今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

楽天カードの明細とは?楽天カード明細の確認方法とダウンロード方法などをご紹介!

楽天カードの利用明細には、WEB明細サービス、紙の明細書、楽天アプリの3つの確認方法があります。
それぞれ、メリットやデメリットがあり、自分にとって使い勝手の良いものを選ぶことが大切です。

また、家計簿や確定申告などで明細書を印刷する必要がある場合がありますが、WEB上のデータを印刷する方法についても解説していきます。

今回は楽天カードの明細について、種類や利用方法、困った時の問い合わせ先などをご紹介します。

こちらの記事もおすすめ!
参考元楽天カード社員が教える楽天カード活用術!審査やポイントなど分かりにくい仕組みも解説

楽天カードとは?明細を確認する前に知りたいメリット・デメリット

楽天カードは次のような点でメリットがあるクレジットカードです。

  1. 楽天市場での利用でポイントが3~9倍(還元率:3.0~9.0%)
  2. 海外旅行傷害保険が最高2,000万円(利用付帯)
  3. 楽天カード(クレジットカード)、楽天ポイントカード・楽天Edy(電子マネー)が一体型にできる!
  4. ENEOSで楽天カード支払いならポイントが2倍!
  5. 楽天学割との相性も抜群!

楽天カードは学生でも申し込めるクレジットカードで、学生に嬉しい特典が満載です。

クレジットカードのポイント還元率は平均的なもので0.5%~1.0%、つまりクレジットカードで100円分を利用すると0.5~1.0円分のポイントが還元されることを意味します。楽天カードは通常ポイント還元率が1.0%なので、平均よりも高い還元率です。

しかし楽天市場で楽天カードを利用すると「楽天市場の通常ポイント(1倍)+楽天カードの通常ポイント(1倍)+楽天カードの利用特典ポイント(1倍)」となり、ポイントが3倍、還元率が3.0%になります。

これは他のクレジットカードと比べてみても驚異的な数字です。更にいくつかの条件をクリアすると還元率は最大で9.0%になります。

「楽天市場+楽天カード」での買い物で、最低でも毎回ポイントが4倍なので、お金を大切に使いたい学生さんにもぴったりです。(SPUのポイントアップ表)

他にも海外旅行傷害保険がつくので海外旅行に行く機会のある学生さんや、車やバイクなどを運転し、普段からENEOSを利用する学生さんであれば楽天カードの支払いでポイントが2倍貯まるため、非常におすすめです。

デメリットとしてあげれる点は、強いて言うならポイントシステムが複雑といったところでしょうか。ポイント変換効率や貯めやすい反面、かなり複雑になっている気がしますね。

楽天カードの明細とは?

楽天カードの利用明細では、カードを利用して決済した日や金額などを確認することができます。

利用明細は、郵送で送ってもらう方法と「WEB明細サービス」を利用する方法があります。
郵送の場合、発行費用として82円負担しなければならない上に、明細書の処分に困ることがあります。
それに比べ、WEB明細サービスなら無料で利用できる上に、いつでも好きな時に明細を確認できるので、ぜひ登録することをおすすめします。

楽天カードの明細を確認できるログインページとは?

楽天カードのWEB明細サービスは、「楽天e-NAVI」にログインして登録・利用します。
楽天e-NAVIにアクセスし、ユーザIDとパスワードを入力しログインすると利用できます。

まだ楽天会員に登録していない場合は、「楽天会員に新規登録(無料)してサービスを利用する」という箇所をクリックすると、ユーザIDやパスワードを登録することができます。

なお、ユーザIDやパスワードを忘れてしまうということもありますが、ログイン画面には「ユーザID・パスワードを忘れた場合」という箇所がありますので、そちらから手続きをすすめることができます。

楽天カードの明細で利用代金の支払いを確認する方法とは?

WEB明細サービスに登録した後は、楽天e-NAVIにログインすれば「ご請求明細照会画面」から利用明細を確認でき、原則として楽天e-NAVIを停止するまで毎月適用されます。
なお、WEB明細サービスはカードごとに登録が必要になりますので、楽天カードを複数枚持っている場合はそれぞれのカードで登録が必要になります。

また、WEB明細サービスを利用すれば、請求額が確定された後メールで事前に通知してもらえるので、口座への準備をしておくことができ残高不足にならないよう対応できます。

楽天カードの明細を印刷する手順とは?

楽天カードのWEB明細を利用している人でも、家計簿に使うなど印刷したいときがあるでしょう。

楽天e-NAVIではWEB明細を印刷することもできますので、その手順を説明します。

  1. 楽天e-NAVIにログインする。
  2. 画面上部にある「ご利用明細」というタブをクリックする。
  3. 確認したい月を選択し、画面下へスクロールする。
  4. 明細を印刷する場合は「ご請求明細の印刷」、CSV形式でダウンロードする場合は「ご利用明細のダウンロード」をクリックする。
以上がWEB明細を印刷する手順になりますが、明細は最大遡って13ヶ月分しか見れませんので、こまめに印刷するようにしましょう。

楽天カードの明細を郵送にするときのメリット・デメリットとは?

楽天カードの明細を確認する方法にはWEB明細だけでなく明細書を郵送してもらう方法があります。

郵送による明細書には、主に次のようなメリットがあります。

  • 自動的に明細が送られてくるので、ログインして確認する手間がかからない
  • 明細書を印刷しなくても、そのまま保存しておける
一方で、次のようなデメリットがあります。
  • 発行手数料が毎月80円+税かかる
  • 明細書を家族に見られてしまう可能性がある
明細書は、毎月自動的に発送されるので、WEBで確認することを忘れてしまっても入金の準備ができます。
しかし、毎月80円+税の発行手数料がかかり、毎月82円とすると1年間で984円もかかってしまいます。

楽天カードの明細をアプリで確認する方法とは?

楽天カードの明細は、アプリからでも確認することができます。
楽天カードアプリをダウンロードし、利用明細を端末に保存すれば、楽天e-NAVIにログインせずに利用明細が確認できます。また、「ご利用情報通知」サービスを利用すると、カード利用後に通知でお知らせしてくれます。
楽天カードアプリは家計簿として支出の管理ができ、楽天カード利用分は自動で家計簿に反映されるので入力の手間がかかりません。
楽天カード以外の支出は手動入力やレシート撮影で簡単に登録できます。
グラフ表示機能もあるので、楽しく分かりやすい支出管理ができます。

楽天カードの明細に反映される時期とは?

楽天カードを利用した分の明細は、WEB明細であれば翌月の12日頃から楽天e-NAVIにログインして確認することができます。

郵送の明細書の場合は、翌月20日頃に請求書送付先の住所へ到着予定となっていますので、WEB明細の方が1週間程早い段階で明細をチェックすることができます。
また、WEB明細では、毎月12日には当月の請求金額が「仮確定」として表示され、現時点での利用金額の合計を確認することができます。

仮確定とはいえ、月の途中で利用金額をチェックできるので、使い過ぎ防止にも役立ちます。

楽天カードの明細を紙で発行してもらう方法とは?

楽天カードのWEB明細を利用していても、明細を印刷するのが手間でいっそのこと明細書を郵送で送ってもらえるように手続きしたいという場合もあります。
その場合は、楽天e-NAVIにログイン後、「WEB明細サービスの登録・変更」よりWEB明細サービスの解除の手続きが必要になります。

手続きのタイミングによって、次のようにWEB明細サービスの解除日が異なります。

  • 1日~7日に解除した場合
    当月分より郵送
  • 8日~末日に解除した場合
    翌月分より郵送
また、すでに触れましたが明細書を郵送してもらう場合は発行手数料として80円+税かかりますが、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ビジネスカード、楽天ブラックカードの場合は発行手数料はかかりません。

楽天カードの明細はPDFのダウンロードが可能!受け取り方法とは?

楽天カードのWEB明細は、過去13ヶ月分しか遡って確認することができないため、定期的にpdfで保存しておく必要があります。PDFのダウンロード方法は次のとおりです。

  1. 楽天e-NAVIにログインし「ご利用明細」のページに移動する
  2. PDFとして保存しておきたい月を選択する
  3. 「ご請求明細の印刷」をクリックする
  4. 表示された明細書の画面を印刷する
  5. 印刷の画面で送信先を「PDFに保存」に変更し保存する
  6. ファイル名を入力し保存する
PDFデータとして保存しておけば、必要に応じてプリントアウトし利用することができます。

楽天カードの明細はスマホからでも印刷可能!そのやり方とは?

楽天カードの明細をスマホから確認する場合でも、印刷することができます。

明細画面をPDFにすることで、ページ内容を保存しておくことができ、データ通信を行わなくても明細画面を確認できるようになります。

  • Androidの場合
    Website to PDF
  • iphone&iPadの場合
    URL to PDF
PDFにした明細データを自宅のPCに転送して印刷する方法は主に次のものがあります。
  • スマホとPCをUSB接続して転送する
  • PCのメールアドレスにファイルを添付する
  • SDカードを使う
また、自宅のプリンターを使わなくてもコンビニで印刷できるサービスを利用するのもいいでしょう。

楽天カードの明細が反映されないときの確認方法とは?

楽天カードで決済したのに明細に反映されていないというケースがあります。

「とにかく明細が知りたい!」という場合は、「楽天コンタクトセンター」に電話して確認することができます。

【楽天カード コンタクトセンター(9:30~17:30)】
0570-66-6940(有料)
または
092-474-6287(有料)
必ず契約者本人が電話するようにしましょう。

ただし、利用した店舗から楽天カードに売上請求がなされていない場合は、コンタクトセンターでも確認することができません。

今後の対策として、楽天e-NAVIで「カード利用お知らせメール」に登録してカード利用ごとにメールを受け取るようにしたり、引き落とし口座を楽天銀行にして他行よりも早く利用可能額に反映されるようにすることをおすすめします。

楽天カードの明細を過去まで遡る方法とは?

確定申告などや何らかの事情がある場合、楽天カード明細を過去に遡って知りたいときがあります。
しかし原則的にWEB明細で確認できるのは「過去13ヵ月分」なので、どうすればいいのか困ってしまいます。
実は、楽天カードに電話で「過去の明細を確認したい」旨を問い合わせると、13ヶ月以上前の明細について無料で開示してもらえます。
しかし、確認したい期間だけでなく過去の利用明細を全部開示ということになるので、ヘビーユーザーの場合はけっこうな枚数になってしまいます。
明細のプリントアウトに時間がかかるため、2~3営業日程かかります。これを郵送で送ってもらうことも可能なので後からじっくり確認できます。

楽天カードの明細における問い合わせ一覧とは?

楽天カードの明細は、楽天e-NAVI、紙の明細書、楽天アプリなどから確認できますが、明細内容などで問い合わせしたいことも考えられますね。

その場合は、次の「自動音声専用ダイヤル」か「コンタクトセンター」に電話してみましょう。

【自動音声専用ダイヤル(24時間年中無休)】
TEL:0120-30-6910(無料)
上記電話番号が利用できない場合→TEL:092-474-9255(有料)
【コンタクトセンター(9:30~17:30)】
TEL:0570-66-6910(有料)
上記電話番号が利用できない場合→TEL:092-474-6287(有料)
ただし電話での問い合わせはつながりにくいこともあるので、問い合わせる前に「よくあるご質問」で問い合わせ内容と同じものがないか確認してみましょう。

楽天カードの明細をメールで確認する方法とは?

楽天カードでは、カードを利用すると「≪速報版≫カード利用のお知らせ」と「カード利用のお知らせ」という2種類のメールが届きます。

  • ≪速報版≫カード利用のお知らせ
    楽天カードの利用承認照会があった原則翌日に、利用日と利用金額のみが通知されます。
  • カード利用のお知らせ
    楽天カード利用後最短2日で、カード利用日時、金額、加盟店の名称、請求予定日、支払方法が通知されます。
なお、この2つのメールは紙の明細書にしている人が不正利用や金額ミスを早期発見するために役立ちますが、WEB明細を頻繁にチェックしている人には不要な場合がありますので、停止するときは楽天e-NAVIから手続きできます。

楽天カードの明細を偽装した迷惑メールとは?

昨今、楽天カードの明細を偽装した迷惑メールが氾濫しており、実際に被害にあった人も出ています。

ウイルスに感染するなどの被害にあう可能性があるため、身に覚えのない内容のメールの場合、メールにあるURLは決して開かずにメールそのものを削除しましょう。

万が一URLをクリックしてしまったら、ウィルスチェックソフトなどでウィルス除去を行うことが大切です。

楽天カードを騙った迷惑メール対策として以下のことに気を付けましょう。

  • 身に覚えのないメールは開かない
  • 返信先や送信元に返信しない
  • URLをクリックしない
  • ダウンロードしてしまったらすぐ削除しウィルスチェックする
今後も増々迷惑メールが巧妙化することが考えられますので注意が必要です。

楽天カードの明細の見方とは?

楽天e-NAVIで利用明細を見てもよく分からないという人が多く、もっと詳しく説明してほしいというユーザーの声に応えて、楽天e-NAVIで明細の見方について説明が掲載されるようになりました。

楽天e-NAVIにログインし、「明細の見方について」の画面を開くと、請求金額やポイント情報欄についての説明や、利用明細に関する各項目についての説明が記載されていますので、利用明細の見方で分からない箇所が出てきたら参考にしてみましょう。

楽天カードの明細が見れないメンテナンス時期とは?

楽天カードでは、ユーザーの情報を安全に扱うために、定期的にメンテナンスを行っています。
情報の扱いに万全を期している点は評価すべきですが、残念ながらメンテナンス中は楽天e-NAVIを利用することができません。メンテナンスがいつ行われるのか事前に確認しておき、楽天e-NAVIを使用する時間帯を調整するようにしましょう。

なお、メンテナンスが行われる予定は、楽天カードの「メンテナンス情報」で最新のものをチェックでき、メンテナンス日時(予定)や対象サービスを確認することができます。
メンテナンスが延長になる場合もあるので、あらかじめ留意しておきましょう。

楽天カードの明細を電話で確認する方法とは?

楽天カードの明細について電話で確認する場合の問い合わせ先は次のとおりです。

【自動音声専用ダイヤル(24時間年中無休)】
TEL:0120-30-6910(無料)
上記電話番号が利用できない場合→TEL:092-474-9255(有料)
【コンタクトセンター(9:30~17:30)】
TEL:0570-66-6910(有料)
上記電話番号が利用できない場合→TEL:092-474-6287(有料)
電話での問い合わせはなかなか繋がらないことが多いですが、公式サイトで「時間別混雑予測カレンダー」が掲載されていますので参考にしてみましょう。

しかし、有料の電話番号の場合、待ち時間も通話料が加算されていきますので、負担を少なくするためにもできれば楽天e-NAVIで確認することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください