💡最大7,000円相当のPayPayボーナス還元💡

Airペイ(エアペイ )はPasmoを導入できる?できない?

Airペイ

Airペイ(エアペイ)は株式会社リクルートライフスタイルが運営するキャッシュレス決済サービスです。

昨今、クレジットカードやコード決済などのキャッシュレス決済が急激に普及している中で、リクルートが運営するAirペイ(エアペイ)は今後、普及が加速することが予想されます。

そこで、Airペイ(エアペイ)でPasmoは導入できるか、解説していきます。

関連する人気記事

Airペイ(エアペイ)とはどんなサービス?

Airペイ(エアペイ)の基本情報

Airペイ Airペイ(エアペイ)はリクルートグループが運営する決済サービスで、クレジットカード 電子マネー・QRコード決済・ポイントなど多少な決済サービスをまとめて導入できるメリットがります。 今ならiPadとカードリーダーが無料になるキャッシュレス0円キャンペーンを実施しておりますので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日メガバンク:月6回、その他の金融機関:月3回入金タイミングメガバンク:月6回払い、その他の金融機関:月3回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、d払い、PayPay、au PAY、LINE Pay、AliPay、WeChart Pay、交通系電子マネー
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER、Apple Pay、iD、QUICPay
対象外の決済ブランドGoogle Pay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。
また、最近何かと話題のPayPayやLINE PayなどのQRコード決済サービスにも対応済みです。

まだまだ一般知名度は低いAirペイ(エアペイ)ですが、最近はテレビCMでもよく見かけますので、今後はAirペイ(エアペイ)を導入する企業が増えることが予想されますね。

参考Airペイの新CMが公開!新作はラグビー!過去CMも纏めて紹介


Airペイ(エアペイ)を導入するには?

Airペイ(エアペイ)の導入は、公式サイトから申込みすることで簡単にできます。

導入方法を詳しく解説しているので確認してみましょう。

参考Airペイ(エアペイ)とは?使い方や評判まとめ!au PAYにも対応!

Airペイ(エアペイ)でPasmoは導入できる?

早速ですが、Airペイ(エアペイ)Pasmoは導入できます。

カードリーダーにユーザーがPasmoをかざすことで決済が完了します。

また、Airペイ(エアペイ)では、PasmoだけでなくSuicaなどの交通系電子マネーも利用できます。

決済手数料は3.24%かかります。

Apple Payは導入できる?

Airペイ(エアペイ)を導入すると、Apple Payも導入可能です。

ただし、決済手数料は3.74%ですので注意が必要です。

iDは導入できる?

Airペイ(エアペイ)は、iDに対応しています。

QUICPayは導入できる?

Airペイ(エアペイ)は、QUICPayに対応しています。

Google Payは導入できる?

Airペイ(エアペイ)は、Google Payは導入できません。

nanacoは導入できる?

Airペイ(エアペイ)は、nanacoは導入できません。

WAONは導入できる?

Airペイ(エアペイ)は、WAONも導入できません。

電子マネー決済の手数料

QRコード決済の手数料は、決済方法により異なりますので下記を確認しましょう。

サービス決済手数料
Suica3.24%
Pasomo3.24%
manaca3.24%
ICOCA3.24%
SUGOKA3.24%
nimoca3.24%
はやかけん3.24%
iD3.74%
Apple Pay3.74%
QUICPay3.74%

クレジットカード決済は導入できる?

Airペイ(エアペイ)では、クレジットカードを導入できます。

ただし、クレジットカード決済手数料は国際ブランドによって異なります。

決済手数料の一覧を確認しましょう。

国際ブランド決済手数料
VISA3.24%
Mastercard3.24%
アメックス3.24%
JCB3.74%
ダイナース3.74%
DISCOVER3.74%

QRコード決済は導入できる?

Airペイ(エアペイ)では、QRコード決済も導入できます。

決済手数料は一律3.24%かかります。

Airペイ(エアペイ)以外のキャッシュレス決済サービスは?

square
(スクエア)
Airペイ
(エアペイ)
STORES決済
(旧Coiney)
Times Pay
(タイムズペイ)
楽天ペイ
運営会社Square(株)リクルートライフスタイルコイニー (株)パーク24(株)楽天ペイメント(株)
QRコード決済×PayPay
LINE Pay
d払い
××楽天ペイau Pay
国外QRコード決済×WeChat Pay
Alipay
WeChat Pay××
QRコード決済の手数料×3.24%3.24%×3.24%
電子マネー決済×Apple Pay
iD
QUICPay
Suicaなど交通系電子マネー
Suicaなど交通系電子マネーWAON
nanaco
Suicaなど交通系電子マネー
楽天Edy
nanaco
Apple Pay
iD
QUICPay
Suicaなど交通系電子マネー
電子マネー決済の手数料×交通系:3.24%
Apple Pay,iD,QUICPay:3.74%
3.24%3.24%楽天Edy,nanaco,WAON,交通系電子マネー,Apple Pay,iD,QUICPay:3.24%
利用可能なクレジットカードVISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
セゾンカード
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
クレジットカード決済手数料JCB以外:3.25%
JCB:3.95%
VISA,Mastercard,アメックス:3.24%
JCB,ダイナース,DISCOVER:3.74%
VISA,Mastercard,アメックス,セゾン:3.24%
JCB,ダイナース,DISCOVER:3.74%
VISA,Mastercard:3.24%
アメックス,JCB,ダイナース,DISCOVER:3.74%
VISA,Mastercard,アメックス,JCB,ダイナース,DISCOVER:3.24%
初期費用実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料
月額固定費無料無料無料無料無料
入金サイクル翌日(三井住友、みずほ銀行)
週1回(三井住友、みずほ以外)
メガバンク:月6回
その他の金融機関:月3回
月6回1日から15日:当月末日
16日から当月末日:翌月15日
翌日(楽天銀行)
翌営業日(楽天銀行以外)
振込手数料無料無料売上合計10万円未満:200円
売上合計10万円以上:無料
無料無料(楽天銀行)
210円(楽天銀行以外)
申込み方法HPより申込みHPより申込みHPより申込みHPより申込みHPより申込み
利用開始までの日数最短翌日1週間〜1ヶ月1週間前後1ヶ月程度1週間前後
対応端末iOS,AndroidiOSのみiOS,Android専用端末iOS,Android
レシート発行×××プリンター提供×
分割払い××2回払い
リボ払い
※coineyターミナルでVISA,Mastercardのみ
分割払い
リボ払い
×

キャッシュレス・消費者還元事業で決済手数料をお得に

2019年10月1日から始まるキャッシュレス・消費者還元事業に登録すると、決済手数料を実質2.16%に下げることができます。

この機会に、キャッシュレス・消費者還元事業することをオススメします。

参考キャッシュレス消費者還元事業(ポイント還元事業)とは?2020年6月30日(火)まで

Airペイ(エアペイ)導入のまとめ

日本政府では2019年10月の消費税増税時に、キャッシュレス決済に最大5%分を還元する優遇策を検討しており、Airペイ(エアペイ)をはじめとするキャッシュレス決済サービスがその主役になることが期待されています。

まだまだ利用店舗が限られているAirペイ(エアペイ)ですが、今後は利用できる幅が広がっていくことが予想されますので、導入を検討されている方は今が絶好の導入タイミングになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください