【2017年完全版】学生におすすめのクレジットカードとは?気になる疑問と基礎知識まとめ

カテゴリー:学生向け    

学生におすすめのクレジットカードまとめ

この記事にたどり着いた皆さんは、学校の友だちに教えられたり、店頭で勧誘された経験があったりで、多少はクレジットカードに興味がわいている状態だと思います。

高校を卒業して専門学校や大学に進学すると、帰省・交遊・サークル・部活・学費・飲み会・家賃・光熱費などなど、楽しみが増えた分、出費も増えていますよね。
その出費を抑える方法としてクレジットカードの話題が出ると思うのですが、

友人A
入会キャンペーンもあるしポイントも貯まるし、クレジットカードは使ったほうが絶対お得!

友人B
いつの間にか使いすぎてた……。クレジットカードは怖いから、あまり使わないほうがいいよ……。

このように良い話と悪い話の両極端しか聞くことがなく、正しく判断するのに困っているのではないでしょうか?

そこで、本記事では学生の皆さんがクレジットカードについて理解を深められるように、下記の構成でまとめてみました。
前置きが長くなってしまいましたが、この機会に正しい知識を身につけ、最適なクレジットカードを選んでいただければ幸いです。

  1. 学生におすすめのクレジットカード
  2. クレジットカードの仕組み
  3. クレジットカードの審査
  4. クレジットカードの選び方・比較
  5. クレジットカードの作り方
  6. 学生が特に気にしている疑問(Q&A形式)

もっと細かいテーマから選んで読みたい人は、下の[目次を見る]をクリックして選んで下さい。

好きなテーマから読む

2017年最新版!学生におすすめのクレジットカード6選

まずは当サイトが学生におすすめするクレジットカードはこちらの6枚です!

カード名をクリックすると詳細を読めます

このランキングから興味のあるクレジットカードを1,2枚決めておき、それを念頭に置きながらクレジットカードの仕組みや選び方について読み進めていくと自身に適切なクレジットカードなのか理解が深まりやすくなるのでおすすめです。

なぜこれらのクレジットカードがおすすめなのか?そのランキング選定基準とは

ランキングにピックアップするにあたり、当サイトでは事前に大学生に「クレジットカード選びで気になる項目について」ヒアリングを行いました。
そこで特に多かったのが次の3つのトピックでした

1.「国際ブランドはどこが良いのか分からない」
2.「審査に落ちることもあると聞いたので、落ちたときに何が起こるのか不安」
3.「使い過ぎたときが怖い」

これらのトピックから、学生におすすめの国際ブランドとしてVISAを中心にピックアップし(理由は後述)、なおかつ学生専用の審査基準があり、限度額制限も設けられているクレジットカード6枚を選び出しました。
その6枚を比較し、より学生が求めているクレジットカードに近いものから順位付けしたのが、このランキング選定基準です。

次からは、より具体的に個別のクレジットカードについて紹介していきたいと思います。

【1位】学生向けの審査基準!25歳以下限定の三井住友VISAデビュープラスカード

6/30までの新生活応援キャンペーン
最大10万円のキャッシュバック


入会資格満18歳以上25歳の方
(高校生は除く。未成年は親権者の同意が必要)
国際ブランドVISA
年会費無料(ETCカード含)(※1)
利用限度額10〜30万円(※2)
使える電子マネーiD
安心ポイント最大100万円まで補償してくれるショッピング保険(※3)
カード紛失・盗難のサポートサービス

※1:初年度無料で1年間で1回でも利用すれば翌年も無料になります。(通常は1,250円+税、ETCカードは500円+税)
※2:20歳以上の学生の方で、親権者の同意がない場合の利用枠は10万円、同意がある場合は30万円
※2:国内外におけるリボ払い・分割払い(3回以上)の利用時のみ適用

三井住友カード株式会社は、日本で最も知名度と信頼度があるクレジットカード会社の1つです。
三井住友カードの最大の特徴はセキュリティを重視していることです。

具体的には1980年に日本初のVisaカードを発行し、長年の実績とその経験を基に「不正利用の監視体制」「ICチップ搭載に高セキュリティ」「紛失・盗難時のサポートサービス」と安心・安全に重きを置いているのです。

その三井住友カードが、18歳~25歳限定の学生向けに発行しているのが三井住友VISAデビュープラスカードです。
年会費も実質無料で、利用限度額も低く抑えられている設計になっているため、安心して利用できることでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカードを使えばポイントが常に2倍、入会後3ヶ月は5倍のポイント付与がありますので、お得にポイントを貯めることが可能です。
さらにポイントUPモールを経由すれば、楽天市場やAmazonなど計600店舗以上の店舗やサービスで最大20倍のポイントも貯まります。

貯まったポイントはキャッシュバックに使ったり、ギフトカードに交換したり、カフェやiTunesカード等に交換してお得に利用してくださいね。

  • 国際ブランドがVISAだから日本国内限らず、世界中で使える
  • 18~25歳限定のクレジットカードだから、審査基準も学生向き
  • 高セキュリティで不正利用対策や紛失・盗難時のサポートがあって安心・安全
  • 年会費は(実質)無料
  • 最短3営業日発行
  • ポイントが常に2倍、入会後3か月は5倍
  • 新規入会でもれなく最大6,500円分のプレゼントと最大10万円キャッシュバックのチャンスあり(期間限定)

>> デビュープラスカードの詳細・申込はこちら <<

【2位】優待店舗は5,000店舗以上!万能型クレジットカードのエポスカード

入会資格18才以上の方
(高校生は除く。未成年は親権者の了解が必要)
国際ブランドVISA
年会費無料(ETCカード含)
利用限度額審査によって決定
使える電子マネー楽天Edy、モバイルSuica、スタバカード(※1)
安心ポイント最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
カード紛失・盗難時の不正利用は全額保証

※1:エポスカードでチャージした時にお得に貯まる電子マネーです。カードに付帯はされておりません。

株式会社エポスカードは、1960年に日本初のクレジットカードを発行した丸井グループのクレジットカード事業会社として設立され、長い歴史を持ったクレジットカードの1つです。
丸井(マルイ)と聞けば、学生の皆さんには馴染み深い百貨店ではないでしょうか?

丸井(マルイ)が発行しているクレジットカードだけあって、店舗でお得になる優待サービスが豊富にあります。
具体的にはマルコとマルオの7日間で10%OFFになったり、全国の飲食店で割引を受けられたり、カラオケのルーム料金が30%OFFになったり、美容院やネイルの割引があったり、カーシェアリングが最大15%OFFになったりと、5,000店舗以上で優待割引や特典を受けることができるのです。

また、追加で500円支払えば70種類以上あるカードデザインから好きなものに変更できるのもエポスカードならではです。

インターネット入会限定でキャンペーンも実施しておりますので、申し込んだその日にマルイで即日発行してもらい、そのまま買いものへ!なんて使いかたも可能です。

学生にとってよく使うお店やサービスで割引になる上に、デザインで周りとは違うクレジットカードを持てるのは魅力的ですよね。

  • 世界シェアNo.1の国際ブランドVISAが使える
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯しているから夏休みの短期留学や卒業旅行にもおすすめ
  • マルイをはじめ、遊園地や居酒屋やカラオケ等でお得に使える優待割引
  • 年会費は無料
  • マルイのエポスカードセンターで即日発行が可能
  • 学生専用カードではないので一般的な審査基準
  • インターネット入会&利用で最大5,000円分のエポスポイントプレゼント(期間限定)

>> エポスカードの詳細・申込はこちら <<

【3位】学生もカンタン申し込み!強烈なCMでおなじみの楽天カード

入会資格18歳以上で日本在住の方
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
年会費無料(ETCカードは500円+税)
利用限度額審査によって決定
使える電子マネー楽天Edy、楽天ポイント
安心ポイント最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
ネット不正あんしん制度
カード盗難保険

クレジットカード業界で最も勢いのあるのが、この楽天カードです。
楽天が発行するクレジットカードというだけあって、楽天グループ(楽天市場や楽天モバイルなど)で利用すればするだけお得になり、JCSI(日本版顧客満足度指数)調査でも8年連続No1を獲得しています。

楽天カードを使えば、楽天市場で4倍以上、楽天トラベルで2倍以上、街のポイント加盟店では最大3倍のポイントが貯まります。

楽天カードはポイントの貯まりやすさだけではなく、CMで「カンタン申し込み」を大きくアピールしているのも特徴です。
例えば次のCM動画では「主婦も学生もOK」と審査基準の低さを暗示してくれるような内容で、なんとなくですが申し込みハードルが下がりますよね。

入会キャンペーンも積極的に行っておりますので、楽天ポイントを一気に貯めたいときにもおすすめです。

  • VISA、MasterCard、JCBと3つの国際ブランドから選べる
  • 楽天トラベルで決済すれば最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が実質自動付帯に
  • 年会費は無料
  • 女性専用のPINKカードや期間限定お買いものパンダデザイン(MasterCardブランドのみ)登場
  • 最短3営業日発行が可能
  • 楽天グループをはじめ、様々なシーンでお得に貯まるポイント
  • インターネット入会&利用で最大5,000円〜8,000分の楽天ポイントプレゼント(キャンペーン期間によって付与ポイントが異なる)

>> 楽天カードの詳細・申込はこちら <<

【4位】卒業までの付き合いを!学生期間だけはお得に使える学生専用ライフカード

入会資格高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
年会費無料(ETCカード含)
利用限度額5〜30万円
使える電子マネーiD、楽天Edy、モバイルSuica、nanaco(※1)
安心ポイント最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
紛失・盗難時の不正利用補償
学生専用お問い合わせ窓口

※1:学生専用ライフカードでチャージできる電子マネーです。カードに付帯はされておりません。

卒業後に切り替わるライフカードはあまり魅力的ではありませんが、この学生専用ライフカードだけは見逃せません。
そのため、学校卒業と同時にクレジットカードも切り替えるくらいのつもりで、学生専用ライフカードを使い倒して欲しいと思います。

学生専用ライフカードで用意されている特典は全部で4つあります。
1.海外ショッピング利用金額の5%キャッシュバック(事前申込が必要)、2.海外旅行傷害保険の自動付帯や専用窓口など安心できるプログラムを充実、3.入会後1年間はポイント1.5倍とお得なLIFEサンクスプレゼント、4.ケータイ料金の支払設定をすると毎月抽選で10名に当たるAmazonギフト券500円分です。

これらの特典は入会時に申請する卒業予定年の3月末日をもって終了となってしまいますので、学校の卒業までにポイントを使い切っておくかマイルに交換しておくことと次のクレジットカードの目星を付けておくと良いでしょう。

  • 国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3つ
  • 在学中だけ最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • さらに海外ショッピングの利用総額の5%キャッシュバック
  • 年会費は無料
  • 最短3営業日発行が可能
  • 学生専用のお問い合わせ窓口がある
  • 誕生日月はポイント5倍、L-Mall(ポイントアップモール)利用で最大25倍のポイントが貯まる

>> 学生専用ライフカードの詳細・申込はこちら <<

【5位】ディズニーランドやAmazon好きな学生に!ポイントがお得に貯まるJCB CARD EXTAGE

入会資格18歳以上29歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上29歳以下で学生の方。
国際ブランドJCB
年会費無料(ETCカード含)(※1)
利用限度額審査によって決定
使える電子マネーQUICPay
安心ポイント最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
インターネットや紛失・盗難時の不正利用のセキュリティサポート
最高100万円補償のショッピングガード保険(※2)

※1:JCB CARD EXTAGEは初回更新時(5年後)に、自動的にJCB一般カード(ORIGINAL SERIES)へ切り替えになります。切り替え後はJCB一般カードの年会費1,250円+税となり、ポイント制度、その他付帯サービス適用されます。
また、JCB CARD EXTAGEの初回更新時(5年後)前に退会される場合は、カード発行手数料として本会員および家族会員1人あたり2,000円+税がかかります。
※2:海外のショッピング利用時のみ適用されます

「Amazon」「スタバ」「ディズニー」「ハワイ旅行」「nanaco」のどれかに反応する学生なら、JCB CARD EXTAGEがおすすめです。

「Amazon」「スタバ」の利用ではポイント優待が厚く、効率良くポイントを貯めることができますし、「Amazon」に至っては「パートナープログラム」を通して1ポイント3.5円分として交換することができます。
例えばスタバの利用で貯まったポイントをAmazonで利用する場合のポイント還元率は、約2%(1.925%)と非常に高い還元率となります。

また、海外旅行を考えている学生にもぴったりです。
最高2,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)に加え、最高100万円のショッピングガード保険、さらには海外のショッピング利用で貯まるポイントは全て2倍になるという特典まであります。

特にハワイ旅行だとJCBブランドの特典である「ワイキキ・トロリーの無料乗車」「アラモアナセンター等にある店舗での割引」「ラウンジ利用」など、現地で便利な優待サービスが充実していますので、ハワイを夏休みや卒業旅行に考えている学生の皆さんはお得に、存分に、楽しむことができるでしょう。

参考海外旅行の活用術!ハワイ旅行におすすめのクレジットカード3選

  • 年会費は(5年後の初回更新時までは)無料
  • 29歳以下限定のクレジットカードなので、学生向きの審査基準
  • 国際ブランドはJCBだから、国内やアジア圏に強み
  • Amazonでの利用が入会後3ヶ月はポイント5倍、4ヶ月以降はポイント3.5倍
  • スタバでの利用が入会後3ヶ月はポイント7倍、4ヶ月以降はポイント5.5倍
  • 最短3営業日発行が可能
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯していたり海外ショッピングのポイント2倍など、海外旅行サポートが充実
  • 東京ディズニーシー®のオフィシャルスポンサーならではのディズニー券面やキャンペーン・特典が満載
  • 新規入会&利用で最大10,500円分のプレゼントに加え、今ならApple Payの登録&利用で最大5,000円キャッシュバック(期間限定)

>> JCB CARD EXTAGEの詳細・申込はこちら <<

【6位】海外旅行向けサポートが充実!セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

入会資格18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方で、 クレディセゾンの提携する金融機関に決済口座を所有の方
国際ブランドAmerican Express(アメックス)
年会費無料(ETCカード含)(※1)
利用限度額〜150万円
使える電子マネーQUICPay、楽天Edy、iD(※2)
安心ポイント最高3,000万円補償の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯
インターネットの不正利用に対するオンライン・プロテクション
最高100万円補償のショッピング安心保険

※1:26歳になるまで年会費無料。通常は3,000円+税
※2:セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードでチャージできる電子マネーです。カードに付帯はされておりません。

学生にとっては実質年会費無料のクレジットカードで、ここまで手厚い付帯保険があるクレジットカードは他にありません。
短期留学や海外旅行、国内旅行も考えているなら、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを持っておいて損はないでしょう。

おすすめの利用方法としては、三井住友VISAデビュープラスカードやエポスカードをメインカードとして利用し、付帯保険用のセカンドカードとしてセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを利用する方法です。
アメックスブランドを使えるエリアや店舗数を考えると、VISAブランドのカード1枚と併用するのが理にかなっています。

もともとが年会費3,000円+税のクレジットカードですので、手荷物無料宅配サービス海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービスの割引など、海外旅行で助かるサービスが充実しているのも魅力的です。

国内でも西友やロフトの優待利用ができるなど、特に関東圏の学生に取っては嬉しい優待も付帯しているのが特長です。

  • 年会費は26歳になるまでは無料
  • 海外利用ならポイント2倍、旅行傷害保険も国内外ともに最高3,000万円補償が自動付帯
  • 国際ブランドはAmerican Expressだから、保険用のセカンドカードとしておすすめ
  • 海外アシスタントデスクや手荷物無料宅配サービス、海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービスやパッケージツアー優待割引あり
  • 最短即日発行が可能
  • 新規入会でAmazonギフト券2,000円相当のプレゼント(期間限定)

>> セゾンブルーの詳細・申込はこちら <<

 

初めての学生に理解してほしい!クレジットカードの仕組み

学生
やっぱりクレジットカードを持つことを考えると、なんとなく怖いな……。

まねぷれ
なんとなく怖いと思うのは、クレジットカードを知らないからだにゃ。まずは知ることで見えない恐怖を取り除くんだにゃ!

友人のなかには「クレジットカードを使いすぎちゃって、両親に肩代わりしてもらった。」などの声も聞く事があると思います。

クレジットカード自体はとても便利なものである一方で、仕組みや利用方法を誤ると取り返しのつかない事態に発展する恐れがあることを理解していなかったために、そうなる人は一定数いるでしょう。

しかし、クレジットカードについて理解し、ある程度のお金の管理ができていれば、そのような事態に発展することはほぼありません。

おすすめされたクレジットカードでも使いこなさなければ意味がありませんので、「クレジットカードの仕組み」「ショッピング機能とキャッシング機能」、この2つの基礎知識は最低限覚えておきましょう。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組みは、簡単です。
商品やサービスの代金を、クレジットカード会社が一時的に建て替えているのです。

クレジットカード会社はお金を貸すことになりますので、あなたに貸す上限金額を決めておきます。
それが与信(どれだけの用をえられるか)です。

その与信を決定するにあたり、クレジットカードの申込時に審査を行います。
「審査に通った」「審査に落ちた」という話は、それは申込者つまりあなたの与信がどれだけ信用に値するものだったのか(0であれば審査落ち)ということなのです。

さきほどクレジットカード会社は一時的にお金を貸すと説明しましたが、貸してくれる期間は大体60日前後です。
詳しくはクレジットカード会社によって55日だったり65日だったり異なるのですが、具体的なイメージでいうと当月末締めの翌月27日支払いが大抵のケースになります。

この時の支払い方法は、銀行引き落としが原則となります。
登録時に銀行の届け出印が必要になりますので、印鑑は大切に保管しておきましょう。

国際ブランドとは?学生におすすめの国際ブランドを考えてみよう

国際ブランドとは、世界中に加盟店を持つ決済ネットワークを保有する企業のことを指します。
各クレジットカード会社は、これら国際ブランドの決済ネットワークを借りることにより、より多くの店舗やサービスでクレジットカード利用ができるようにしているのです。

国際ブランドは従来より五大ブランドと言われてきましたが、現在はそこに銀聯(UnionPay)が加わり、六大ブランドとも言われております。
なかでもVISAとMasterCardは二大ブランドと言われるほど、この2つで圧倒的なシェアを誇ります。
余談ですが4つの国際ブランドはいずれもアメリカ企業で、JCBは日本にある国際ブランド、銀聯は中国にある国際ブランドとなります。

国際ブランド別の決済流通額

  1. VISA
  2. MasterCard
  3. JCB
  4. American Express
  5. Diners
  6. 銀聯

上図より、学生のみなさんがクレジットカードを作るときは、まずはVISAを選でおけば間違いありません。

クレジットカードはどうして無料で使えるのか

クレジットカードを無料で使える理由

クレジットカード会社は手数料ビジネスによって収益をあげております。
その手数料には、大きく分けて3つあります。

  • クレジットカード会員の支払手数料(分割払い、リボ払い、キャッシングなど)
  • クレジットカードの年会費
  • 加盟店(お店)からの決済手数料(決済金額の2〜10%程度)

発行手数料や年会費を無料で利用できるのも、クレジットカード決済を導入している加盟店(お店)が手数料を負担していたり、一部のクレジットカード会員が年会費または分割払いやキャッシング利用にかかる手数料を支払っているからです。

無料のクレジットカードが増えれば、それだけ利用者が増えます。
利用者が増えると、それだけ決済回数が増えますので手数料収益が増えるのです。

加盟店や一部ユーザーが支払う手数料によって、クレジットカード全会員がポイント還元や様々な優待サービスを受けられるのです。
つまり、手数料を支払わずに、それらサービスを使いこなすのが最もお得であることになります。

クレジットカード会社のビジネスモデルをある程度把握しておくことは、理解促進に繋がりますので、学生の皆さんもクレジットカードは賢く使いこなす側に立てるようにしましょう。

クレジットカードの「ショッピング機能とキャッシング機能」

ショッピング機能とキャッシング機能

クレジットカードには、ショッピング機能の他にキャッシング機能があります。
どちらも予め決められた利用可能限度額で利用するものですが、その利用方法が異なります。

ショッピング機能は建て替え

ショッピング機能は、利用可能限度額内で利用できる建て替え機能です。
つまり、その場で商品やサービスと引き換え、料金を後日支払うというものです。現金での利用は出来ません。

キャッシング機能は現金の引き出し

キャッシング機能もショッピング機能と同様で後日支払うことになりますが、提携ATM等を利用して、少額の「現金」を一時的に引き出すことができます。

その場で現金が手に入りますので、現金決済しか出来ない時に便利です。
ただし、キャッシング機能は金利手数料(実質年率15.0%〜18.0%)が必ず発生します。(※)

学生がキャッシング機能を使う事はほとんどないと思いますが、銀行の送金手数料や為替手数料を考えれば安く済むこともありますので、海外旅行で現地通貨が必要になった時に利用することはあるでしょう。

※:ショッピング機能も分割払いやリボ払いの場合、キャッシング機能同等の金利手数料(実質年率15.0%〜18.0%)が発生します。

クレジットカードを利用する前に、学生が心得ること

ショッピング機能にしろ、キャッシング機能にしろ、学生の皆さんはクレジットカード一時的な借金であることを心得ておかなければいけません。

クレジットカードは、湯水のように使える魔法のカードではありません。

あなたの信用を担保にする事で、利用しているのがクレジットカードなのです。
それを肝に銘じて、クレジットカードを利用するようにしましょう。

 

学生でも持てる?クレジットカードの審査について

クレジットカードの仕組み

男子学生
前章で「クレジットカードは信用を担保にしたものである」とあったけど、大学生にそんな信用あるの?

まねぷれ
信用はこれから築いてもらうんだにゃ!

学生には、社会人と違い定期的な収入がありません。
そのため、利用可能限度額には制限(10万円ほど)を設けることで、安心かつ安全にクレジットカードを利用できるようにしています。

ちなみに、先に紹介したクレジットカードは学生の与信でも申し込めるクレジットカードばかりなので安心してくださいね。

学生の場合、クレジットカードの審査はどんなものになるの?

クレジットカードの審査とは

クレジットカードの審査は、前述したとおり「与信」を決めるものです。与信とはつまり「あなたの信用力」に他なりません。

学生で審査に影響するとしたら、次のケースが考えられます。

  • 自分の名義で契約した携帯電話の2年割(割賦支払い)で、延滞履歴がある
  • (未成年の場合)親の信用履歴に問題がある

例えば、携帯電話の契約内容で2年割(各社で名称は異なるが)というものがあります。
これは割賦販売と呼ばれる分割支払いを指し、クレジットカードと同じ信用履歴が用いられます。

そのため、過去に自分の名義で2年割契約した携帯電話料金の延滞履歴がある場合、クレジットカードの審査に落ちる原因となりえます。

親の了承(了解)だけで済む場合も

インターネットからの入会が増えているせいもあるかもしれませんが、同意書ではなく申込時に電話で「親の了承(了解)」を得るだけで済む場合もあります。

書類に記入もしくはサインをしてもらう必要がないので楽ですが、勤務時間中に電話がかかることもありますので、予め両親にはクレジットカードに申し込むことを相談して申込日も連絡しておきましょう。

信用履歴傷つけないために!学生に注意してほしい3つのこと

気をつけてほしいこと

学生でも未成年でなければ、親の同意または了解なしにクレジットカードに申し込むことは可能です。
そんな学生諸君に注意してほしいことを3つ挙げたいと思います。

1.分割払いやリボ払いをしない

クレジットカードは、時に自分自身が持っている現金よりも多くのお金を使うことが出来ます。
そして、パソコンを買ったり、旅行に出かけたりするときに、ついつい「分割払いで買えば良いか」と考えがちになってしまいます。

お金の管理が出来ない人にありがちなパターンなので、クレジットカードは必ず「身の丈にあった使い方をする」ことです。

どうしても大きな買い物が必要になってしまった場合は、必ず両親にも相談しましょう。

2.利用明細を必ず確認する

今やWeb明細は当たり前です。

アプリを出しているクレジットカード会社もありますので、スマホからの明細確認も容易になりました。
現在どれだけクレジットカードを利用していて、今月と来月はそれぞれどのくらいの支払いが必要なのか、確認する習慣を作りましょう。

3.支払日前に口座残高の確認を

明細を確認する習慣ができても、支払日の当日になって口座残高が不足していれば元も子もないです。
支払日がいつなのか覚えておくのはもちろんのこと、支払日が土日祝日になった場合のルール(大半は休み明けにシフト)も把握しておきましょう。

支払日前になれば、支払金額の確定の連絡が登録しているメールもしくは明細に反映されますので、その日に口座残高の確認をしておくと良いでしょう。

 

学生のニーズ別に比較!適切なクレジットカードの選び方

クレジットカードの選び方

友猫
いくらエポスカードがおすすめだからといって、鵜呑みにすることはできないにゃ〜

まねぷれ
クレジットカードに求めるものは何かにゃ?それがわかれば、比較できるにゃ!

あなたがクレジットカードに求めるものは何ですか?

それが分かれば、おすすめされたクレジットカードを鵜呑みにすることなく、適切に比較し選ぶことができるようになります。

ここでは、次の4つのニーズに分けて比較してみましょう。

  • 海外で安全かつお得に利用したい
  • 出来るだけ早くクレジットカードが欲しい
  • ETCカードが欲しい
  • 普段の買いものをお得にしたい

海外におすすめのクレジットカードは?付帯保険を比較しよう

海外旅行

短期留学、長期期間中の海外旅行、そして一大イベントである卒業旅行。
学生のうちに海外旅行を計画している人も多いでしょう。

海外旅行に持っていくクレジットカードを選ぶならば、次の3点を比較してください。

  • 海外旅行傷害保険が付帯されているか(付帯条件)
  • 付帯保険の補償金額
  • 旅行サービス

冒頭で紹介した6つのクレジットカードで比較してみましょう。

付帯条件補償金額
(最高金額)
旅行サービス
デビュープラスなしなしやや充実
エポスカード自動付帯2,000万円やや充実
楽天カード利用付帯2,000万円充実
ライフカード自動付帯2,000万円やや充実
JCB EXTAGE利用付帯2,000万円充実
セゾンブルー自動付帯3,000万円超充実

 

以上から、海外に持っていくクレジットカードならばエポスカードかライフカードかセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードをおすすめです。

もしくは海外旅行傷害保険の傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、携行品、救援費用の5項目は合算が可能ですので、複数枚持っていくことでより手厚い補償を受けることが出来ます。

自動付帯と利用付帯の違い

海外旅行傷害保険には、自動付帯と利用付帯に分かれます。
利用付帯の場合は、「搭乗する公共交通乗用具(バスやタクシー等)」または、「参加する募集型企画旅行」の料金をクレジットカードで支払うことが適用条件になりますので気をつけましょう。

自動付帯保有するだけで保険適用される
利用付帯旅費の一部をクレジットカードで支払うことで保険適用される

 

海外旅行の強い味方!日本語でサポートしてくれるサポートデスク

言語の通じない国に行くと、コミュニケーション面などすごく不安ですよね。
そんな時に手助けをしてくれるが、クレジットカードの海外サポートデスク(別称:海外アシスタントサービス)です。

クレジットカード会社によってその呼称は異なりますが、主に下記のようなサービスを受けることができます。

  • 飲食店やホテル、タクシーなどの手配
  • その他、レジャーなどの予約
  • 急病や盗難などの緊急サポート
  • 観光スポットなどの案内 などなど

今回紹介しているクレジットカードには全て用意されておりますので、安心して下さい。
利用方法や連絡先となる電話番号は予め確認しておきましょう。

出来るだけ早く手に入れるなら即日発行のクレジットカードを選ぼう

クレジトカードを急いで作る

急にパソコンが壊れてしまって早急に買い替えたい、旅行出発日直前にも関わらずクレジットカードを用意していなかった。

そんなときは、クレジットカードの発行スピードを比較します。

発行期間(最短)
デビュープラス3営業日
エポスカード即日
楽天カード3営業日
ライフカード3営業日
JCB EXTAGE3営業日
セゾンブルー即日

 

できるだけ早く手に入れたいならば、エポスカード化セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードが最短即日発行が可能なのでおすすめですが、どれも最短3営業日以内には発行できるクレジットカードばかりですので、緊急事態ではない限り比較する項目にはならないでしょう。
クレジットカードはじっくり選ぶべきですしね。

ETCカードは無料で追加発行出来るものを!

ETCカードの比較

クレジットカードの追加カードにあるETCカードですが、高速道路を利用する時に大変便利です。
休日割引やアクアライン割引など、ETC限定の割引もありますので活用しましょう。

参考ETC割引がある理由とその種類

クレジットカードの追加カードとして発行できるETCカードのメリットは2つです。

  • クレジットカードの支払いと一緒にまとめられる
  • ポイント付与の対象になる
  • クレジットカードの優待サービスでレンタカーやカーシェアの割引が使える

なかにはクレジットカードの年会費は無料でも、ETCカードの発行手数料や年会費がかかる場合がありますので気をつけましょう。

発行手数料(税抜)年会費(税抜)レンタカー優待
デビュープラス無料500円(※1)海外あり
エポスカード無料無料国内外あり
楽天カード無料500円(※2)海外あり
ライフカード無料無料国内あり
JCB EXTAGE無料無料海外あり
セゾンブルー無料無料海外あり

※1:初年度無料、2年目以降は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料
※2:楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」であれば、年会費無料

ETCカードの有効期限に注意

ETC車載器にETCカードを差し込めばメッセージが流れますが、有効期限が切れていると利用ができません。
利用できないETCカードで料金所を通過することはありませんので、安心して下さい。

なお、クレジットカードの利用可能限度額がいっぱいだとしても、ETCカードは問題なく利用することができます。
おそらく安全性を考慮してのことだと思いますが、利用可能限度額はチェックしておきたいですね。

普段の買いものをお得にするにはポイント還元率を比較すべし!

ポイントが貯まるクレジットカード

女子学生
どうせなら普段利用しているショップでお得になればいいなー。

まねぷれ
お得を比較するときは、ポイント還元率と優待特典をみるといいにゃ!

クレジットカードのお得さを図る指標として、ポイント還元率が挙げられます。ポイント付与率と混同されがちですが、先に比較してから説明したいと思います。(※キャンペーンを排除した通常の付与率を記載)

付与(率)還元(率)有効期限
デビュープラス1,000円=2ポイント
(0.2%)
1ポイント=3〜5円
(0.6〜1.0%)
24ヵ月
エポスカード200円=1ポイント
(0.5%)
1ポイント=1円
(0.5%)
24ヵ月
楽天カード100円=1ポイント
(1.0%)(※)
1ポイント=1円
(1.0%)
12ヵ月
ライフカード1,000円=1ポイント
(0.1%)
1ポイント=5〜6.7円
(0.5〜0.67%)
60ヵ月
JCB EXTAGE1,000円=1ポイント
(0.1%)
1ポイント=3〜5円
(0.33〜0.5%)
24ヵ月
セゾンブルー1,000円=1ポイント
(0.1%)
1ポイント=3〜5円
(0.33〜0.5%)
永久不滅

※:楽天市場利用だと100円=4ポイント

 

ポイント還元率が鍵である理由

上記の表で理解した人もいるかもしれませんが、クレジットカードのお得さを比較するときは、付与率ではなく還元率(マイル還元率を含む)を比較すべきです。

例えば、三井住友VISAデビュープラスカードとエポスカードで貯まるポイントは、どちらもVJAギフトカードへ交換することが出来ますが、その還元率は異なります。

エポスデビュープラス
最小単位500ポイント
(通常利用で10万円分相当)
1,100ポイント
(通常利用で55万円分相当)
交換金額500円5,000円
還元率0.5%0.909%
通常付与率0.5%0.2%

 

その時々で行われるキャンペーンを利用すれば、ポイントの付与率が上がりますので、結果として還元率を引き上げることもできますので、各社で提供しているポイントアップモール(楽天の場合は楽天市場)を活用して還元率をどれだけ高められるかが鍵になるのです。

大学生がAmazon(アマゾン)をお得に使えるクレジットカードは?

大学生となると、普段の生活の中でもAmazonで買い物をする機会が特に多いのではないでしょうか。よく利用するからこそお得に利用したいですよね。そのためにはクレジットカードのポイント制度を理解しておく必要があります。

しかし、クレジットカードのポイント付与率と1ポイントの価値、ポイント交換方法はカードによって異なるので、もっともお得な方法を導き出すのは実に複雑です。そこで、Amazonを利用して、貯まったポイントをもっともお得に利用する方法とその還元率を一覧にしました。

Amazon利用時の
ポイント最大還元率
ポイントUPのコツ還元率が最大となる
活用方法例
デビュープラス1.5%ポイントUPモールを利用する楽天ポイントへ移行
JCB EXTAGE1.75%Oki Dokiランドを利用するnancoポイントへ移行
エポスカード1.0%たまるマーケットを利用するマルイで利用
楽天カード1.0%そのままの利用でOK楽天サービスで利用

 

学生がクレジットカードを選ぶときに気をつけるポイントまとめ

ここまでで一旦クレジットカードの選び方についてまとめておきましょう。

大前提は年会費無料であること、学生専用カードであること(審査基準)

学生のクレジットカード選びの大前提は下記の3点です。

  • 年会費が無料であること
  • 学生専用カードであること(学生向けの審査基準が適用されている)
  • 利用限度額に制限がある

その上で、下記の条件も揃っていればなおのこと良しです。

  • 海外旅行傷害保険が付帯されていること(卒業旅行や短期留学の機会があるため)
  • ポイント還元率が高い
  • 優待割引特典が豊富にある

この条件に合致するのは三井住友VISAデビュープラスカード

上の条件に最も合致するクレジットカードが三井住友VISAデビュープラスカードです。

年会費は無料で利用限度額も10〜30万円と制限されていて、学生専用のクレジットカードと条件を満たしており、なによりセキュリティに重きを置いているクレジットカードであることが学生の皆さんにとって安心できるポイントだと思います。

クレジットカードに求めるものがぼんやりしている学生であれば、とりあえず三井住友VISAデビュープラスカードを持って損はないでしょう。

参考三井住友VISAデビュープラスカードの詳細に戻る

複数枚持ちのススメ

とはいえ、三井住友VISAデビュープラスカードには海外旅行傷害保険が付帯されておりませんので、短期留学や海外旅行を控えている学生にとっては少し頼りないのも事実です。
そこで、当サイトでは次の組み合わせのような複数枚持ちをおすすめしたいと思います。

組み合わせお得な使いかた
デビュープラス

エポス
還元率の高いデビュープラスをメインにして、エポスに付帯する海外保険やマルイのショッピングをはじめとした優待割引を活用する
デビュープラス

楽天
デビュープラスは街中、楽天はネットと使い分ける。楽天は国際ブランドをVISA以外にして、利用付帯の海外保険も活用する
デビュープラス

セゾンブルー
メインカードをVISAブランドのデビュープラスとして使いながら、保険用のサブカードとしてセゾンブルーを利用する
クレジットカードの複数持ちは可能?

初めてクレジットカードを持とうとしている学生の私に、いきなり複数持ちを進めるのかよ!」
と感じた方もいるでしょう。
結論から申し上げるとクレジットカードは複数枚持ちすることが一般的です。

一般社団法人日本クレジット協会のクレジットカード発行枚数調査結果を見ると、平成28年3月末の調査結果では20歳以上の人口比で1人あたり2.5枚保有していることが分かっています。

クレジットカードは1枚だけ全てのサービスや付帯保険を網羅するのが難しいため、国内利用向け・海外利用向け、ヘビーユーズ店舗向け・一般向け等に分けて利用するのが良いでしょう。
その際に気をつけて欲しい点を以下に3つまとめておきたいと思います。

  1. クレジットカードは複数枚同時の申し込みはしない→審査上プラスに働きません
  2. 異なる国際ブランドを持つ→利用できる地域や店舗を広げることができます
  3. 付帯する特典や保険、サービスがなるべく重複しないようにする→よりお得で便利なサービスを手に入れることができます

 

上記の組み合わせは一例ですが、クレジットカードは複数枚持ちすることでかなり手厚いサポートや割引をうけることができます。
先述した海外旅行傷害保険の組み合わせも参考にしてくださいね。

 

学生のクレジットカードの作り方を徹底解説

クレジットカードの作り方

クレジットカードの選び方が分かったところで、クレジットカードの作り方について軽くおさらいしておきましょう。

次の章に現役学生に聞いたQ&Aをまとめていますが、「クレジットカードの申込方法がわからないから怖い」という意見もありました。
申込方法自体は難しいことはありませんので、申し込み手順から簡単に見てみましょう。

クレジットカードの申し込み手順

  1. 選んだクレジットカードに申し込む
  2. 申し込みフォームに虚偽・誤字がないように気をつけて入力する
  3. 申し込み完了メールが、登録したメールアドレスに届く
  4. クレジットカード会社より本人確認の電話が届く
  5. (未成年者の場合は、親に子のクレジットカード申し込みの了解確認の電話も届く)
  6. クレジットカード会社から登録したメールアドレスに審査結果の連絡が届く
  7. 即日発行であれば受取店舗へ、そうでなければ数日後に自宅にクレジットカードが届く
  8. 引き落とし口座登録の用紙を返送する(クレジットカードによっては申込時にインターネット登録できる場合もあり)

 

クレジットカードの申込フォームには、名前や住所、連絡先、住居の形態、家族の構成人数などの様々な項目があります。記入ミスや誤った情報を入力しないように息をつけましょう。(記入漏れ、記入間違いは審査落ちの原因になります)

年収の項目はアルバイトをしていれば前月もしくは直近のアルバイト給与を12倍にした数字で構いません。アルバイトをしていなければ、正直に0と書きましょう。
なお、奨学金は借入に含まれませんので、借入残高の項目に記入する必要はありません。

未成年の場合は親権者の同意欄に親のサインが必要になる場合がありますので、もし提出が必要であればあらかじめ親に相談しておきましょう。

 

現役学生30人に聞いた!クレジットカードの気になる疑問

現役学生30人に「クレジットカードについて分からないこと、知りたいこと」について聞いてみました。
重複している内容もありますので順不同ではありますが、紹介したいと思います。

Q1.クレジットカードの貸し借りはして良い?

男子学生
友達からクレジットカードを貸してと頼まれた。親友だし、貸そうかなと思うが……。

まねぷれ
絶っっっっっ対だめだにゃ!!!!

クレジットカードの所有権はクレジットカード会社

クレジットカードの貸し借りについてですが、そもそもクレジットカードはクレジットカード会社が申込者に貸与しているものです。

そのため、もし誰かに貸した場合は規約違反となり、会員権の剥奪になりかねません。
もっとも、貸したことでトラブルに巻き込まれたとしても、一切の補償を受けることはできなくなると思いますので、決して人に貸すことはしないでください。

Q2.紛失したときの被害が大きそうで怖い

女子学生
もし紛失したら怖いから、クレジットカードは持ちたくない

まねぷれ
クレジットカードは現金よりも安心できると思うにゃ

紛失・盗難補償があるから、現金よりも安全

例えば財布を紛失した、もしくは盗まれた場合、財布や免許証は戻ってくるかもしれませんが、現金を取り戻すことは極めて難しいです。
なぜなら、金額や所有権を証明できるものがないからです。

しかし、クレジットカードならば紛失・盗難の補償制度があります。
紛失・盗難に気づいたらすぐにサポートセンターと最寄りの警察・交番に届け出ることで、届け出日の60日前分の損害が補填されます。

現金だと使われてお終いですが、クレジットカードであれば利用を止められる上に補填もされますので、ある意味、現金よりも安心して利用できるのです。

Q3.クレジットカードの審査基準を教えてほしい

男子学生
審査内容が分かれば、安心して申し込めるのになぁ

まねぷれ
審査内容は各クレジットカード会社で独自で判断するため、正解はないんだにゃ。ただし学生専用は、さらに独自の基準で審査するため、学生なら通りやすいはずだにゃ!

学生専用であれば安心……かも?

クレジットカードの審査内容やその基準が分からないために、不安である学生も多いようです。

クレジットカードの審査基準は、各クレジットカード会社で異なるため、厳しいも甘いもありません。
ただし、学生向けに作られたもの、学生専用のクレジットカードは、学生向けに作られた独自の審査基準を設けているため、いくらかは審査に通りやすいといえるでしょう。

Q4.自分がどれだけ使ったのか分かりにくい

女子学生
結局どれだけ使ったか分かりにくいから、クレジットカードは使いたくない

まねぷれ
それは明細を確認していないからではないかにゃ?

利用すればすぐに反映されるWeb明細

最近は銀行口座でさえ記帳ではなく、インターネットの管理画面で確認できるようになりましたよね。
クレジットカードも同様にインターネットでいつでも確認することが出来ます。

また、利用したらすぐに速報が通知されるようなサービスも無料で使えるため、現金よりも足跡が付きやすく、管理しやすいと思いませんか?

しかし、利用店舗(もしくはサービス)の売上請求日がズレたために、支払日がさらに翌月にもし越される事があります。
そうすると、想定以上に出費が多いなと感じる月も出てくるでしょう。
ただし、それも明細を確認していれば恐くはありません。

日頃から利用金額を把握することが大切です。

Q5.デビットカードはクレジットカードじゃないの?

男子学生
最近テレビCMでデビットカードが紹介されているけど、あれはクレジットカードじゃないの?

まねぷれ
利用できる場所はクレジットカードと一緒だにゃ!けれど、支払い方法が異なるんだにゃ!

デビットカードは銀行口座からリアルタイムで引き落とし

デビットカードは個人の与信(=クレジット)ではなく、銀行口座残高をリアルタイムに確認して決済できるカードです。

銀行口座残高以上の決済金額では使えない上に、使ったその時点でリアルタイムに引き落とされますので、万が一使いすぎるということがありません。

学生であれば年会費無料としているデビットカードもありますし、もし年会費が発生したとしても毎回のATM引き落とし手数料を浮かせることが出来ますのでお得です。

下記の記事でもまとめておりますので、もし時間があるなら読んでみて下さい。

参考60%が用途を知らない!デビットカードを大学生にすすめる理由

 

学生専用のクレジットカード、卒業して社会人になっても使えるの?

女子学生
来年から新卒入社するんだけど、学生専用のクレジットカードはどうなるの?

まねぷれ
一般カードに自動で切り替わるにゃ。不要な場合は早めに手続きしないと年会費がかかる場合があるから、気をつけるにゃ!

学生からの質問のなかでも特にこの質問が多かったので、章を分けて説明したいと思います。

学生専用ライフカードの場合

学生専用ライフカードなら、卒業すると通常のライフカードに切り替わります。
年会費は変わらず無料なので安心ですが、学生専用ライフカードにあった「海外旅行傷害保険の自動付帯」「海外ショッピングの5%キャッシュバック」等の付帯サービスが使えなくなります。

そのため、卒業前には貯まったポイントは全て使い切るようにして、他社のクレジットカードへ乗り換えてしまいましょう。

三井住友VISAデビュープラスカードの場合

三井住友VISAデビュープラスカードは卒業後も25歳まで保有する事ができますが、26歳になると三井住友VISAプライムゴールドカード(もしくはクラシックカード)に自動切り替えされます。

  • クラシックカード:1,250円+税
  • プライムゴールドカード:5,000円+税

三井住友VISAデビュープラスカードの自動切り替え後のカードは、どちらにせよ年会費が発生しますので注意が必要です。(マイ・ペイすリボへの登録+ご利用、もしくは年間300万円以上の利用で翌年度の年会費が無料になります)

JCB CARD EXTAGEの場合

JCB CARD EXTAGEも三井住友VISAデビュープラスカード同様に、更新時に自動で切り替わります。
それも年会費が1,250円+税のJCB一般カードになります。

ただし、JCB CARD EXTAGEからJCB一般カードに切り替わる場合は、利用状況等により年会費無料となる場合もありますので、更新カード送付時のサービスガイドに記載されている内容を確認してから解約するか、他社のクレジットカードに乗り換えるかを決めても良いかもしれません。

クレジットカードの更新時・切替時に注意したいこと

クレジットカードが更新・切り替わる際は、次のように更新されますので、いくつか気をつけなければいけないポイントがあります。

カード更新カード切り替え(券面変更)
クレジットカード番号変更なし変更される
有効期限変更される変更される
セキュリティコード変更される変更される

 

この時に、

  • 新しいクレジットカードが届いたらすぐに裏面にサインを記入する
  • 公共料金やインターネットショッピングのクレジットカード情報も更新する
  • 古いクレジットカードにはハサミを入れて、バラバラにしたのち廃棄する

ようにしておきましょう。
支払情報のクレジットカード情報が古いままだったために、いつの間にか支払い遅延が生じているケースもあります。
利用しているサービスが多れば修正が大変ですが、漏れがないように対応しましょう。

 

学生の皆さんとクレジットカードの付き合い方

クレジットカードの付き合い方

これからクレジットカードと長い付き合いになると思います。
下記の区分けを1つ参考にしてみてはいかがでしょうか?

学生学生向けの
クレジットカードから始める
公共料金支払いから
徐々にクレジット決済に慣れる
23〜29歳目的ごとにお得なカードを
見極め複数枚持ち
店舗や海外旅行に合わせて
クレジットカードを使い分け
30歳〜ステータスカードを
検討する
年会費と優待特典を比較し
お得ならゴールドカードへ

学生にもなれば社会人相応の金銭感覚で、自分の行動に責任を持たなければいけません。
そのためにも、正しい知識と有意義に活用する術を身につけましょう。

その上でクレジットカードを使いこなせば、最大限の利便性(日常のショッピングや海外旅行など)を発揮することができます。

クレジットカードに関する理解を深めた上で、まずは学生向けのクレジットカードから使い始めることが大切です。

学生におすすめの関連記事

参考クレジットカード支払いで節約できる固定費まとめ

参考無印良品を最大20%オフで購入する4つの方法

参考初心者必見!簡単に出来る6つのクレジットカード管理方法

参考海外旅行時に気をつけたいクレジットカードのポイントまとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

大学生がクレジットカードを申し込む際には年収欄はどう記入すればいい?解説します

クレジットカードを申し込む場合には、色々な個人情報を記入する必要があります。年齢

記事を読む

大学生でもETCカードは作れるの?作成方法とETC付きおすすめのクレジットカードを紹介します!

クレジットカードと一緒に発行できるのがETCカード。高速道路の料金所をスムーズに通過

記事を読む

エポス即日大学生

大学生の僕でも1分で審査が完了!?実際のエポスカード申し込みから即日発行までの最速手順

学生である筆者が「エポスカード」を申し込んでみたところ、なんと一分以内に審査が完了し、その日のうちに

記事を読む

学生専用カード

年会費無料で20代・学生専用のおすすめクレジットカード6選と各カードの解説

クレジットカードは18歳(高校生を除く)と初めて発行資格が与えられます。それは、一時的にお金の貸し借

記事を読む

エポスカードの免許合宿

学生限定!エポスカードでお得に免許合宿に行く方法

免許を取る方法は大きく分けて、教習所に通いながら取る方法と合宿で取る方法の2つがありますよね

記事を読む

PAGE TOP ↑