも利用限度額に加算?

利用限度額には、通常利用の「ショッピング枠」と現金を引き出せる「キャッシング枠」の2つがあります。

例えば、クレジットカードの利用限度額が50万円で、内キャッシング枠が25万円と表示されていた場合、次のどちらが正解だと思いますか?

  1. ショッピング枠が50万円でキャシング枠が25万円だから、合計75万円の利用限度額
  2. ショッピング枠が50万円で、キャッシング枠の25万円はその中に含まれるから、合計50万円の利用限度額

答えは、2です。

もしも、キャッシングを25万円引き出していたら、通常のショッピング枠で利用出来るのは25万円までになります。

返済して利用限度額に空きを作れば、クレジットカードはすぐに使える?

クレジットカードの利用限度額がいっぱいになってしまった場合、いつになったら使えるようになるのでしょうか。

支払い(返済)したからといって、すぐにクレジットカードが使えるようになるわけではありません。クレジットカードの引き落とし日にお金がちゃんと引き落とされたとしても、2,3日間はクレジットカード会社内の手続きに時間がかかってしまい、ラグが発生します。

それだと困るという人は、利用限度額の一部を常に空けている状況にするか、利用限度額そのものを引き上げる必要があります。

支払い日前に銀行振込をして利用限度額を空ける方法も

イレギュラー対応になりますが、どうしても利用限度額に空きを作りたい場合は、前倒しで支払いを完了させる手もあります。

クレジットカード会社に連絡すれば、指定の振込口座番号を教えてもらいますので、振込の確認がされ次第、利用限度額に空きができるはずです。ただし、この場合は振込手数料が自腹になりますので、少し損になる方法でもあります。

 

クレジットカード会社が設定する利用限度額

クレジットカード会社は、どのように個人の利用限度額を決定しているのでしょうか。

希望限度額と収入の関係

クレジットカード会社は、希望限度額を叶えてくれるように対応してくれますが、申込者の返済能力に難があると、利用限度額の減額、もしくはクレジットカードの審査に落ちてしまう可能性があります。

利用限度額を希望通り設定してもらうには、下記のような申込者の属性チェックが入ります。

  • 自身の収入(月収)を大幅に超えるような額にしない
  • 正社員で勤めており、勤務年数も長い
  • 過去に信用取引で事故(延滞、自己破産など)を起こしていない

クレジットカードヒストリー(クレヒス)の影響

クレジットカードに申し込むと、クレジットカード会社は個人信用情報機関(CICやJICC)に登録されている情報を参照します。

個人信用情報機関はすべての金融会社が、下記のような情報を共有しています。

  • 申込者が何枚のクレジットカードを所有しているのか
  • それらのクレジットカードの利用状況はどうなのか
  • 毎月の返済は遅延なく行われているのか
  • クレジットカード以外の借入はあるのか
  • 携帯電話の支払い状況はどうか

これらの信用情報を、クレジットカードヒストリー、通称クレヒスと呼びます。クレヒスの良し悪し次第では、現在の収入が高かったり、安定した職業に就いているとしても、利用限度額が最低額で設定されたり、クレジットカードの発行を断られてしまうことがあります。

いざ、クレジットカードが発行されて利用限度額を確認した時に、希望額よりも低く設定されていた場合は、クレヒスが影響しているのかもしれません。そのような場合は、支払い期日を守り、利用実績を積みながら、良いクレヒスを作っていくことが大切*です。それが、後々の利用限度額の引き上げに大いに役立つことでしょう。

クレジットカードの審査やクレヒスに悩んでいる人がいたら、詳しく解説した記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

厳しいも甘いもない!クレジットカードの審査に悩む人に伝えたいこと

 

クレジットカードの利用限度額を引き上げる

最初に設定された利用限度額も、クレジットカードの利用実績を積んでいくことで、引き上げていくことが可能です。

理想の利用限度額は?

それは、1ヶ月に利用する金額の約3倍と言われています。毎月5万円利用する方であれば、15万円の利用限度額があったほうが良いということになります。

海外旅行に行く、結婚式を挙げるなど、引っ越しをする場合のように、一時的に出費が増える場合があるでしょう。そんな時は、一時的に利用限度額を引き上げる方法も、しっかり用意されています。(返済方法は一括返済のみ)

ただし、利用限度額の一時的な増額は、増額理由が理にかなったものでなければいけません。そのため、申請フォームに理由を記入する項目が必ずあります。その理由によっては、申請が通らない場合がありますので、頭の中に入れておきましょう。

利用限度額の引き上げには、申込時同様に審査がある

クレジットカードの利用限度額を引き上げたい場合も同様に、与信審査が行われます。一般的に、利用限度額の引き上げにかかる審査のほうが、申し込み時の審査よりも厳しい傾向にあるようです。

なぜなら、利用限度額が増えれば、その分、クレジットカード会社のリスクが高まるからです。利用者の負担増になる可能性もあります。そのため、慎重にならざるを得ないのです。

また、クレジットカード会社は、クレヒスが更新されているかどうかも確認します。クレジットカードの申込時に申請した年収や職業に変更があるかもしれませんし、もしかしたら携帯電話料金の延滞履歴が加わっているかもしれません。その場合に、利用限度額の減額対応をされる可能性もありますので、十分、自身のクレヒスには気をつけて下さい。

クレジットカードを新しく作る

既存のクレジットカードの利用限度額を引き上げられない場合は、新たにクレジットカードを作るという方法もあります。
利用限度額が30万円のクレジットカードを、40万円に引き上げようとするよりも、利用限度額が20万円のクレジットカードを新たに作るほうが比較的簡単だということです。

その際に気をつけておかなければいけないポイントは、下記の2点です。

  • クレジットカード会社が異なるようにすること
  • 支払日が同じクレジットカードを選ぶこと

前者は、同じクレジットカード会社のカードだと利用限度額が合算されてしまい、2枚で分け合う形になってしまうケースがあるためです。後者は、支払いの煩雑さを軽減するためです。

ゴールドカードへ切り替える方法も

既存のクレジットカードから、ゴールドカードへ切り替える方法もあります。クレジットカード会社としては、年会費という担保が増えますので、限度額の引き上げにも応じやすくなるのです。

中にはゴールドカード切り替えのインビテーションを送ってくるクレジットカード会社もあります。インビテーションを受け取っての切り替えならば、年会費が永久無料でゴールドカードを使えるようになる場合があります。そのため、日頃からクレジットカードの利用実績を積んで、優良顧客になるように心がけましょう。

利用限度額を増額申請する方法

クレジットカードの利用限度額を引き上げるには、クレジットカード会社のマイページもしくはオペレーター対応の電話から申し込むことができます。一時的な増額申請ならば、「正しい理由」がなければいけませんので、誇張せずに、正直に伝えましょう

電話で申し込む場合もインターネットから申し込む場合も、同じく審査はあります。審査結果は、後日にメールもしくは郵便葉書で通知が届きますので、確認しましょう。

いずれにしても、利用限度額を引き上げるには、クレヒスの良し悪しが影響します。クレヒスが良ければ、限度額の増額申請を行わずとも、クレジットカード会社が勝手に増やしている場合もあります。(おそらく、より多く利用してほしいと言う思惑があるのでしょう)

クレジットカードの利用限度額を引き上げていくには、健全なクレヒスを築き上げ続けるのが近道なのです。

引き上げる金額の目安

まねぷれのかねこが、利用限度額の増額申請を行う場合は、一度は電話で確認します。その確認する内容は、

「増額申請の審査が行われた場合、下記の内どちらの対応になるのでしょうか?」

  1. 審査に通らなければ、増額は0
  2. 希望額は審査に通らないが、希望額より少ない増額なら出来る

クレジットカード会社によっては、後者の対応をしてくれるところもあります。そういう場合は、多めの希望額で申請することをしています。(あまり意味ないかもしれませんが……。)

 

利用限度額の高いおすすめのクレジットカード2選

今回紹介する、利用限度額が高いクレジットカードは「Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)」と「ACマスターカード」です。

年会費無料で利用限度額が最大300万円「Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)」

年会費無料の一般カードの利用限度額は10~100万円が普通なのですが、「Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)」は、年会費が一切かからないにも関わらず、ショッピング枠の利用限度額が最大300万円まで用意されているクレジットカードです。また、名前からもわかるように、高いポイント還元率も魅力的です。

電子マネーもiDとQUICPayの2つが搭載されていますので、買い物好きな人にはクレジットカード利用と電子マネー利用を使い分けながら、ポイントを貯めることができます。

他にも、Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)には多くのメリット(一部デメリットも)ありますので、わかりやすく説明した下記の記事も参考にしてください。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の申し込み前にメリット・デメリットをチェック

キャッシング枠まで含めば、利用限度額が最大800万円「ACマスターカード」

利用限度額の高さで選ぶなら、ACマスターカードに並ぶクレジットカードはありません

年会費永年無料な上に即日発行も可能で、審査基準も他のカードとは異なるためカード審査合格率の高いクレジットカードとも言えます。ただし、天は二物を与えずというように、ACマスターカードにはポイントプログラムプラグラムがないため、利用金額に応じた還元がありません。

それでもMasterCardブランドのサービスが徐々に拡充されており、新宿のTOHOシネマズのモク割や、全国のレストランで特別コースを楽しめるプランなど、今後サービスの広がりに期待できます。

ACマスターカードについては徹底解説した記事もありますので、参考にしてください。

AC(アコム)マスターカードの申し込み前に即日発行や審査など特徴を徹底解説

 

<コラム>利用限度額が一杯の時に、ETCバーは上がる?

利用限度額が一杯であることを忘れ、ETCカードで高速道路の料金所に差し掛かった。この時は、ETCバーは開くのでしょうか?

 

 

 

ボブ
安心してください、開きますよ

 

 

 

ETCカードの有効期限自体が切れていなければ、問題なく利用することができます。(実際に検証してみました)

 

まとめ

携帯電話料金の支払いをクレジットカード払いにしているにも関わらず、利用限度額が一杯で支払いできずに、クレヒスに傷を付けるパターンもあります。

クレジットカードは確かに便利なものですが、制約もあることを覚えておきましょう。特に利用限度額をしっかりし理解しておきましょう。

そして、日頃から遅延なく返済することを心がけ、限度額の引き上げは計画的に、十分前もって行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください