【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

キャッシングがおすすめのクレジットカードとは?初心者でも安全にキャッシングする方法

キャッシングがおすすめのクレジットカードとは

「今月の生活費、切り詰めたとしてもちょっと厳しい……」
「どうしても欲しいものがあるんだけど、今買わないと売り切れちゃうよな……でも手持ちがないな。」
「クレジットカードの支払いが近づいてるけど、残高足りないかも……」

そんな時に助けてくれるのがキャッシングサービスです。

キャッシングサービスを提供しているのは大きく分けて「クレジットカード会社」「消費者金融」「銀行」の3つがあります。

その中から、どこのキャッシングを使えばよいのか、特に初心者の方からすれば何を基準に考えればいいのか難しいですよね。

そこで、今回はこれからお金を借りようと考えている方のために、キャッシングのおすすめを紹介したいと思います。

目次

キャッシングのおすすめはクレジットカードを挙げる理由!消費者金融との違い

キャッシングのおすすめするときに、まずクレジットカードを推奨するには訳があります。

クレジットカードのメリット
  • 即日キャッシングができる
  • 海外キャッシングができる
  • キャッシング以外の特典も豊富
  • 学生(未成年)でも利用可能
  • 消費者金融と金利(実質年率)に大きな差がない

田代

手軽で安心、かつキャッシング意外にも使えるという点ではクレジットカードをおすすめしたいと思います。

消費者金融や銀行のデメリット

  • 海外キャッシングができない
  • 消費者金融のイメージが良くない
  • (銀行の場合)審査が遅い&厳しい
  • (銀行の場合)即日キャッシング不可

上記のデメリットがあることから、特に初めてキャッシングを利用する人にはクレジットカードのキャッシングのほうがおすすめであることが分かるのではないでしょうか?

「クレジットカードのデメリットとして金利の高さがあるのでは?」という疑問を持つ方もいるかもしれませんが。消費者金融の金利(実質年率)はさほど変わりませんので入れませんでした。

ただし、即日キャッシングできるカードが一部に限られるてしまうという点においては消費者金融のほうが選択肢があって良いかもしれません。

即日キャッシングにおすすめのクレジットカード2選

すぐに作れるクレジットカードでキャッシングしたい方におすすめなのは、ACマスターカードセゾンカードインターナショナルの2種類です。

参考即日発行できるクレジットカード比較【2019年最新】今すぐ受け取る方法と失敗しない選び方

受け取り店舗数は日本一のACマスターカード

年会費無料
申込資格20歳〜69歳
発行時間最短30分審査
国際ブランドマスターカード
ACマスターカードの特徴
  • 最短30分審査&最短即日発行可能!全国に600ヶ所以上(2018年12月現在)ある自動契約機(むじんくん)は8:00~22:00( ※年中無休、年末年始は除く)で受取可能
  • ショッピング利用時のリボ払い手数料の実質年率"10.0%~14.6%"は業界最安
  • 利用金額の0.25%が請求から割引されるキャッシュバックあり
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループの信頼と実績
  • 学生・主婦(専業主婦不可)・パート・アルバイトも申し込みOK!!(いずれも20歳以上で安定した収入がある方が対象)

日本で初めて即日発行を始めたセゾンカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
セゾンカードインターナショナルの特徴
  • 毎月第2・第4日曜日はAmazon利用のポイントが5倍
  • 毎月第1・第3土曜日西友・リヴィンの買い物が5%オフ
  • セゾンポイントモール経由ならポイントが最大30倍
  • 有効期限が無期限の永久不滅ポイント
  • ETCカードも即日発行!発行手数料&年会費は無料
注意
来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

田代

入会後に電話・インターネットから申し込めば最短数十秒でセゾンカードで設定した引き落とし口座に希望の金額を振り込みするサービスもあります。(振り込み手数料無料)

参考クレジットカードを即日発行できる店頭とは?その場で作れるクレジットカードと受け取り方法

海外キャッシングにおすすめのクレジットカード3選

そもそも消費者金融のキャッシングは国内専用なので、海外キャッシングしたい方にはこちらの3枚のクレジットカードが必須ではないでしょうか?

年会費無料で海外保険が自動付帯するエポスカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA
もれなく8,000円分のポイントもらえる入会キャンペーン
  1. 新規入会で2,000円分のエポスポイント(店頭受け取りの場合はクーポン)
  2. 各種登録&利用で最大6,000円分のエポスポイント
エポスカードの特徴
  • レストラン、居酒屋、カフェ、美容院、カラオケでの割引や遊園地、水族館など全国10,000店舗以上の優待特典
  • 全国のマルイ店舗で受け取れる即日発行サービス
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 初回キャッシング利用は30日間金利0円で利用可能
  • 「マルコとマルオの7日間」は10%オフでショッピング

田代

「初回利用から最大30日間金利0円」と「国内ATM手数料の無料化」がウリです。

海外利用でポイント2倍、国内外の旅行保険も充実したセゾンブルー

年会費26歳まで無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドアメックス
入会&利用で最大8,000円相当もらえる
  1. 入会翌々月末までにショッピング5万円(税込)以上利用すれば永久不滅ポイントで5,000円相当(1,000ポイント)
  2. 入会翌々月末までに1回以上のキャッシング利用で永久不滅ポイントで1,500円相当(300ポイント)
  3. 入会翌々月末までに家族カードの入会で永久不滅ポイントで1,500円相当(300ポイント)
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴
  • 即日発行ができるアメックス
  • 最高3,000万円補償の海外/国内旅行傷害保険が付帯
  • 海外アシスタンスデスクや手荷物無料宅配サービスなどトラベルサービスが充実
  • ETCカードも即日発行可能!発行手数料&年会費無料
  • 毎月月末の金土日はロフトのショッピングが5%オフ
注意
※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。
※年会費は初年度無料。通常年会費は3,000円+税。

タイならJCBカードのキャッシングがおすすめ

年会費永年無料
申込資格18歳〜39歳
発行時間最短3営業日
国際ブランドJCB
ポイントアップ&最大8,000ポイント入会キャンペーン
  1. 入会月の翌々月末までポイント4倍
  2. 家族カード同時申し込みで最大2,000ポイントプレゼント
  3. さらに、友達紹介で最大6,000円分プレゼント
JCB CARD Wの特徴
  • WEB入会&18歳〜39歳限定のJCBカード
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • QUICPay一体型のクレジットカード
  • 女性向け特典のあるJCB CARD W plus Lも

タイでキャッシングにおすすめなクレジットカードは、JCBカードです。

その理由は、JCBはBangkok Bankのキャシング手数料が無料になるためです。

外貨両替の手数料は意外と高いので、タイなら海外キャッシングを活用したほうがお得かもしれませんね。

学生のキャッシング利用におすすめのクレジットカード2選

学生がキャッシングを使うには、アルバイトは派遣など自身で稼ぎがあることが前提になります。それは消費者金融も同じなので、まずは収入が0でも作れる学生カードを作って実績を作ると良いでしょう。

学生向けのカードでキャッシング金利が低い学生専用ライフカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
学生専用ライフカードの特徴
  • 海外のショッピング利用額の5%がキャッシュバック
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 初年度からポイント1.5倍!翌年以降も年間利用額に応じて最大2倍
  • 誕生月はETCカード利用も含めてポイント3倍
  • フリーコールで相談できる学生専用の問い合わせ窓口も設置

キャッシングの上限金利が低いMUFGニコスのイニシャルカード

年会費無料(※)
申込資格18歳〜29歳
発行時間最短翌営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
MUFGイニシャルカードの特徴
  • 入会3ヵ月間ポイント3倍!4ヵ月目以降も海外利用分は2倍
  • 18~29歳限定だから審査基準も新社会人や学生向き
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が付帯
  • 学生なら年会費無料(通常1,250円+税、年20万円以上利用で翌年会費無料)
  • ショッピング保険、不正利用の補償もついて安心
注意
※年会費は初年度無料、年20万円以上利用で翌年も無料。在学中は年会費無料

学生がキャッシング利用をしたいならアルバイトなどの収入は必要

まず、原則としてキャッシング枠は総量規制の対象となるので、収入が必要となります。

学生も当然含まれますので、たとえ学生向けのクレジットカードが年収0円で作れたとしても、キャッシング利用には年収(収入を証明できるもの)が必要になりますので、覚えておきましょう。

たとえ収入があっても、審査の判断は会社で異なる

たとえ収入がある学生でも、実際にキャッシング枠が付与されるかどうかは、カード会社の審査基準によって異なります。

申し込み時点で明確に基準を示している2つの例を紹介したいと思います。

キャッシング利用の申し込み資格
  • 三井住友VISAデビュープラスカード:クレジットカードの発行条件を満たしていればキャッシング枠のを設けることも可能
  • エポスカード:クレジットカードの申し込み条件は「18歳以上(高校生を除く)」だが、キャッシング枠は「20歳以上のエポスカード会員」

学生に付与されるキャッシング限度額は多くても10万円

大学生でもキャッシング枠を利用できることはできますが、利用限度額をかなり少額です。

例えば三井住友VISAデビュープラスカードは5万円、学生専用ライフカードは10万円と決まっていたりしますので、キャッシング枠の限度額で選びたい学生は参考にしてください。

参考学生でもクレジットカードのキャッシング枠は利用できる?もしものために徹底解説します。

未成年でもキャッシングできる唯一の方法がクレジットカード

消費者金融のキャッシングは原則20歳以上ですが、クレジットカードだと、親の同意が必須とはありますが18歳以上から持つことができます。

そういう意味では、クレジットカードは未成年でもキャッシングを利用できる唯一の方法かもしれません。

ただし、何度も繰り返しになりますが、収入があることは大前提となりますし、だからといって必ず審査に通るわけではない、ということは肝に銘じておいてください。

キャッシングがおすすめの銀行カードローンとは

今や銀行のカードローンは過剰な貸付により、自主規制が厳しくなっており、以前ほどなかなか借りられなくなりました。

参考カードローン、9割の銀行が融資上限 金融庁調査

田代

以前ほど「〇〇の銀行カードローンがおすすめ!」と言い難い状況になりましたので、元楽天出身の僕は楽天銀行カードローンを贔屓したいと思います!

  • 金利は年1.9%〜14.5%(※1)
  • 利用限度額は最大800万円
  • 必要書類が少ないから最短即日融資も!(※2)
  • アルバイトもOK!(※3)
  • 入会でもれなく1,000円相当の楽天ポイントもゲット!
注意
※1. 詳細は借入利率
※2.平日0:10〜14:45までのお申込みであれば当日の振込が可能
※3. 専業主婦・学生の方は、お申込みいただけません。また、税込年収300万円以上が目安となります。

キャッシングするなら消費者金融をおすすめする理由!

「どうしても今月を切り抜けなければいけない」
「急な入り用でお金が必要になった」

キャッシング利用するなら、より手軽にお金を借りられる消費者金融がおすすめです。

  • 即日審査&即日融資が可能(銀行カードローンは不可)
  • 最大30日間の無利息期間がある円

田代

特におすすめする消費者金融はプロミスとアイフルです。

プロミスは無利息期間の開始日を選べる

プロミス

審査時間最短30分
融資時間即日融資
借入限度額1万円~500万円
金利
(実質年率)
4.5%~17.8%
特長30日間無利息サービス
申込資格
満20歳~69歳迄で、ご本人に安定した収入がある方(パート・アルバイトもOK)
注意
30日間無利息サービスは「プロミスをはじめてご利用いただくお客さまのうち、メールアドレスをご登録のうえ、Web明細をご利用いただく方」が対象

プロミスはの最大の特徴は無利息期間にあります。

他社キャッシングの無利息期間は「初回契約の翌日から」起算されることが多いのに対し、プロミスは「初回利用の翌日から」起算されるのです。

契約後すぐに使うことがなくても無利息期間が残るのは嬉しいですよね。そのため、もしもの時のためにとりあえず契約だけしておくようなことも可能です。

プロミスは三井住友フィナンシャルグループであるため、三井住友銀行内のローン契約機を利用することも可能です。

アイフル!電話連絡で審査時間を短縮に

アイフル

審査時間最短30分
融資時間即日融資
借入限度額800万円
金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
特長はじめての方なら最大30日間利息0円
申込資格
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方※アイフルの基準を満たす方

アイフルでは、ネット申し込み後にオペレーターへ急いでいる旨を伝えると審査時間を短縮してくれるサービスがあります。

ネット申し込みの場合、いくら審査時間が早いとはいえ、いつ終わるのかわからなく不安になることも少なくないでしょう。

その点、アイフルではオペレーターに直接急いでることを伝えて、審査を優先してくれるので安心感があります。

最大30日間の無利息期間もあり、アイフルの場合は初回契約の翌日から30日間となっています。

クレジットカードのキャッシングの利用とその仕組みについて

キャッシングを利用する前に仕組みについて理解しておきましょう。

大事なのは「キャッシング枠の範囲内で使える」「キャッシング枠はショッピング枠の中にある」ことです。

これらを把握しておかないと、いざという時に利用できない可能性があります。

クレジットカードのキャッシング枠の範囲内で使える

クレジットカードには「キャッシング枠」が設けられており、キャッシング枠の範囲内で利用が可能です。

キャッシング枠とは「現金を借りられる枠」のことであり、クレジットカードを申し込みする際に上限金額を希望し、審査によって枠が決められます。

キャッシング枠があることで、急にお金が必要になった場合にもスムーズに対応ができます。

当然ですが、キャッシング枠以上の金額を利用することはできません。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の中にある

1つ注意しなければならないのが「キャッシング枠はショッピング枠に含まれている」ということです。

そのため、ショッピング枠よりキャッシング枠が大きいことはありません。

たとえば、ショッピング枠が50万円でキャッシング枠が20万円のクレジットカードで、40万円買い物した場合(ショッピング枠40万円使用)、キャッシング枠は10万円になります。

キャッシング枠はショッピング枠に含まれるため、どれだけショッピング枠を使用するかで、利用できるキャッシング枠も変わってきますので注意が必要です。

また、キャッシング枠を利用することで、ショッピング枠も変わりますので計画的に利用する必要があります。

クレジットカードのキャッシング枠は増額(増枠)できる

「クレジットカードのキャッシング枠が10万円しかない。。」など、キャッシング枠が少なくて困っている人も、キャッシング枠の増額は可能ですので安心です。

ただし、キャッシング枠の大きさはクレジットカード契約者の信用力によって決まりますので、誰もが増額できるわけではありません。

クレジットカードのキャッシング枠の増額のためには、クレヒスを積むこと

前述のとおり、キャッシング枠の大きさは契約者の信用力に左右されますので、増額のためには優良なクレジットヒストリーを積み信用力を高める必要があります。

クレジットヒストリーとはクレジットカードの利用履歴のことで、契約者の支払い状況などを確認することができます。

「長期にわたり滞りなく・問題なく支払いをしている」という優良なクレジットヒストリーがある顧客は、クレジットカード会社にとって優良客であり信用もあります。

そのため、優良なクレジットヒストリーを積んでいる人であれば、契約者から増額申請しなくても、クレジットカード会社の方から増額提案されたりします。

逆にクレジットヒストリーに問題がある人は、増額は厳しいです。

クレジットカードの増額申請は自分からしない方がいい

キャッシングの増額は可能ですが、増額できる場合は、基本的にクレジットカード会社から増額提案されるものです。

そのため、自分からクレジットカード会社に増額申請をしても審査に通る可能性は低いと考えておきましょう。

自分から増額申請をすることで「お金に困っている人」というマイナスな印象がつく可能性もあるため、極力、自分から増額申請はしない方がいいです。

クレジットカード会社から増額の提案がくるまで、ひたすら優良なクレジットヒストリーを積んでいくのが増額のための近道であり、賢明な方法です。

クレジットカードのキャッシンング利用枠を増やすよりカードローンの方がいい

キャッシング利用枠を増額して多くのお金を借りるのもいいですが、カードローンを利用するのも1つの手です。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の一部であり、そもそもクレジットカードは、お金を借りることに特化したものではありません。

お金を借りるのが目的であれば、新規でカードローンに申し込みをした方が、多くの金額借りられる可能性があります。

1つの選択肢としてクレジットカードのキャッシング枠増額より、新規のカードローンを検討してみてもいいでしょう。

キャッシングがおすすめされる良さとは

お金を借りるのが目的の際は、カードローンを利用するという選択肢もあるなかで、クレジットカードのキャッシングを利用する良さ・メリットはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、クレジットカードのキャッシングを利用する主な2つの良さ・メリットについて見ていきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠は、お金に困ったときにすぐ使える

クレジットカードのキャッシングの良さ・メリットは「お金に困った際にすぐに使える」ことです。

「急に現金が必要になった」という場合も最寄りのATMや口座振込みにて、すぐにお金を借りて使うことができます。

クレジットカードを申し込みする際、キャッシング枠を0円で申請している場合は利用ができませんが、そうでない場合はキャッシング枠がついています。

枠が少額の可能性もありますが、キャッシング枠の範囲内であればいつでも借りられるため、万が一の際も安心です。

お金が必要になる、もしくは、お金が足りなくなる可能性がある人は、クレジットカードのキャッシングがおすすめです。

クレジットカードのキャッシング枠は、海外での利用がお得

クレジットカードのキャッシングが利用できるのは国内だけではありません。

キャッシングは海外でも利用ができます。

クレジットカードのキャッシングは、海外のATMを使って簡単に現地通貨(ドルなど)の借入れが可能で、空港などの両替所を利用するより手数料も安くお得です。

「お土産の買いすぎで現金が足りなくなってしまった」「現金がないと不安だからもう少し手元に準備しておきたい」など、海外旅行の最中に現金が足りなくなったとしても、キャッシングが利用できるため安心です。

海外でもキャッシングはおすすめされるが……覚えておきたい海外キャッシングの注意点

クレジットカードのキャッシングは海外でも利用ができるため、お金がなくて困ったときに助かります。

ただし、海外キャッシングを利用する際は注意点もあります。

注意点を知らずに使っていると、後々困ったり後悔してしまう可能性があるため、事前に把握をしておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠は、返済方法が変わる可能性がある

クレジットカードで海外キャッシングをする際の注意点の1つは「返済方法が変わる可能性がある」ことです。

通常、日本国内でクレジットカードのキャッシングを利用すると、返済方法は一括払いかリボ払いから選択できます。

しかし、海外キャッシングの場合は、クレジットカード会社によって返済方法が予め決まっていますので返済方法を選択することはできません。

たとえば、三井住友VISAカードやジャックスカード、ANAカード、JCBカードなどは「一括払い」と決まっており、イオンカードやオリコカードは「リボ払い」と決まっています。

「リボ払いと思って使っていたら一括払いで請求額が大きかった」「利息をかけたくないと一括払いのつもりでいたらリボ払いだった」など、事前に返済方法を把握しておかないと痛い目に遭ってしまいます。

クレジットカードの海外キャッシングを利用する場合は、十分に注意しましょう。

ショッピング枠を使いすぎるとクレジットカードのキャッシング枠は、利用できない

クレジットカードの海外キャッシングを利用する際は、ショッピング枠の使いすぎに注意しなければなりません。

これは、海外に限らず国内でも同じことが言えますが、キャッシング枠はショッピング枠に含まれているため、ショッピング枠を使いすぎるとキャッシング枠がなくなってしまい、お金が必要なときにキャッシングができなくなってしまいます。

特に海外旅行の際は、気持ちも大きくなって普段はしないような高額な買い物をするなど、財布も緩みがちです。

海外旅行に行く際は、ショッピング枠・キャッシング枠がそれぞれいくらあるのかを把握したうえで、ショッピング枠を使いすぎないよう注意しましょう。

キャッシングはカードローンよりおすすめ?

クレジットカードのキャッシングとカードローンではどのような違いがあるのでしょうか。

どちらもメリットがあるので、シーンによって使い分けたり、自分の状況に合った方を利用しましょう。

大手キャッシンング会社の金利は、クレジットカードのキャッシングよりも安い

クレジットカード会社のキャッシングの金利は15.0%〜18.0%が多く、カードローン会社の金利は3.0%〜など幅広いです。

どちらも、少額利用の際は高金利、高額利用の際は低金利が適用される傾向がありますが、全体的に見てクレジットカードのキャッシング金利よりも、カードローンの金利の方が低めです。

三井住友VISAカード 15.0%〜18.0%
楽天カード 18.0%
ジャックスカード 18.0%
エポスカード 18.0%
イオンカード 7.8%〜18.0%
ライフカード 15.0%〜18.0%
オリコカード 15.0%〜18.0%
ANAカード 15.0%〜18.0%
ニコスカード 14.94%〜17.94%

三井住友銀行 4.0%〜14.5%
三菱UFJ銀行 1.8%〜14.6%
みずほ銀行 2.0%〜14.0%
住信SBIネット銀行 0.99%〜14.79%
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 3.0%〜18.0%
SMBCモビット 3.0%〜18.0%

即日キャッシングならクレジットカードよりもカードローンの方が向いている

キャッシング枠のあるクレジットカードが手元にある場合はすぐにキャッシングを利用できるのでいいですが、キャッシング枠のあるクレジットカードが手元にない場合は、カードローンの方が素早く対応できます。

なぜなら、キャッシング枠付きのクレジットカードを申し込みすると、審査後クレジットカードが届くまでに1週間程度かかるケースが多いです。

しかし、カードローンであれば、即日発行も可能で、最短即日でお金を借りることができます。

手元にどちらのカードもない場合に、即日キャッシングをするのであればカードローンの方が向いています。

サービスが充実しているのはクレジットカードよりもカードローン

カードローンはお金を借りることに特化していることもあり、サービスが充実しています。

主なサービスとしては「無利息サービス」があり、初回利用時に一定期間、利息0円で利用が可能です。

上手く活用すれば、大変お得に利用できます。

海外利用が目的ならクレジットカードのキャッシング一択

海外でキャッシングをしたい場合は、クレジットカードのキャッシングがおすすめです。

カードローンの場合は、現地でお金を引き出し両替する必要があります。

クレジットカードのキャッシングは、手数料が両替するよりも安いため、カードローンを利用するより遥かにお得です。

お金を借りれる方法のおすすめがキャッシング

クレジットカードのキャッシングは、簡単にお金を借りることができます。

電話やネットを介した借入れも可能ですが、ここでは、最も身近なキャッシング方法とも言えるATMを使ったキャッシング方法について紹介します。

非常に簡単かつスピーディーに借入れが可能ですので、キャッシングが必要になったときのために覚えておきましょう。

尚、セブン銀行やローソンATM、E-net、ゆうちょ銀行、イオン銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行のATMで、大抵のクレジットカードキャッシングが利用できます。

クレジットカードを挿入し「引き出し」を選択

提携金融機関のATMやコンビニATMなどに、クレジットカードを挿入して「引き出し」を選択します。

クレジットカードの暗証番号を入力

暗証番号入力画面になりますので、間違いのないよう入力します。

返済方法を選択

返済方法を「1回払い」「リボ払い」から選択します。

借入金額の入力

希望の借入金額を入力すれば、現金が引き出せます。返済計画を立てたうえで無理のない金額を利用しましょう。

キャッシングがおすすめと言えど借りたお金はきちんと返済しよう

国内でクレジットカードのキャッシングを利用した場合は、返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択できます。

どちらも元本+利息の返済が必要で、利息を最小限に抑え早く返し終えたい場合は1回払い、毎月の負担を軽くして少しずつ返済したい場合はリボ払いなど、返済ペースや返済総額など大きく異なります。

クレジットカードのキャッシングは、1回払いがお得

1回払いの方が利息が少なく、返済総額も抑えられるためおすすめです。まとまった返済資金は必要になりますが、リボ払いで返済するよりも遥かにお得です。また、クレジットカード会社によっては、1回払いには利息がつかない場合もあります(セディナカードなど)。

クレジットカード会社によって異なりますが、利用した翌月に指定口座から引き落とされます。
例)楽天カード 月末締めで翌月27日に引き落とし

1回払いで返済できるときは、リボ払いではなく1回払いで完済をしましょう。

クレジットカードのキャッシングリボ(リボ払い)とは?

リボ払いの場合は、キャッシングの借入残高に応じて毎月一定金額(元本+利息)が、引き落とされます。毎月の返済額はラクになりますが、多くの利息がかかり、総返済額も大きくなりますので注意が必要です。

できることなら、1回払いで返済をして利息を抑えるようにしましょう。

たとえば、楽天カードのキャッシングの場合は、下記のとおりです。

「融資残高が20万円以下」
キャッシング利用可能額が50万円以下の方:最低支払元金8,000円
キャッシング利用可能額が50万円超の方:最低支払元金10,000円「融資残高が20万円超50万円以下」
キャッシング利用可能額が50万円以下の方:最低支払元金10,000円
キャッシング利用可能額が50万円超の方:最低支払元金20,000円「融資残高が50万円超100万円以下」
キャッシング利用可能額が50万円超の方:最低支払元金20,000円

「融資残高が100万円超」
キャッシング利用可能額が50万円超の方:最低支払元金40,000円

融資残高10万円以下:最低支払元金3,000円
融資残高10万円超20万円以下:最低支払元金6,000円
融資残高20万円超50万円以下:最低支払元金10,000円
融資残高50万円超100万円以下:最低支払元金20,000円
融資残高100万円以超:最低支払元金40,000円

キャッシングはATMを使った先取り返済がおすすめ

クレジットカードでキャッシングをする場合は、1日でも早く返済をした方がお得です。
なぜなら、利息は「利用残高×実質年率÷365日×利用日数」で計算するため、利用日数が長くなるほど利息が増えてしまいます。

たとえば、利用金額が1万円で実質年率18.0%、30日後に返済する場合は「1万円×18.0%÷365日×30日」で利息は147円となりますが、返済までの期間が短くなると下記のように利息は減ります。

ATMを使った先取り返済をして1日で早く返済するようにしましょう。

返済日が30日後:利息147円
返済日が25日後:利息123円
返済日が20日後:利息98円
返済日が15日後:利息73円
返済日が10日後:利息49円
返済日が5日後 :利息24円
返済日が30日後:利息739円
返済日が25日後:利息616円
返済日が20日後:利息493円
返済日が15日後:利息369円
返済日が10日後:利息246円
返済日が5日後 :利息123円
返済日が30日後:利息1,479円
返済日が25日後:利息1,232円
返済日が20日後:利息986円
返済日が15日後:利息739円
返済日が10日後:利息493円
返済日が5日後 :利息246円

キャッシングはおすすめだけど計画性と使いすぎに注意!なぜなら手数料(金利)がかかるから

クレジットカードのキャッシングは手数料(利息)がかかります。

「利息はいくらぐらいかかるのか」「利息はいつ発生するのか」など、利息に関することを把握し、シミュレーションできるようにしておきましょう。

クレジットカードのキャッシングで手数料(利息)の計算方法は?

先述のとおり、キャッシングの利息を計算する際は「利用残高×実質年率÷365日×利用日数」で算出します。

「利用残高×実質年率÷365日」の計算により1日あたりの利息が算出でき、1日あたりの利息を利用日数で掛け合わせることで、利用期間の利息が計算できます。

仮に日割りではなく、月割りで計算したい場合は「利用残高×実質年率÷12ヶ月×利用月数」で計算をします。

基本的には日割りで利息計算をするクレジットカードキャッシングが多いですが、事前に日割りか月割りかを確認して、どれくらいの利息がかかるか計算をして把握したうえで利用するようにしましょう。

クレジットカードのキャッシングで手数料(利息)が発生するタイミング

利息が発生するのは、基本的にクレジットカードキャッシングを利用した翌日からです。

借入れをして翌日から返済日の当日まで利息がかかりますので、しっかりと把握しておきましょう。

仮に、クレジットカードキャッシングを利用したその日に完済した場合は、利息はかかりません。

また、エポスカードのようにクレジットカードによっては、「キャッシング利息が最大30日間無料(初回利用時のみ)」などの無利息期間が設けてある場合もあります。

この場合は、一定期間利息は発生しませんので、利用予定のクレジットカードキャッシングの利息発生タイミングについても事前に確認をしておくことをおすすめします。

クレジットカードのキャッシング前に返済計画を

クレジットカードのキャッシングを利用する前に、必ず返済シミュレーションをするようにしましょう。

「◯◯万円をキャッシングして△日後(ヶ月後)までに返済する場合は□□円になる」など、利用金額・利用日数から利息と返済総額を計算し、無理なく返済できる範囲なのか確認をして、現実的で具体的な返済計画を立てたうえで利用するようにしてください。

キャッシングをおすすめされたけど肝心の審査に通らない理由

クレジットカードのキャッシング審査は必ず通るわけではありません。

信用情報や収入によっては、審査に通らないこともあります。ここでは、クレジットカードのキャッシング審査に通らない主な理由について見ていきましょう。

クレジットカードキャッシングでブラックであるため

過去に延滞や自己破産歴があるなど、いわゆるブラックである方は、クレジットカードのキャッシング審査は通りません。

また、クレジットカードのキャッシング審査だけでなく、他のローン審査なども厳しい結果になる可能性が高いです。

ブラックになった場合は、信用情報から記録が消えるまで5年〜10年待つしかありません。

クレジットカードのキャッシングで他社借入れが多く、「総量規制」に引っかかるため

クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象になります。

総量規制とは、年収の3分の1を超える借入れができない決まりであり、年収150万円の方であれば50万円までしか利用できません。

他社からの借入れが多い場合は、総量規制に引っかかるためクレジットカードのキャッシング審査が通らないのかもしれません。

キャッシングよりショッピング枠のほうがおすすめ?その違いとは?

皆さんご存知のクレジットカード、主な使い道として「ショッピング」と「キャッシング」の2種類があります。

ショッピングは、クレジットカードの加盟店で商品やサービスを購入することができる機能のことで、クレジットカードが現金の代わりの決済手段となります。

一方で、キャッシングはお金を借りるための機能です。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。これらの違いや注意点をご説明します。

クレジットカードのショッピング枠とは?

「ショッピング枠」とは、クレジットカードを使ってショッピングができる限度額のことです。

お店やネットでクレジットカードを使って買い物をする際、普通にカードで買い物するとショッピング枠を使用するということになります

利用限度枠が50万円の場合は、この限度額内であれば繰返し利用することが出来ます。

50万円を超えなければ、残高に応じてクレジットカードで何度でも商品やサービスを購入することができます。

ショッピング枠は、ショッピング実績を積むことで自動的に増えて行きます。

このことを「増枠」と呼びますが、もし支払いの延滞など正常な支払いができなかったことがある場合、増枠されることはありません。また、利用実績が少ない場合も増枠されるのは難しいと思います。

ショッピングでのクレジットカード利用で一括払いの場合は金利がかかりません。分割払いやリボ払いを選択すると利子をつけて支払いをすることになります。

キャッシング枠とショッピング枠の関係

クレジットカードでは、ショッピングとキャッシングの利用枠は別々に設定されていることが多いです。

例えばショッピングは50万円まで、キャッシングは30万円まで、というように設定されます。ほとんどの場合は、ショッピング枠のほうが多く、適用される金利もキャッシングに比べて低くなっています。

また、カード会社によっては、ショッピング枠とキャッシング枠が別々に設定されるのではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれるケースもあります。

例えば、ショッピング枠50万円、うちキャッシング枠30万円というケースで、ショッピング枠で既に40万円を利用していた場合、キャッシングの借入可能額は最大でキャッシング枠としてある30万円ではなく、50万円-40万円=5万円となります。

下記の表のように、キャッシング利用がなくてもショッピング利用額によって、キャッシング枠が変動していきます。

ショッピング利用額 ショッピング枠 キャッシング枠

0円           50万円     30万円

10万円        50万円     30万円

20万円        50万円     30万円

30万円        50万円     20万円

40万円        50万円     10万円

50万円        50万円       0万円

看板やインターネットでも見かけることのある「クレジットカードのショッピング枠現金化」と「クレジットカードのキャッシング枠利用」は全く別ものです。

クレジットカードのショッピング枠現金化とその注意点

ショッピング枠の現金化(換金性の高いものを購入させて、それを業者が買い取るなど)はカード会社は利用規約で明確に禁止し啓発にも熱心です。

利用がバレると即座にカード利用停止になったり、支払い残高を一括で払うように催促される場合もあります。

さらには現金をキャッシュバックしなかったり、顧客情報がヤミ金に流されたりすることもあるようですので利用は控えるようにしましょう。

キャッシングがおすすめと言うけれど欲しい金額が必ずもらえる?

キャッシング枠の金額は、カード会社ごとに異なります。

また個人ごとにカード申込時の審査で決まります。信用度が高い利用者であるほど、大きなキャッシング枠をもらえます。ではいくらくらい借りられて、その審査はどのようなものなのでしょうか?

クレジットカードのキャッシング枠は、通常は20万~30万円程度

キャッシング枠、すなわち借り入れできる上限の金額は、カード利用者の職業や年収などによって、数万円~100万円ぐらいまでの幅があります。

通常のケースでは20万~30万円程度となることは多いようです。

自分が持っているカードにキャッシング枠がどの程度設定されているかわからないという場合は、カード会社のウェブサイトで自分の会員ページにログインするか、カードの利用明細を見て確認しましょう。

1点気を付ける点として、キャッシング枠とショッピング枠のうち、現金を引き出せるキャッシング枠には「総量規制」が適用されます。これは簡単に言うと、借入れの総額が年収の1/3までに制限される法律です。

年収600万円の人は200万円までの借入れが可能ですが、年収100万以下のアルバイトであれば、総額30万程度しか借りられません。カード会社を数社に分けたとしても、同じ結果となります。

なおクレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外です。

クレジットカード申込時の審査で決まる

自分が持っているクレジットカードにキャッシング枠がついていなかったら、キャッシング機能を利用するためには改めてカード会社に申込む必要があります。電話や、カード会社のウェブサイトで会員ページにログインすると申込めます。

その際に審査が行われますので、枠をもらえない可能性もあります。

また、すでにキャッシング枠を持っている人はその増額を申込むこともできます。もちろんその場合も審査がありますし、審査の結果として枠を減らされる可能性もあるので注意が必要です。

与信審査にでは年齢や家族構成、既婚・未婚、勤務先の規模や業種、勤続年数、役職、、持ち家か賃貸か、その居住年数など、多くの項目に点数を付けて融資できる限度額を測ります。

それだけ多くの項目に対して、通常であれば・・・とあてはめることは非常に難しいです。

ほんの一例ですが、以下のようなデータもあります。

  • 20代の人は貸し倒れする可能性が低い
  • 同居家族が4人以上の人は返済が滞りにくい
  • 既婚男性に融資する場合、妻との年齢差がないほど貸し倒れしにくい
  • 勤続年数が半年未満の人は失業する可能性が高い

カード会社ではこういった統計上のデータを数多く組み合わせて、お金を貸す際のリスクを予測して融資額を決めていると考えてもらえればよいと思います。

与信審査の中身は企業秘密なので、我々が知ることはできません。なので、自分がいくら借りられるかは審査を受けてみて初めてわかるのです。

キャッシングの金利はいくら?

クレジットカードを使ったショッピングの場合だと、翌月払いやボーナス一括払いの場合は金利がかかることはありません。

ショッピングでも、ボーナス二回払いの場合は金利がかからないカードもあれば、金利が必要なカードもあります。

それでは、キャッシングの場合の金利はどのようになっているのでしょうか?

クレジットカードキャッシングは一般的には100万円未満の場合で18.0%、100万円以上で15.0%

クレジットカードのキャッシングの金利は、カードの種類などによって異なりますが、多くのカード会社でキャッシング枠は100万円未満の場合年18%、枠が100万円以上の場合は年15%に設定しています。

この金利水準は消費者金融とほぼ同じ水準で、ともに貸金業法により以下のように上限金利が決まっているためです。

  • 10万円未満を貸し出す場合の上限金利:20%
  • 10万円以上100万円未満を貸し出す場合の上限金利:18%
  • 100万円以上を貸し出す場合の上限金利:15%

もし自分のカードに設定されている金利がわからない場合は、カード会社のウェブサイトで会員ページにログインするか、カードの利用明細で確認しましょう。

また、クレジットカードのキャッシング枠と金利は反比例の関係にあります。これはつまり、借りる金額が大きいほど金利が安くなるということです。このため、金利を見る際にはキャッシング枠もセットで確認するようにしましょう。

キャッシングで50万円以下を借りる場合は、どのカードでも金利は年利18%が適用される可能性が高いです。それと、カードを最初に申し込んだときに設定されるキャッシング枠は高くても100万円以下になるので、年利18%が適用されることがほとんどであると考えておくと良いと思います。

キャッシング金利はショッピング金利よりも高いクレジットカードのキャッシングも消費者金融で提供されるようなサービスと同様で、個人向けの無担保融資です。その分各カード会社等により審査はされますが、リスク分金利が高くなります。

遅延損害金

これは、返済期日を守らなかった時に追加で支払う必要がある金利のことで、どのカード会社でも最高で20%程度に設定されています。

支払いは遅れないことが基本なのであまり気にする必要はありませんが、遅れた場合はペナルティがあるということは覚えておきましょう。

クレジットカードキャッシングで、ゴールドカードなどでは金利が低くなる

キャッシングの金利はカード会社によって異なる以外にも、クレジットカードのグレードによっても異なってきます。わかりやすい例で言うと、ゴールドカードでは通常のカードよりも金利が低くなります。

カード発行時にカード保有者の審査が行われますが、一般的にゴールドカード保有者のほうが信用力が高いことが多く、それはすなわちカード会社にとっては、返してもらえないリスクが低く、安心してお金を貸すことができるためです。

キャッシングのおすすめカードは?2chや知恵袋の情報には気をつける!

記事の上部でクレジットカードキャッシングを始めるのに最適なカードを紹介しましたが、もう少し自分でカードを探してみたいという人でも注意が必要です!

2chやYahoo!知恵袋といった匿名書き込み型サイトでの情報を鵜呑みにするべきではないということです。

そのようなサイトには、もちろん正しい情報も多く飛び交ってはいますが中には悪ふざけで書き込みをしているような場合もあるので審議のほどを自分でしっかり確認するのが良いでしょう。

キャッシング時の知恵袋!クレジットカードキャッシングを利用するときに気をつけること

その他に、クレジットカードでキャッシング機能を利用するときのポイントをご紹介します。

クレジットカードキャッシングは、金利と締め日を押さえておこう

締め日とは、毎月1回、1か月間に利用した代金を集計する日のことです。ほとんどのカード会社では、締め日から20~25日後に口座から代金が引落しされます。

ショッピングでクレジットカードを利用した場合、翌月一括払いであれば利息は一切かかりません。ですが、キャッシングを利用した場合は日割り計算で利息を支払う必要があります。

そこで締め日が関係してくるのです。

わかりやすくするため、具体的に2パターン紹介します。

【15日締め10日払いで15日に3万円借りる】
この場合、引落日は翌10日になり、3万円+16日~翌10日までの利息の支払いになります。よってかかる利息は25日分です。

【15日締め10日払いで16日に3万円借りる】
この場合ですと、借りてから締日が翌月の15日、さらに支払日が翌々月のの10日になるので、55日分の利息がかかってしまいます。

ご覧の通り、わずか1日違うだけでまるまる1か月分の利息が違ってきます。キャッシングは借りた日から日割りで、利息がかかってしまうことを覚えておきましょう。

キャッシングの利息を最小限に抑えるためにATMで繰り上げ返済を

上記のように請求を待っていては、借入日によって大きく利息が変わってしまうことがわかりました。とはいえ、緊急のキャッシングに日程を選んでいるわけにもいきません。

その場合は、返済できるお金ができたら、請求をまたずにATMで繰り上げ返済ができます。

さらにATM利用手数料を無料としている場合がほとんどですので、ATM返済が可能か、利用の際は手数料がかからないかを調べてからキャッシングを行うことをおすすめします。

クレジットカードキャッシングで、実は海外キャッシングサービスは両替よりお得

海外キャッシングサービスを利用すると、世界中のいろいろな主要都市の空港や駅で、現地の通貨を引き出すことができます。

大金を持ち歩くことによるリスクがなく、現地のATMで引き出せるため、お土産代やタクシー代などに利用できます。また、現金を持っていくよりも両替の手間がかかりません。

さらに、現金を両替するより、クレジットカードの海外キャッシングサービスを利用したほうがほとんどの場合がお得です。

現金両替は、両替手数料が比較的安い米ドルでも1ドル3円程度かかります。ということは300ドル両替した場合、900円程度の手数料がかかります。お土産が1つ買えちゃいますね。

海外キャッシングの場合どうでしょう。例えば帰国後すぐに返すとして1週間借り入れをしたとすると、手数料は84円程度で済んでしまいます。ほとんどの場合、キャッシングサービスの方がお得になります。

ただし海外キャッシングは金利だけをみればいいものではなく、市場情勢などによる為替レートの影響も当然受けるため注意しておきましょう。

釜山の両替は街中の方がオトクらしい?

釜山で両替するなら空港の方が確実かも知れませんが、街内の両替商の方がレートが良いという定評はあります。

ですが、クレかのキャッシングを活用する人も増えています。また釜山ではあまり高額紙幣が好まれません。

小額紙幣で、すぐ使えるようにしておくことも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください