学生におすすめのクレジットカードと基礎知識を徹底解説【2018年完全版】

カテゴリー:学生向け  タグ:, , ,

学生におすすめのクレジットカードまとめ
この記事にたどり着いた皆さんは、学校の友だちに教えられたり、店頭で勧誘された経験があったりで、多少はクレジットカードに興味がわいている状態だと思います。

高校を卒業して専門学校や大学に進学すると、帰省・交遊・サークル・部活・学費・飲み会・家賃・光熱費などなど、楽しみが増えた分、出費も増えていますよね。
その出費を抑える方法としてクレジットカードのこんな話題をよく耳にしませんか?

学生
使いすぎには注意だけどクレジットカードの便利さに助かったこともたくさんある!

まねぷれ
しっかり理解しておくと現金払いがバカバカしくなるんだにゃ〜ん

このように両極端だと、クレジットカードに関して正しく判断するのも難しくないでしょうか?
この機会に正しい知識を身につけ、最適なクレジットカードを選んでいただければ幸いです。

好きなテーマから読む

最新2018年を先取り!学生におすすめのクレジットカード6選

学生
クレジットカードを作ろうと思うけど何がいいかな?

まねぷれ
学生専用のクレジットカードがあるからそれをおすすめするにゃ〜ん(*´ω`*)

まずは当サイトが学生におすすめするクレジットカード6枚を紹介したいと思います。

カード名をクリックするとランキング詳細に飛びます

このランキングから興味のあるクレジットカードを1,2枚決めておき、それを念頭に置きながらクレジットカードの仕組みや選び方について読み進めていくと自身に適切なクレジットカードなのか理解が深まりやすくなるのでおすすめです。

ランキングの選定基準!なぜこのクレジットカードがおすすめなの?

ランキングにピックアップするにあたり、当サイトでは事前に大学生に「クレジットカード選びで気になる項目について」ヒアリングを行いました。
そこで特に多かったのが次の3つのポイントでした

1.「国際ブランドはどこが良いのか分からない」
2.「審査に落ちることもあると聞いたので、落ちたときに何が起こるのか不安」
3.「使い過ぎたときが怖い」

これらのトピックから、学生におすすめの国際ブランドとしてVISAを中心にピックアップし、なおかつ学生専用の審査基準があり、限度額制限も設けられているクレジットカード6枚を選び出しました。
その6枚を比較し、より学生が求めているクレジットカードに近いものから順位付けしたのが、このランキング選定基準です。

それでは1位の三井住友VISAデビュープラスカードからランキングを確認していきましょう。

【1位】学生向けの審査基準!25歳以下限定の三井住友VISAデビュープラスカード

3/31までの入会キャンペーン
最大7,000円分キャッシュバック

入会資格満18歳以上25歳の方
(高校生は除く。未成年は親権者の同意が必要)
国際ブランドVISA
年会費無料(ETCカード含)(※1)
利用限度額10〜30万円(※2)
使える電子マネーiD
安心ポイント最大100万円まで補償してくれるショッピング保険(※3)
カード紛失・盗難のサポートサービス

※1:初年度無料で1年間で1回でも利用すれば翌年も無料になります。(通常は1,250円+税、ETCカードは500円+税)
※2:20歳以上の学生の方で、親権者の同意がない場合の利用枠は10万円、同意がある場合は30万円
※2:国内外におけるリボ払い・分割払い(3回以上)の利用時のみ適用

三井住友カード株式会社は、日本で最も知名度と信頼度があるクレジットカード会社の1つです。
三井住友カードの最大の特徴はセキュリティを重視していることです。

具体的には1980年に日本初のVisaカードを発行し、長年の実績とその経験を基に「不正利用の監視体制」「ICチップ搭載に高セキュリティ」「紛失・盗難時のサポートサービス」と安心・安全に重きを置いているのです。

その三井住友カードが、18歳~25歳限定の学生向けに発行しているのが三井住友VISAデビュープラスカードです。
年会費も実質無料で、利用限度額も低く抑えられている設計になっているため、安心して利用できることでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカードを使えばポイントが常に2倍、入会後3ヶ月は5倍のポイント付与がありますので、お得にポイントを貯めることが可能です。
さらにポイントUPモールを経由すれば、楽天市場やAmazonなど計600店舗以上の店舗やサービスで最大20倍のポイントも貯まります。

貯まったポイントはキャッシュバックに使ったり、ギフトカードに交換したり、カフェやiTunesカード等に交換してお得に利用してくださいね。

  • 国際ブランドがVISAだから日本国内限らず、世界中で使える
  • 18~25歳限定のクレジットカードだから、審査基準も学生向き
  • 高セキュリティで不正利用対策や紛失・盗難時のサポートがあって安心・安全
  • 年会費は(実質)無料
  • 最短3営業日発行
  • ポイントが常に2倍、入会後3か月は5倍
  • 新規入会でもれなく最大7,000円分キャッシュバックのチャンスあり(期間限定)

>> デビュープラスカードの詳細・申込はこちら <<

【2位】学生もカンタン申し込み!強烈なCMでおなじみの楽天カード

今なら新規入会&利用で
最大7000ポイントゲットのチャンス!


入会資格18歳以上で日本在住の方
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
年会費無料(ETCカードは500円+税)
利用限度額審査によって決定
使える電子マネー楽天Edy、楽天ポイント
安心ポイント最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
ネット不正あんしん制度
カード盗難保険

クレジットカード業界で最も勢いのあるのが、この楽天カードです。
楽天が発行するクレジットカードというだけあって、楽天グループ(楽天市場や楽天モバイルなど)で利用すればするだけお得になり、JCSI(日本版顧客満足度指数)調査でも8年連続No1を獲得しています。

楽天カードを使えば、楽天市場で4倍以上、楽天トラベルで2倍以上、街のポイント加盟店では最大3倍のポイントが貯まります。

楽天カードはポイントの貯まりやすさだけではなく、CMで「カンタン申し込み」を大きくアピールしているのも特徴です。
例えば次のCM動画では「主婦も学生もOK」と審査基準の低さを暗示してくれるような内容で、なんとなくですが申し込みハードルが下がりますよね。

入会キャンペーンも積極的に行っておりますので、楽天ポイントを一気に貯めたいときにもおすすめです。

  • VISA、MasterCard、JCBと3つの国際ブランドから選べる
  • 楽天トラベルで決済すれば最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が実質自動付帯に
  • 年会費は無料
  • 女性専用のPINKカードや期間限定お買いものパンダデザイン(MasterCardブランドのみ)登場
  • 最短3営業日発行が可能
  • 楽天グループをはじめ、様々なシーンでお得に貯まるポイント
  • インターネット入会&利用で最大5,000円〜8,000分の楽天ポイントプレゼント(キャンペーン期間によって付与ポイントが異なる)

>> 楽天カードの詳細・申込はこちら <<

【3位】Amazon好きな学生に!ポイントがお得に貯まるJCB CARD W

入会資格18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。一部、お申し込みになれない学校があります。
国際ブランドJCB
年会費無料(ETCカード含)
利用限度額30万円
使える電子マネーQUICPay、Apple Pay
安心ポイント最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
ショッピングガードが海外で最高100万円
カード紛失・盗難のサポートサービス

2017年10月に、JCBのオリジナルシリーズに新たに加わったカードです。年会費無料、ポイント高還元がうれしい特典です!ポイント還元率は、他のJCBカードでは0.5%が標準的ですが、JCB CARD Wは1.0%を誇ります!

JCB ORIGINAL SERIESパートナーというポイント優待店では、さらにポイントが倍増されます。その一つには、学生がよく利用するアマゾンがあります。

海外旅行保険も最高2,000万円分付帯しているほか、カードで購入した商品の破損や紛失した時に補償されるショッピングガードが付帯しています。海外旅行傷害保険やショッピングガードが付帯するのは、年会費無料のカードとしてはまれで、その点ハイスペックなカードと言えます。

また、学生にうれしい特典としては、JCBがディズニーと提携していることにより、ディズニー関連のキャンペーンを行っていることが挙げられます。

  • 年会費は永年無料。家族カードも無料。
  • ポイントは常に2倍付与
  • パートナー店舗は特典倍率+1倍
  • 海外旅行損害保険が最高2,000万円付帯
  • ショッピング保険も海外であれば最高100万円まで付帯

>> JCB CARD W の詳細・申込はこちら <<

【4位】優待店舗は5,000店舗以上!万能型クレジットカードのエポスカード

今なら入会特典として
最大5000ポイントゲットのチャンス!

入会資格18才以上の方
(高校生は除く。未成年は親権者の了解が必要)
国際ブランドVISA
年会費無料(ETCカード含)
利用限度額審査によって決定
使える電子マネー楽天Edy、モバイルSuica、スタバカード(※1)
安心ポイント最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
カード紛失・盗難時の不正利用は全額保証

※1:エポスカードでチャージした時にお得に貯まる電子マネーです。カードに付帯はされておりません。

株式会社エポスカードは、1960年に日本初のクレジットカードを発行した丸井グループのクレジットカード事業会社として設立され、長い歴史を持ったクレジットカードの1つです。
丸井(マルイ)と聞けば、学生の皆さんには馴染み深い百貨店ではないでしょうか?

丸井(マルイ)が発行しているクレジットカードだけあって、店舗でお得になる優待サービスが豊富にあります。
具体的にはマルコとマルオの7日間で10%OFFになったり、全国の飲食店で割引を受けられたり、カラオケのルーム料金が30%OFFになったり、美容院やネイルの割引があったり、カーシェアリングが最大15%OFFになったりと、5,000店舗以上で優待割引や特典を受けることができるのです。

また、追加で500円支払えば70種類以上あるカードデザインから好きなものに変更できるのもエポスカードならではです。

インターネット入会限定でキャンペーンも実施しておりますので、申し込んだその日にマルイで即日発行してもらい、そのまま買いものへ!なんて使い方も可能です。

学生にとってよく使うお店やサービスで割引になる上に、デザインで周りとは違うクレジットカードを持てるのは魅力的ですよね。

  • 世界シェアNo.1の国際ブランドVISAが使える
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯しているから夏休みの短期留学や卒業旅行にもおすすめ
  • マルイをはじめ、遊園地や居酒屋やカラオケ等でお得に使える優待割引
  • 年会費は無料
  • マルイのエポスカードセンターで即日発行が可能
  • 学生専用カードではないので一般的な審査基準
  • インターネット入会&利用で最大5,000円分のエポスポイントプレゼント(期間限定)

>> エポスカードの詳細・申込はこちら <<

【5位】卒業までの付き合いを!学生期間だけはお得に使える学生専用ライフカード

入会資格高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
年会費無料(ETCカード含)
利用限度額5〜30万円
使える電子マネーiD、楽天Edy、モバイルSuica、nanaco(※1)
安心ポイント最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
紛失・盗難時の不正利用補償
学生専用お問い合わせ窓口

※1:学生専用ライフカードでチャージできる電子マネーです。カードに付帯はされておりません。

卒業後に切り替わるライフカードはあまり魅力的ではありませんが、この学生専用ライフカードだけは見逃せません。
そのため、学校卒業と同時にクレジットカードも切り替えるくらいのつもりで、学生専用ライフカードを使い倒して欲しいと思います。

学生専用ライフカードで用意されている特典は全部で4つあります。
1.海外ショッピング利用金額の5%キャッシュバック(事前申込が必要)、2.海外旅行傷害保険の自動付帯や専用窓口など安心できるプログラムを充実、3.入会後1年間はポイント1.5倍とお得なLIFEサンクスプレゼント、4.ケータイ料金の支払設定をすると毎月抽選で10名に当たるAmazonギフト券500円分です。

これらの特典は入会時に申請する卒業予定年の3月末日をもって終了となってしまいますので、学校の卒業までにポイントを使い切っておくかマイルに交換しておくことと次のクレジットカードの目星を付けておくと良いでしょう。

  • 国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3つ
  • 在学中だけ最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • さらに海外ショッピングの利用総額の5%キャッシュバック
  • 年会費は無料
  • 最短3営業日発行が可能
  • 学生専用のお問い合わせ窓口がある
  • 誕生日月はポイント3倍、L-Mall(ポイントアップモール)利用で最大25倍のポイントが貯まる

>> 学生専用ライフカードの詳細・申込はこちら <<

【6位】海外旅行向けサポートが充実!セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

入会資格18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方で、 クレディセゾンの提携する金融機関に決済口座を所有の方
国際ブランドAmerican Express(アメックス)
年会費無料(ETCカード含)(※1)
利用限度額〜150万円
使える電子マネーQUICPay、楽天Edy、iD(※2)
安心ポイント最高3,000万円補償の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯
インターネットの不正利用に対するオンライン・プロテクション
最高100万円補償のショッピング安心保険

※1:26歳になるまで年会費無料。通常は3,000円+税
※2:セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードでチャージできる電子マネーです。カードに付帯はされておりません。

学生にとっては実質年会費無料のクレジットカードで、ここまで手厚い付帯保険があるクレジットカードは他にありません。
短期留学や海外旅行、国内旅行も考えているなら、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを持っておいて損はないでしょう。

おすすめの利用方法としては、三井住友VISAデビュープラスカードやエポスカードをメインカードとして利用し、付帯保険用のセカンドカードとしてセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを利用する方法です。
アメックスブランドを使えるエリアや店舗数を考えると、VISAブランドのカード1枚と併用するのが理にかなっています。

もともとが年会費3,000円+税のクレジットカードですので、手荷物無料宅配サービス海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービスの割引など、海外旅行で助かるサービスが充実しているのも魅力的です。

国内でも西友やロフトの優待利用ができるなど、特に関東圏の学生に取っては嬉しい優待も付帯しているのが特長です。

  • 年会費は26歳になるまでは無料
  • 海外利用ならポイント2倍、旅行傷害保険も国内外ともに最高3,000万円補償が自動付帯
  • 国際ブランドはAmerican Expressだから、保険用のセカンドカードとしておすすめ
  • 海外アシスタントデスクや手荷物無料宅配サービス、海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービスやパッケージツアー優待割引あり
  • 最短即日発行が可能
  • 新規入会でAmazonギフト券2,000円相当のプレゼント(期間限定)

>> セゾンブルーの詳細・申込はこちら <<

 

なぜ学生におすすめのクレジットカードなの?ランキング基準とその選び方

学生
ランキング掲載されているクレカをおすすめする理由を教えてほしい!本当におすすめなの?(怪し目)

まねぷれ
学生に実際に聞いたりアンケートを取った情報などを総合的に加味してまとめているにゃ〜ん

上のランキングですが、どのような基準で選ばれているのでしょうか?また、学生がクレジットカードを選ぶ時に重視すべきポイントとは何でしょうか?ここでは、学生がクレジットカードを選ぶ基準について解説します。

学生なら年会費無料のクレジットカードがマスト

クレジットカードには、年会費がかかるもの、そうでないものがあります。学生が持つなら、当然年会費が無料のクレジットカードを選びたいですよね。

年会費がかかるクレジットカードは、豪華な特典が付帯するなど、年会費をかけてでもそのリターンがあるなら良いですが、学生が使う機能としては、年会費無料のクレジットカードで十分です。また、年会費が無料のカードでも、十分特典が充実しているカードは多数あります。

学生が持つなら、そのようなコストパフォーマンスが良いカードがおすすめです。ランキングで取り上げているクレジットカードも、年会費無料で特典が満載のお得なカードばかりです。

クレジットカードの入会特典がお得!だけど特典条件はできる範囲まででOK

クレジットカードは、カード自体に付帯する特典もありますが、まず活用したいのが、入会すると適用される「入会特典」です。一般的なカードの入会特典で多いのが、入会すると○○円分のポイント、ギフト券のプレゼントがあったり、キャッシュバックがなされる場合です。

先程紹介したクレジットカードはすべてお得な入会キャンペーンを実施していますよね。

この入会特典ですが、いくつかの段階があります。たとえば、入会と同時にETCカード(高速道路の料金所決済用のカード)も申し込むとさらにポイント加算がアップするなど、入会に加えて同時に規定の行為を行うと段階的に加算されていきます。

特典内容が豪華になると、対象となる行為を行いたくなる気持ちも分かりますが、あまり不要なサービスに無駄に入会する必要はありません。無理をせず、可能な範囲で申し込みましょう。

ETCカードを無料で使える

ETCカードの比較
クレジットカードの追加カードにあるETCカードですが、高速道路を利用する時に大変便利です。休日割引やアクアライン割引など、ETC限定の割引もありますので活用しましょう。クレジットカードの追加カードとして発行できるETCカードのメリットは3つです。

  • クレジットカードの支払いと一緒にまとめられる
  • ポイント付与の対象になる
  • クレジットカードの優待サービスでレンタカーやカーシェアの割引が使える

クレジットカードの優待サービスでレンタカーやカーシェアの割引が使える場合もあります。ただし、なかにはクレジットカードの年会費は無料でも、ETCカードの発行手数料や年会費がかかる場合がありますので気をつけましょう。

発行手数料(税抜)年会費(税抜)レンタカー優待
デビュープラス無料500円(※1)海外あり
エポスカード無料無料国内外あり
楽天カード無料500円(※2)海外あり
ライフカード無料無料国内あり
JCB CARD W無料無料海外あり
セゾンブルー無料無料海外あり

※1:初年度無料、2年目以降は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料
※2:楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」であれば、年会費無料

ETCカードの有効期限に注意

ETC車載器にETCカードを差し込めばメッセージが流れますが、有効期限が切れていると利用ができません。
利用できないETCカードで料金所を通過することはありませんので、安心して下さい。

なお、クレジットカードの利用可能限度額がいっぱいだとしても、ETCカードは問題なく利用することができます。
おそらく安全性を考慮してのことだと思いますが、利用可能限度額はチェックしておきたいですね。

どれだけお得になるかはクレジットカードの還元率が鍵となる

ポイントが貯まるクレジットカード
ポイント還元率とは、クレジットカードを利用して決済すると、その決済金額の何%のポイントが付与されるか、という割合です。たとえば、三井ポイント還元率が1%なら、100円の決済をクレジットカードで行うことで1円分のポイントが付与されるということです。(ポイントはカード会社によって1ポイントが1円になったり5円になったりと価値が異なります。)

また、カードごとに、特定の店舗での利用時に還元率が上がることもあります。自分がよく利用する店舗で還元率が高いカードを選ぶと良いでしょう。

このポイント還元率ですが、クレジットカードのお得度を測る指標としてよく用いられます。ポイント付与率と混同されがちですが、先に比較してから説明したいと思います。

学生
カードのポイント計算方法って難しいよな〜。実際にどこがお得なのかわかりにくい!

まねぷれ
ポイントのお得さを考えるときは付与率と還元率を考えるといいよ!特に還元率は1ポイントあたり何円かを比較するときに役立つにゃ〜(๑•̀ㅂ•́)و✧

(※キャンペーンを排除した通常の付与率を記載)

付与(率)還元(率)有効期限
デビュープラス1,000円=2ポイント
(0.2%)
1ポイント=3〜5円
(0.6〜1.0%)
24ヵ月
エポスカード200円=1ポイント
(0.5%)
1ポイント=1円
(0.5%)
24ヵ月
楽天カード100円=1ポイント
(1.0%)(※)
1ポイント=1円
(1.0%)
12ヵ月
ライフカード1,000円=1ポイント
(0.1%)
1ポイント=5〜6.7円
(0.5〜0.67%)
60ヵ月
JCB CARD W1,000円=2ポイント
(0.2%)
1ポイント=3〜5円
(0.66〜1.0%)
24ヵ月
セゾンブルー1,000円=1ポイント
(0.1%)
1ポイント=3〜5円
(0.33〜0.5%)
永久不滅

※:楽天市場利用だと100円=4ポイント

 
その時々で行われるキャンペーンを利用すれば、ポイントの付与率が上がりますので、結果として還元率を引き上げることもできますので、各社で提供しているポイントアップモール(楽天の場合は楽天市場)を活用して還元率をどれだけ高められるかが鍵になるのです。

ポイント還元率が鍵である理由

上記の表で理解した人もいるかもしれませんが、クレジットカードのお得さを比較するときは、付与率ではなく還元率(マイル還元率を含む)を比較すべきです。

例えば、三井住友VISAデビュープラスカードエポスカードで貯まるポイントは、どちらもVJAギフトカードへ交換することが出来ますが、その還元率は異なります。

エポスデビュープラス
最小単位500ポイント
(通常利用で10万円分相当)
1,100ポイント
(通常利用で55万円分相当)
交換金額500円5,000円
還元率0.5%0.909%
通常付与率0.5%0.2%

 

その時々で行われるキャンペーンを利用すれば、ポイントの付与率が上がりますので、結果として還元率を引き上げることもできますので、各社で提供しているポイントアップモール(楽天の場合は楽天市場)を活用して還元率をどれだけ高められるかが鍵になるのです。

大学生がAmazon(アマゾン)をお得に使えるクレジットカードは?

大学生となると、普段の生活の中でもAmazonで買い物をする機会が特に多いのではないでしょうか。よく利用するからこそお得に利用したいですよね。そのためにはクレジットカードのポイント制度を理解しておく必要があります。

しかし、クレジットカードのポイント付与率と1ポイントの価値、ポイント交換方法はカードによって異なるので、もっともお得な方法を導き出すのは実に複雑です。そこで、Amazonを利用して、貯まったポイントをもっともお得に利用する方法とその還元率を一覧にしました。

Amazon利用時の
ポイント最大還元率
ポイントUPのコツ還元率が最大となる
活用方法例
デビュープラス1.5%ポイントUPモールを利用する楽天ポイントへ移行
JCB CARD W2.0%Oki Dokiランドを利用するnancoポイントへ移行
エポスカード1.0%たまるマーケットを利用するマルイで利用
楽天カード1.0%そのままの利用でOK楽天サービスで利用

 

マイルが付与されたりキャッシュバックを受けられる場合も

カードによっては、ポイントでなく航空会社のマイルがもらえたり、キャッシュバックという形で何%かが銀行口座に振込みとなる場合もあります。

自分がもらってお得なポイント、マイルをもらうために、クレジットカードをしっかり活用しましょう。

ポイントが付くだけで公共料金はこんなに安くなる!

クレジットカードを公共料金の決済に活用することができます。公共料金の支払いは定期的に絶対に発生するものですから、どうせ支払うなら、クレジットカードを利用してポイントを貯めたいもの。ポイントを活用すれば、事実上公共料金が安くなります。

たとえば、毎月のガス代が4,000円、携帯電話料金が10,000円、毎月の電気代が2,000円、プロバイダ料金を5,000円とした場合、合計で月2万1000円かかります。

1年間支払うと25万2000円です。これらすべてを還元率1.0%のクレジットカードで決済すると、2,520ポイント(=2,520円分)を貯めることができます。クレジットカードを利用すると、決して少なくない額を得することができるのです。

もちろん、例としてあげた以外にも、毎月かかる固定費はたくさんあります。新聞購読料や放送料金、固定電話料金などなど。これらの支払いも合わされば、さらにお得度はアップしていきます。

しかも、一度支払い方法をカード払いに切り替えておくだけで、あとは自動。何もしなくても勝手に、ポイントが貯まっていきます。

5年後、10年後を考えると、ものすごい金額になっているはずです。これほど、楽でお得なことは、他にはないのではないでしょうか。

リボ払い専用(リボ専)カードには要注意

リボ払いとは、簡単に言えば月々の支払額を調整し、支払いを何回かに分割して後払いにすることです。本来、クレジットカードは月末に利用額が確定し、翌月の引き落とし日に口座から引き落とされます。

つまり、翌月にすべて支払うことが求められるのですが、なかには大きな買い物があったり、毎月の支払額を一定にして少しずつ支払いしたい場合もあるでしょう。

そんなときにリボ払いが便利なのですが、利息が発生し、支払い回数が増えたり支払期間が長くなるほど利息は高くなります。したがって、不用意にリボ払いを利用すると、利息だけがどんどん増えてしまい大きな損失を負うリスクがあります。

なかにはリボ払いにしか対応していないカードもありますので、学生の方がクレジットカードを選ぶときは決して選ばないように気をつけてくださいね。

まねぷれ
JCB EITやP-one Wizなどはリボ専カードなので申し込まないように気をつけるんだにゃ・ω・

学生が絶対に申し込んではいけないクレジットカード

大学名がついたクレジットカードやCTXカード、日産カードのようなクレジットカードは本当におすすめできません。

利用シーンが限定的でポイント還元率が低く、これらのカードは広報もそれほどされていないため、知名度も低く企業側もそれほど力をいれておらず、サービス内容もお得さがありません。これらのカードを申し込み、持ち歩く手間を考えるなら、もっと利用により特典が満載のクレジットカードを申し込むべきです。

一番人気は三井住友VISAデビュープラスカード!その理由はバランス力と抜群の知名度!

三井住友VISAデビュープラスカード
ランキングでも1位で、最もおすすめなのが三井住友VISAデビュープラスカードです。上記の条件を満たす、学生にとって一番人気で、最も使い勝手が良いカードとして評判が高くなっています。

年会費は無料、利用限度額も10〜30万円と学生向けに制限されていて、学生専用のクレジットカードなため学生向けの多くの特典があるのがうれしいところです。なによりセキュリティに重きを置いているクレジットカードであり、不正利用などが心配な学生には非常に安心なカードです。

クレジットカードに求めるものがぼんやりしている学生であれば、とりあえず三井住友VISAデビュープラスカードを持つことをおすすめします。
 

海外旅行や海外留学を考えている学生に教えるクレジットカードの選び方

海外旅行

学生
ハワイとかトロリーバスに無料乗車できたりとみんなクレジットカード持っていくべきって言うんだよね。

まねぷれ
海外はホテルや公共機関でクレカの提示を求められることもあるのは知ってたかにゃ?保険もあるし必須アイテムなんだにゃ(๑•̀ㅂ•́)و✧

ここでは、海外旅行や海外留学を考える際にクレジットカードを選ぶ基準について見ていきます。短期留学、長期期間中の海外旅行、そして一大イベントである卒業旅行。

学生のうちに海外旅行を計画している人も多いでしょう。ここでは、海外旅行に行く際におすすめのクレジットカードを選ぶ基準について紹介します。

国際ブランドはVISAが必須

VISAブランド
クレジットカードは、提携する国際ブランドから好きなものを選びます。国際ブランドが指定されているものもあれば、いくつかのブランドから好きなものを一つ選ぶことができるカードもあります。この国際ブランドですが、ブランドごとに利用できる店舗や地域が異なることが特徴です。

国際ブランドの中で世界中、どの地域でも利用可能な店舗が多いのがVISAとされています。ですから、クレジットカードが利用可能な店舗ではVISAが利用できる場合が多いです。

一般的にJCBは日本国内や日本人がよく行く都市部の一部で利用可能、MasterCardはヨーロッパに強いブランドとも言われます。ですが、世界中で利用できるのがVISAであり、網羅性が高く利用店舗が多いので、まず1枚目に選びたいのが、VISAブランドと言えます。

今後2枚目、3枚目を考える際は、異なるブランドのカードを選ぶと利用できる幅が広がるでしょう。

まねぷれ
1枚目は絶対にVISAがいいと思うんだけどにゃ〜

海外旅行傷害保険の付帯条件は「自動付帯」「利用付帯」どちらでもOK

海外に行く際に持っておきたいクレジットカードには、海外旅行傷害保険が付帯するカードがおすすめです。海外旅行傷害保険とは、海外で事故によりケガを負ったり病気になった場合の他、持ち物を盗難に遭ったり破損した時の損害に対しても補償されます。

クレジットカードにより条件や給付上限額が異なります。

また、海外旅行傷害保険には「自動付帯」と「利用付帯」があります。自動付帯とは、クレジットカードを利用していない買い物にも「自動」で適用される保険ですが、利用付帯は反対にクレジットカードを「利用」しないものには適用されないものです。

利用付帯の場合は、「搭乗する公共交通乗用具(バスやタクシー等)」または、「参加する募集型企画旅行」の料金をクレジットカードで支払うことが適用条件になりますので気をつけましょう。

自動付帯保有するだけで保険適用される
利用付帯旅費の一部をクレジットカードで支払うことで保険適用される

 
当然、利用付帯、自動付帯どちらも付帯しているものがおすすめです。なかには利用付帯のみのものもあるので、保険の適用範囲についてはしっかり確認の上申し込みましょう。

海外旅行傷害保険をはじめとするクレジットカードの付帯保険

クレジットカードには、海外旅行傷害保険やショッピング保険などの付帯保険があります。クレジットカードの大きな特典のひとつなので、選ぶ際のポイントにしておきたいところです。

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険とは、海外旅行でのトラブルやけがなどによる損害を補償してくれる保険を指します。海外旅行保険と言っても、内容と補償金額はカードによりさまざまです。

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険とは、国内旅行時に発生したトラブルやけがに対して金銭的な補償をしてくれる保険を指します。海外旅行傷害保険に比べて付帯しているクレジットカードは少ないです。

ショッピング保険

ショッピング保険とは、カードで購入した商品が盗難にあったり、壊れた際に適用される保険です。お買い物安心保険やショッピングガード保険など、カード会社によってさまざまな呼ばれ方があります。またネットショッピングに対して適用されるオンライン不正保険もあります。

紛失・盗難保険

紛失・盗難保険は、クレジットカードにほぼ必ず付帯されている保険です。カードをなくしてしまった、盗まれてしまった際に不正利用があれば、その分をクレジットカード会社が補償してくれます。適用期間があるので注意が必要です。

まず検討に入れたい三井住友VISAデビュープラスカード

上の条件に最も合致するクレジットカードが三井住友VISAデビュープラスカードです。

年会費は無料で利用限度額も10〜30万円と制限されていて、学生専用のクレジットカードと条件を満たしており、なによりセキュリティに重きを置いているクレジットカードであることが学生の皆さんにとって安心できるポイントだと思います。

クレジットカードに求めるものがぼんやりしている学生であれば、とりあえず三井住友VISAデビュープラスカードを持って損はないでしょう。

付帯保険は合算できるのでクレジットカードは複数枚がおすすめ

カード付帯保険は、クレジットカードを複数枚持つと限度額を上乗せすることが可能なため、複数枚のカードを持っておくとおすすめです。特に、海外(特に欧米)では医療費が高額であるため、1枚のカードの上限額では足りない可能性も高いです。

まねぷれ
一般社団法人日本クレジット協会のクレジットカード発行枚数調査結果を見ると、平成28年3月末の調査結果では20歳以上の人口比で1人あたり2.5枚のクレジットカードを保有しているとのことで、今や複数枚持ちは当たり前なんだにゃ
付帯条件補償金額
(最高金額)
旅行サービス
デビュープラスなしなしやや充実
エポスカード自動付帯2,000万円やや充実
楽天カード利用付帯2,000万円充実
ライフカード自動付帯2,000万円やや充実
JCB CARD W利用付帯2,000万円充実
セゾンブルー自動付帯3,000万円超充実

 

以上から、海外に持っていくクレジットカードならばエポスカードかライフカードかセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードをおすすめです。

もしくは海外旅行傷害保険の傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、携行品、救援費用の5項目は合算が可能ですので、特に海外留学ではクレジットカードの複数枚持ちがおすすめです。できれば複数枚持っていくことでより手厚い補償を受けることが出来ます。

海外でのサポートサービスが充実しているものもおすすめ

学生なら、海外旅行に行く、留学に行くことも多いでしょう。そんな時、日本語で相談できるサービスがあります。有名なのが、JCBブランドのカードで利用できる「JCBプラザ」です。

JCBプラザとは海外の主要都市にあるカード会員専用のラウンジで、現地での案内やサポートを日本語で受けることができます。また、電話により日本語で相談できるサービスもあります。

慣れない海外で不安な時も、安心して利用することができます。以下では、海外に持っていきたいクレジットカードを紹介します。保険やサービスが充実している学生でも発行できる海外向けのカードです。ぜひとも入手しておきましょう。

海外利用時にポイント還元率が優遇されるクレジットカードがお得

海外でのショッピング利用に対して、ポイント還元率の優遇特典があるクレジットカードがあるので、紹介します。

カード名海外利用時のポイント優遇
学生専用ライフカード海外ショッピング利用分の5%をキャッシュバック
セゾンブルー海外利用時ポイント2倍

 

学生専用ライフカードは、海外旅行時にかなり特典の大きなクレジットカードです。ポイント還元率の優遇ではありませんが、なんとお買い物金額の5%分をキャッシュバック。ポイント還元率の倍増など目ではありません。海外旅行でたくさんお買い物をするという学生は、必ず持っておいた方が良いでしょう。

他にはセゾンブルーが海外利用時のポイント還元率が2倍と優遇特典があります。

「国際ブランド」「海外旅行傷害保険」「海外サポート(優待特典)」を考えた上で、もし複数枚持ちを考えるならおすすめの組み合わせを3つ考えてみましたので参考にしてください。

三井住友VISAデビュープラスカード×JCB CARD W

三井住友VISAデビュープラスカードとJCB CARD W

まねぷれ
普段はデビュープラスを使って海外旅行傷害保険をはじめとした付帯サービス利用にJCB CARD Wを使うといいにゃん♪

JCB CARD Wは海外旅行傷害保険やJCBプラザ、コールセンターや優待ガイドなど旅行向けサービスが非常に充実しています。保険も傷害保険で最高2万円の補償が受けられるほか、けがによる治療費、病気による治療費、他者をけがさせた場合の賠償保険、携行品が盗まれたり、破損した場合の携行品損害など、幅広く補償されます。

学生向けの三井住友VISAデビュープラスカードには海外旅行保険は付帯していないもののポイントが貯まるクレジットカードなので、JCB CARD Wと合わせて持っておくと良いでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカード×セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

三井住友VISAデビュープラスカードとセゾンブルーアメックス

まねぷれ
どちらも26歳までの制限付きだけけど、この組み合わせは最強だにゃん♪

普段使いでポイントが貯まりやすい三井住友VISAデビュープラスカードと最高3,000万円の海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付帯され海外利用でポイントが2倍になるセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、お互いの強みを活かしあった最強の組み合わせの1つです。

ただし三井住友VISAデビュープラスカードは26歳になるまでしか保有することができませんし、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費も26歳までしか無料でありません。

まさに学生のために用意されたクレジットカードの最強の組み合わせだと言えるでしょう。

エポスカード×楽天カード

エポスカードと楽天カード

まねぷれ
買い物好きならこの組み合わせもおすすめにゃん(*´ω`*)

エポスカードは年会費無料ながら最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯されており、けがの治療には200万円、病気の治療には270万円が補償されます。また、マルイのセール「マルコとマルオの7日間」にも参加できるようになりますので、10%オフでショッピングを楽しめたりと買い物の楽しみも増えます。

楽天カードも年会費無料で海外旅行保険が付帯するという点でおすすめのカードとなっています。補償内容も、傷害死亡/後遺障害 2,000万、傷害・疾病治療費用 200万、賠償責任 2,000万や、携行品損害が20万円など、同じく幅広くカバーしています。

普段も楽天市場なら常に4倍以上のポイントが貯まるようになりますので、日用品や文房具などの支出の手助けにもなって大変おすすめです。

買い物でも良し、海外旅行でも良しの最もお得感のあるクレジットカードの組み合わせかもしれません。

初めての学生向け!クレジットカードの仕組みとは

クレジットカードの仕組み

学生
やっぱりよく分からないものを使うのって怖いよな〜。無料ほど怖いほどはないと言うし……。

まねぷれ
学生のみんなからよく聞かれるトピックをまとめてみたにゃ!これで最低限の理解は得られると思うでござる

クレジットカード自体はとても便利なものである一方で、仕組みや利用方法を誤ると取り返しのつかない事態に発展する恐れがあることを理解していなかったために、そうなる人は一定数いるでしょう。

しかし、クレジットカードについて理解し、ある程度のお金の管理ができていれば、そのような事態に発展することはほぼありません。ここでは、クレジットカードについて、基本的な仕組みを理解しておきましょう。

国際ブランドとカード会社の関係

国際ブランド別の決済流通額
国際ブランドとは、世界中に加盟店を持つ決済ネットワークを保有する企業のことを指します。
各クレジットカード会社は、これら国際ブランドの決済ネットワークを借りることにより、より多くの店舗やサービスでクレジットカード利用ができるようにしているのです。

国際ブランドは従来より五大ブランドと言われてきましたが、現在はそこに銀聯(UnionPay)が加わり、六大ブランドとも言われております。余談ですが4つの国際ブランドはいずれもアメリカ企業で、JCBは日本にある国際ブランド、銀聯は中国にある国際ブランドとなります。

  1. VISA
  2. MasterCard
  3. JCB
  4. American Express
  5. Diners
  6. 銀聯

なかでもVISAとMasterCardは二大ブランドと言われるほどで、特にVISAは全世界でもっとも利用可能な国際ブランドとなります。VISAが使えなくて、他のクレジットカードは使えるような店舗を探す方が難しいかもしれません。

クレジットカードを作る際に選べるのは1つだけなので、国際ブランドの選び方も非常に大切です。初めて持つクレジットカードなら国際ブランドはVISAがおすすめです。

なぜクレジットカードは無料で使えるのか?それは加盟店があるから

クレジットカードを無料で使える理由

クレジットカードは無料で発行されるものも多くなっています。では、カード会社や国際ブランドはどのように利益を出しているのでしょうか?

その答えが、加盟店による手数料にあります。加盟店は、クレジットカード会社に、カード利用料金の数%の手数料を支払い、それがカード会社の利益になるのです。

クレジットカード会社は手数料ビジネスによって収益をあげております。
その手数料には、大きく分けて3つあります。

  • クレジットカード会員の支払手数料(分割払い、リボ払い、キャッシングなど)
  • クレジットカードの年会費
  • 加盟店(お店)からの決済手数料(決済金額の2〜10%程度)

発行手数料や年会費を無料で利用できるのも、クレジットカード決済を導入している加盟店(お店)が手数料を負担していたり、一部のクレジットカード会員が年会費または分割払いやキャッシング利用にかかる手数料を支払っているからです。

無料のクレジットカードが増えれば、それだけ利用者が増えます。
利用者が増えると、それだけ決済回数が増えますので手数料収益が増えるのです。

加盟店や一部ユーザーが支払う手数料によって、クレジットカード全会員がポイント還元や様々な優待サービスを受けられるのです。
つまり、手数料を支払わずに、それらサービスを使いこなすのが最もお得であることになります。

興味があれば近い将来に就職活動もあると思いますし、クレジットカードのビジネスモデルを勉強して見るのも良いでしょう。それがわかれば、カード利用者として賢い活用方法も理解してくると思います。

一括払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払い

クレジットカードには、いくつかの支払い方法があります。一般的なのが、一括払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払いです。それぞれについて見ていきましょう。

一括払い、2回払い(金利手数料なし)

一括払いは商品を購入し、次の締め日後の1回目の支払日に全額支払うものです。1回払い、マンスリークリアと呼ばれることもあります。

例えば、月末締め翌27日払いのクレジットカードであるとします。10月1日に1万円の商品をクレジットカードの一括払いで買ったとすると、10月31日に締められて、11月27日に支払う形になります。手数料等は一切かかりません。

またクレジットカードによっては「2回払い」という支払い方法もありますが、こちは半分を1回目に支払い、残り半分は次の支払日に支払う方法です。2回払いもほとんどの場合、手数料等は一切かかりません。

分割払い(金利手数料あり)

分割払いは、購入代金を3回以上に等分して支払っていく方法です。分割手数料がかかります。カード会社ごとで、各分割回数ごとの100円当たりの分割手数料が定められており、その金額が上乗せされた代金が総額となります。

分割できる回数もカード会社で異なり、三井住友VISAカードの場合は3~24回、楽天カードの場合は3~36回まで選択が可能となっています。

分割払いは、店頭で行えるほか、一括払いで支払った後に会員ページで変更できるクレジットカードもあります。

ボーナス払い(金利手数料なし)

ボーナス一括払いとは次のボーナスの時期にまとめて一括払いする支払い方法で、一括払いと同じく金利手数料はかかりません。コストをかけずにもっとも支払いを遅らせることのできる方法です。

通常ボーナス払いのタイミングは夏と冬の2回のタイミングがあり、夏は7月か8月、冬は12月か1月の期間が多いです。ここでのボーナス時期は、カード会員本人のボーナス時期ではなく、各カード会社が定めたボーナス期間となります。そのため実際のボーナス期間とは前後する可能性があります。

またボーナス2回払いというものもあり、夏と冬のボーナスに2回に分けて支払う方式です。こちらは金利手数料がかかるほか、支払が完了するまで利用可能枠を圧迫してしまうため注意して使いましょう。

リボルビング払い(リボ払い)

リボ払いは、利用金額にかかわらず毎月の支払い金額を一定にできる支払い方法です。毎月の支払い額は一定にできますが、その分金利や手数料もかかるため、返済期間が延びると支払総額も膨れ上がってしまうため利用には十分気をつけましょう。

ちなみにリボ払いには8つの支払い方式があるため、各支払い方法について簡単にまとめてみました。

まねぷれ
興味がある人はこれから申し込むクレジットカードや今持っているクレジットカードの支払い方式を確認してみてくださいね。
元利定額リボルビング方式借りた元金と利息の合計金額が毎月定額となる支払い方式です。月々の支払額が一定のため返済計画が立てやすいですが、最初は利息割合が多く返済が進みづらいです。
元金定額リボルビング方式元金を毎月定額とし、それに利息を乗せて返済する支払い方式です。元金が確実に減るため返済スピードも速くなりますが、初めのほうの返済額は大きくなります。
元金定率リボルビング方式毎月の元金の返済額を借入残高の〇〇%と指定し、返済する支払い方式です。支払いは割合で出された元金+利息となります。毎月の返済額は変動し、支払いを重ねるごとに返済額は減っていきます。そのため、支払いは楽になっていくものの、そのままにしておくと長期化していく可能性があります。
元利定率リボルビング方式毎月の支払額を借入残高の〇〇%として指定し、毎月一定額返済する支払い方式です。毎月の返済は一定ですが、最初は利息割合が高く、返済が進みづらいです。
残高スライド元利定額リボルビング方式元利定額リボルビング方式の定額返済額が、借入残高に応じて変動していく(低くなっていく)支払い方式です。
残高スライド元金定額リボルビング方式借入残高に応じて毎月の元金の返済額が決められ、それに利息を含めて返済する支払い方式です。
残高スライド元利定率リボルビング方式借入残高に応じて決められた率から求められる金額を返済していく支払い方式です。
残高スライド元金定率リボルビング方式利用残高に応じて決められた率から求められる金額を元金へ返済していく方法です。元金+利息が返済金額になります。

 

ショッピング機能とキャッシング機能

ショッピング機能とキャッシング機能
クレジットカードには2つの機能があります。通常買い物をする際に利用するのがショッピング機能です。一方、キャッシング機能は、クレジットカードを利用してお金を借りることができるサービスを指します。

このキャッシング機能ですが、事実上の「借金」を背負うことになり、利息もかかるため、学生のうちはあまり利用しない方が賢明かも知れません。また、本人の収入がないとキャッシング機能をつけることができません。

ショッピング機能は建て替え

ショッピング機能は、利用可能限度額内で利用できる建て替え機能です。
つまり、その場で商品やサービスと引き換え、料金を後日支払うというものです。現金での利用は出来ません。

キャッシング機能は現金の引き出し

キャッシング機能もショッピング機能と同様で後日支払うことになりますが、提携ATM等を利用して、少額の「現金」を一時的に引き出すことができます。

その場で現金が手に入りますので、現金決済しか出来ない時に便利です。
ただし、キャッシング機能は金利手数料(実質年率15.0%〜18.0%)が必ず発生します。(※)

学生が使う事はほとんどないかもしれませんが、キャッシングなら銀行ATM手数料や為替手数料を安く済ませられるため、海外旅行や海外留学時に役立ちます。

※:ショッピング機能も分割払いやリボ払いの場合、キャッシング機能同等の金利手数料(実質年率15.0%〜18.0%)が発生します。

分割払いやリボ払いにある実質年率ってなに?

分割払いやリボ払いには、金利が発生します。多くのクレジットカード会社で表示されるのが「年率」、つまり1年間にどのくらいの利息がつくかです。

1日当たりにかかる金利はこの実質年率を365で割ったものになります。たとえば、年率15%のカードでリボ払いした30日後に支払いをする場合は、利用金額の1.23288%が利息となります。

(計算例)
15.0% ÷ 365日 × 30日 = 1.23288%

クレジットカードの限度額について

クレジットカードの限度額は、学生の場合30万円までにすることが法的に定められています。もちろん最初から30万円であることは少なく、10万円、20万円という限度額を最初は提示されることも多いです。

一般的なクレジットカードの上限金額は最大でも100万円(ゴールドカードなら最大300万円程度)ですが、学生の限度額はどのクレジットカードも10万円程度と決まっています。

利用額は一時増額申請することも可能なので、高額な買い物をする場合は一時増額をお願いしてみましょう。

また、一時的でなく増額を希望する場合も、希望すれば審査の上行ってくれますが、クレジットカードである程度利用実績を積んだか、支払い遅れがないかなどが見られますので、ある程度カードを利用してから申請しましょう。

学生でも30万円以上に限度額を引き上げられる?

海外旅行や海外留学で思わぬ出費を伴うことを考えれば、万が一のときのためにできるだけクレジットカードの限度額は確保しておきたいと思いませんか?

現状、学生に付与されるのはどのクレジットカードでも最大30万円となりますが、これをちょっとでも増やす方法がないか模索している学生もいるでしょう。

率直に申し上げると学生の限度額を30万円以上に引き上げる方法はないです。

1つアドバイスするとしたら、クレジットカードには一時増額申請という方法があります。
引っ越し、結婚、旅行など大きな額を使う予定がある場合、事前にクレジットカード会社に申請することで一時的に限度額を引き上げてくれる制度です。

必ず限度額が引き上げられるわけではありませんが、試しに申請してみるとよいでしょう。

クレジットカードを利用する前に学生が知っておくべきこと

クレジットカードのデメリットの1つとして、使いすぎることがあります。カードによる決済では、高額商品も簡単に買うことができてしまいます。

金銭感覚が麻痺し、不要なものまで買ってしまうことも現実的に起こりえます。特に人つきあい、遊び、飲み会など、何かと支出が多い学生にとって、手元にお金がなくてもカードにより後払いできるクレジットカードは思わず手を出してしまいがちな支払い手段です。

利用明細や合計金額を確認し、無駄な使い方をしていないか、適宜自分を見張る癖をつけましょう。

締め日と支払日の違い

クレジットカードは、指定した銀行口座から毎月決まった日に引き落とされます。締め日は、クレジットカード会社が利用者に対する請求金額が、決まる日のことです。また、クレジットカードの支払い日は、締め日で決まった金額が指定口座から引き落とされる日です。

クレジットカードの支払いは毎月締め日と支払日が設けられ、一括払いの場合は前月の締め日で確定した金額を、翌月の支払日に支払うという流れが基本となります。

支払日の当日になって口座残高が不足していれば元も子もありませんので、支払日がいつなのか覚えておくのはもちろんのこと、支払日が土日祝日になった場合のルール(大半は休み明けにシフト)も把握しておきましょう。

支払日前になれば、支払金額の確定の連絡が登録しているメールもしくは明細に反映されますので、その日に口座残高の確認をしておくと良いでしょう。

限度額まで使ったら引き落としまで待つしかない?

利用限度額を超えて決済することはできません。利用額の振込みを終えた分は、またその分は利用可能になります。

困るのは、大きな買い物をした後です。学生向けのカードの場合、あっという間に利用限度額ぎりぎりという可能性もあります。

その場合、引き落とし日まで待てれば良いのですが、待てないなら、カード会社に相談すれば、引き落とし日前でも銀行振込みやコンビニ振込みで対応可能な場合があります。困ったらカード会社に相談しましょう。

 

年収欄や親の承諾はどうする?学生のクレジットカードの作り方

クレジットカードの審査

学生
バイトも何もしてないんだけど年収欄はちょっとは盛ったほうがいいよね?

まねぷれ
嘘はダメだにゃ!学生なら0円でも大丈夫だからきにすることないにゃ(´・ω・`)

ここでは、クレジットカードの選び方が分かったところで、クレジットカードの作り方について軽くおさらいしておきましょう。
学生のクレジットカードの作り方について見ていきましょう。

クレジットカードの申し込み手順

クレジットカードの発行までの手順は、申し込み、審査、発行の順に行われます。まずは各カード会社のホームページから申し込みを行います。郵送や店頭でもできる場合もありますが、早さや利便性を考えると、インターネットによる申し込みが一番早いです。

  1. 選んだクレジットカードに申し込む
  2. 申し込みフォームに虚偽・誤字がないように気をつけて入力する
  3. 申し込み完了メールが、登録したメールアドレスに届く
  4. クレジットカード会社より本人確認の電話が届く
  5. (未成年者の場合は、親に子のクレジットカード申し込みの了解確認の電話も届く)
  6. クレジットカード会社から登録したメールアドレスに審査結果の連絡が届く
  7. 即日発行であれば受取店舗へ、そうでなければ数日後に自宅にクレジットカードが届く
  8. 引き落とし口座登録の用紙を返送する(クレジットカードによっては申込時にインターネット登録できる場合もあり)

必要事項を記入したら、申し込みは完了です。続いて審査が行われることになります。審査に当たって、確認事項があれば電話がかかってくる場合もあります。審査に無事通ると、その旨が通達されます。メールによる通達が多いです。

その後、カードが発行されて郵送されてきて届く、という手順です。郵送で受け取る場合、本人確認書類の提示が求められることがあるので、必要書類を用意して待ちましょう。また、受け取りは本人が行わなくてはならないとする場合も多いので、その場合しっかり自身で受け取ってください。

クレジットカードの申込フォームには、名前や住所、連絡先、住居の形態、家族の構成人数などの様々な項目があります。記入ミスや誤った情報を入力しないように息をつけましょう。(記入漏れ、記入間違いは審査落ちの原因になります)

例えば下図は三井住友VISAデビュープラスカードの申込手順です。

申し込み手順

このように最短3営業日で発行されるクレジットカードもたくさんありますし、次の章でも説明しますが即日発行できるクレジットカードもありますので急いでいるときにこの手順を覚えておくと良いでしょう。

即日発行で受け取るなら店頭受取に

クレジットカード発行までの流れはおおまかには上の通りです。このプロセスには、一般的に数週間かかります。ですが、なかには申し込み当日に受け取れる、学生向けの即日発行に対応するクレジットカードもあります。

エポスカード

例えばエポスカードはマルイで受け取ることができますので即日発行に対応しています。試したところ大学生は1分でエポスカードの審査が完了していました。

それかセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードも最短即日発行が可能なので何としても今日中にほしいという人にはおすすめです。

この場合、郵送はできませんので、カードを店頭などして場所に取りに行く必要があります。即日発行にはまた特有の注意事項があるので、しっかり確認しておきましょう。

未成年だと親の承諾が必要

クレジットカードの申込条件には、18歳以上という縛りがある場合が多いです。そもそも20歳以上の場合、未成年者は無理ですが、18歳以上の20歳未満の学生が申し込む場合、注意点があります。それが、親の同意が必要だということです。

未成年者が発行する場合、審査の過程で親に電話があり、発行しても良いかが問われます。ここで電話がつながらなかったり親が拒否したりするととクレジットカードは発行されません。未成年者は、親に内緒でカードを発行することはできないので注意が必要です。

ただ20歳以降になれば親の承諾は必要ありませんので、ば親バレせずにクレジットカードを作ることができますので安心してください。

学生の場合は収入欄は0でもOK

クレジットカードの申し込みには、年収を記入(または入力)する欄があります。本人の返済能力を確認するためのものとして設けられていますが、学生の場合、バイトをしていなければ年収0という場合もあるでしょう。

そうでなくても、収入に偏りがあったりで年収にいくらと書けば良いか分からない人も見られます。いずれにせよ、学生が収入により審査に落ちる可能性は低いと考えて良いでしょう。なぜなら、審査では親の信用情報が参照されるためです。

例えば下記は学生専用ライフカードの申し込みフォームです。
学生専用ライフカードの年収欄

学生本人の利用であっても、結局スポンサーが親である場合がほとんどなため、このような結果になるのですね。むしろ、見栄をはって本人年収に虚偽の記載をすることで審査に落ちる原因になりますので、年収は正直に書きましょう。なければ学生ならクレジットカードの収入欄には「0」でかまいません。

変な見栄や虚偽の年収を記載しないようにしましょう。

提出書類に学生証は不要!必要なのは免許証か健康保険証

カードの発行に当たり、本人確認書類の提出が求められます。本人確認書類は、一般的には免許証や健康保険証が用いられます。会社により基準は異なるので、確認しておきましょう。
ただし、学生証は本人確認証となりません。

本人確認証として機能するのは次の4つです。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し

クレジットカードの申し込みに学生証は必要ありませんので、免許証もしくは健康保険証は必ず用意しておきましょう。
 

学生のクレジットカードの審査は特殊?審査基準を解説!

クレジットカードの審査とは

学生
もしクレジットカードの審査に落ちたら、なにか悪いことが起きるんじゃないかと不安になるぜ……

まねぷれ
学生の審査は普通とちょっと違うから気持ち楽にしておこうにゃ〜(๑•̀ㅂ•́)و✧

クレジットカードは、発行時に審査が行われます。ここでは、一般的な審査基準、学生の審査基準や、その注意点を確認していきます。

審査が行われるのはなぜか?

クレジットカードは、本来その場で支払うべき金額を後払いできるカードです。後払いですから、利用者がその金額を支払わないリスクが考えられます。ですから、カード会社は、申し込み者が利用金額を支払ってくれるかを審査するのです。

どれだけの用をえられるか、それがクレジットカードの審査の意味なのです。

審査基準とは?

クレジットカードの審査は、大きく分けて、「支払い能力」と「信用情報」に基づいて行われます。支払い能力では、年収、職業、持ち家、他社の借り入れ、勤続年数、扶養人数などの項目があります。

一方信用情報は、過去に支払い遅れがないか自己破産などの債務整理の履歴がないか多重債務になっていないか(これを俗に金融事故があったと言います)などが見られます。これらの基準を総合的に判断して、審査がなされます。

ただ学生の場合は過去に金融事故を起こしていることもほぼないと思いますので、クレジットカードの審査はほぼ通るものだと考えても問題ないと思います。

学生で考えられる金融事故

  • 自分の名義で契約した携帯電話の2年割(割賦支払い)で、延滞履歴がある
  • (未成年の場合)親の信用履歴に問題がある

例えば、携帯電話の契約内容で2年割(各社で名称は異なるが)というものがあります。
これは割賦販売と呼ばれる分割支払いを指し、クレジットカードと同じ信用履歴が用いられます。

そのため、過去に自分の名義で2年割契約した携帯電話料金の延滞履歴がある場合、クレジットカードの審査に落ちる原因となります。気をつけましょう。

学生のクレジットカードの審査は特殊なのか

学生の審査は、ある意味特殊な面があります。

本人年収があまり気にされないほか、勤続年数や勤め先などの社会人なら参照される項目がない点です。この意味で、社会人よりも審査面では優遇されているといえるでしょう。

まねぷれ
実際に学生専用とカードを分けているのは審査基準を分けるためでもあるんだにゃ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

本人収入があると審査は有利になる?

本人収入があると、審査では有利になるのでしょうか?

ショッピング枠だけを希望している場合はそれほど影響があるとは言えません。

ただし限度額をできるだけ増やしたい、海外でキャッシングを利用したい場合は、安定した収入があることがなければいけませんので、そういう意味では本人収入のメリットはあると言えるでしょう。

アルバイト年収欄の書き方での悩み

学生の場合、アルバイトにより収入がある場合もあります。申し込みの際、年収の欄に書く金額について悩む学生の方は多いようです。具体的には、アルバイトでの収入が安定しない場合、短期のアルバイトをしている場合、長期バイトでも初めて数ヶ月、もしくは数ヶ月でやめた場合です。

このような場合、どのように記載すれば良いのでしょうか?収入が安定しない場合、あくまで平均的な額を書く、過去1年間に給与として振り込まれた額を書くなどの方法が考えられます。

はじめて数ヶ月の場合、1ヶ月あたりの見込みの給与を12かけた額を記載しましょう。数ヶ月でやめた場合は、現在、今後バイトをする見込みがなければ年収は0出だした方が無難です。

額については少なめに書くか、不安なら0にしても問題はないので、あまり気にしすぎないようにしましょう。ただし、水増し申請は問題になります。

審査では絶対に嘘は書いてはいけない

審査において、虚偽の記載をした場合、審査落ちの原因になります。間違った内容を記載しても、最悪の場合虚偽の申請と受け取られるので、申し込み書や申し込み欄への記載事項は、必ずチェックしてまちがいがないようにしましょう。

信用履歴を傷つけないために!学生に注意してほしい3つのこと

気をつけてほしいこと
学生は審査基準が社会人より優遇されている面もありますが、それでも注意点はあります

1.支払い遅れをしないこと

。まず、絶対に支払い遅れをしないこと。支払い遅れは本人の信用情報に傷がつく要因になります。引き落とし日までに必ず口座に必要金額以上を入れておきましょう。

また、携帯端末を持っていて、その料金が分割払いの人は、その支払いが絶対に遅れないようにしましょう。なぜなら、携帯端末の分割払いも、信用情報として記録されるためです。

2.分割払いやリボ払いをしない

クレジットカードは、時に自分自身が持っている現金よりも多くのお金を使うことが出来ます。
そして、パソコンを買ったり、旅行に出かけたりするときに、ついつい「分割払いで買えば良いか」と考えがちになってしまいます。

お金の管理が出来ない人にありがちなパターンなので、クレジットカードは必ず「身の丈にあった使い方をする」ことです。

どうしても大きな買い物が必要になってしまった場合は、必ず両親にも相談しましょう。

3.利用明細を必ず確認する

今やWeb明細は当たり前です。

アプリを出しているクレジットカード会社もありますので、スマホからの明細確認も容易になりました。
現在どれだけクレジットカードを利用していて、今月と来月はそれぞれどのくらいの支払いが必要なのか、確認する習慣を作りましょう。
 

現役学生30人に聞いた!クレジットカードの気になる疑問

現役学生30人に「クレジットカードについて分からないこと、知りたいこと」について聞いてみました。
重複している内容もありますので順不同ではありますが、紹介したいと思います。

Q1.クレジットカードの貸し借りはして良い?

学生
友達からクレジットカードを貸してと頼まれた。親友だし、貸そうかなと思うが……。

まねぷれ
絶っっっっっ対だめだにゃ!!!!

結論から言うと、クレジットカードの貸し借りは絶対に行ってはいけません。カード会社の規則には、クレジットカードは本人のみしか利用してはならないと、明確に定められています。

家族カードなら問題はないのですが、本人以外が利用していることがカード会社に発覚した場合、強制解約となる可能性もあるので、注意が必要です。

クレジットカードの所有権はクレジットカード会社

クレジットカードの貸し借りについてですが、そもそもクレジットカードはクレジットカード会社が申込者に貸与しているものです。

そのため、もし誰かに貸した場合は規約違反となり、会員権の剥奪になりかねません。
もっとも、貸したことでトラブルに巻き込まれたとしても、一切の補償を受けることはできなくなると思いますので、決して人に貸すことはしないでください。

Q2.紛失したときの被害が大きそうで怖い

学生
もし紛失したら怖いから、クレジットカードは持ちたくない

まねぷれ
クレジットカードは現金よりも安心できると思うにゃ

クレジットカードは、不正利用に関して保険が付帯していることが多いです。紛失が発覚したら、すぐにカード会社に電話をかけましょう。これにより迅速にカードを停止してもらうことができます。また、万が一紛失してから不正利用があった分は利用分を補償してくれるため、安心です。

紛失・盗難補償があるから、現金よりも安全

例えば財布を紛失した、もしくは盗まれた場合、財布や免許証は戻ってくるかもしれませんが、現金を取り戻すことは極めて難しいです。
なぜなら、金額や所有権を証明できるものがないからです。

しかし、クレジットカードならば紛失・盗難の補償制度があります。
紛失・盗難に気づいたらすぐにサポートセンターと最寄りの警察・交番に届け出ることで、届け出日の60日前分の損害が補填されます。

現金だと使われてお終いですが、クレジットカードであれば利用を止められる上に補填もされますので、ある意味、現金よりも安心して利用できるのです。

Q3.クレジットカードの審査基準を教えてほしい

学生
審査内容が分かれば、安心して申し込めるのになぁ

まねぷれ
審査内容は各クレジットカード会社で独自で判断するため、正解はないんだにゃ。ただし学生専用は、さらに独自の基準で審査するため、学生なら通りやすいはずだにゃ!

審査基準としては、収入、職業、勤続年数、持ち家、過去の支払い遅れなどが参照されます。具体的に年収がいくら、などの細かい基準はカード会社、カードにより異なりますし、公表されていません。また、申し込み条件を読んで問題がないかどうかも重要です。

学生専用であれば安心

クレジットカードの審査内容やその基準が分からないために、不安である学生も多いようです。

クレジットカードの審査基準は、各クレジットカード会社で異なるため、厳しいも甘いもありません。
ただし、学生向けに作られたもの、学生専用のクレジットカードは、学生向けに作られた独自の審査基準を設けているため、いくらかは審査に通りやすいといえるでしょう。

Q4.自分がどれだけ使ったのか分かりにくい

学生
結局どれだけ使ったか分かりにくいから、クレジットカードは使いたくない

まねぷれ
それは明細を確認していないからではないかにゃ?

カード会社は、マイページやアプリ、その他紙やwebによる利用明細を発行するなど、利用金額はしっかり確認することができます。どのようなツールがあるか確認してみましょう。

利用すればすぐに反映されるWeb明細

最近は銀行口座でさえ記帳ではなく、インターネットの管理画面で確認できるようになりましたよね。
クレジットカードも同様にインターネットでいつでも確認することが出来ます。

また、利用したらすぐに速報が通知されるようなサービスも無料で使えるため、現金よりも足跡が付きやすく、管理しやすいと思いませんか?

しかし、利用店舗(もしくはサービス)の売上請求日がズレたために、支払日がさらに翌月にもし越される事があります。
そうすると、想定以上に出費が多いなと感じる月も出てくるでしょう。
ただし、それも明細を確認していれば恐くはありません。

日頃から利用金額を把握することが大切です。

Q5.デビットカードはクレジットカードじゃないの?

学生
最近テレビCMでデビットカードが紹介されているけど、あれはクレジットカードじゃないの?

まねぷれ
利用できる場所はクレジットカードと一緒だにゃ!けれど、支払い方法が異なるんだにゃ!

デビットカードとは、利用分が決済と同時に登録口座から即座に引き落とされるカードです。その点、後払いのクレジットカードと異なります。

また、即時決済のため分割払い、リボ払いが不可能であるほか、信用情報にかかわらず口座に利用時にある金額の範囲でしか使えないので、審査もありません。デビットカードの発行年齢も15歳~可能なケースも多く、その点もクレジットカードよりも発行する敷居は低いかもしれません。

デビットカードは銀行口座からリアルタイムで引き落とし

デビットカードは個人の与信(=クレジット)ではなく、銀行口座残高をリアルタイムに確認して決済できるカードです。

銀行口座残高以上の決済金額では使えない上に、使ったその時点でリアルタイムに引き落とされますので、万が一使いすぎるということがありません。

学生であれば年会費無料としているデビットカードもありますし、もし年会費が発生したとしても毎回のATM引き落とし手数料を浮かせることが出来ますのでお得です。

下記の記事でもまとめておりますので、もし時間があるなら読んでみて下さい。

Q6.引き落とし日に口座残高が足りなかった!支払いはどうなるの?

学生
やばい銀行にお金入れておくの忘れた!!

まねぷれ
すぐにクレジットカードに連絡するんだにゃ!次の引き落とし日に合算してくれるか指定口座に振込をすることになると思うにゃ!

気づいたらすぐにカード会社に連絡をしてください。督促状が送られてきたり電話がかかってくるまで待っているなどというのは、信用情報に悪影響を与えます。

その後は電話で支持を仰ぐのが一番ですが、一般的に取る方法は、銀行振込み、再度引き落としの日を指定される、コンビニ振込みの用紙で振込みなどです。問題は利用分の金額が用意できない場合ですが、この場合もその旨、必ず電話で説明します。

その後、返済スケジュールなど、電話で相談に乗ってもらえるので、指示に従いましょう。とにかく、まずは電話連絡の姿勢が重要です。

Q7.どうしてもカードの支払いが困難に……親に連絡される?

学生
使いすぎた……マジどうしよぅ……汗

まねぷれ
カード会社にすぐに相談してみよう。早めに相談すれば親に連絡はいくことないにゃ!

まずはカード会社に連絡しましょう。絶対に放置してはいけません。親に支払い義務もないため親に連絡が行くことはありませんが、同居している場合、支払わずに放置すると督促状や電話などで、親にばれることになります。

Q8.親バレせずにクレジットカード作れる?

学生
どうしても欲しいライブチケットあるんだけどクレカ決済だけなんだよな……。親にバレたくない。

まねぷれ
年はいくつ?20歳以上なら親バレせずに作ることは可能だにゃ!

20歳以上なら可能です。しかし、未成年だと親の承認が求められるため不可能でしょう。

また、親と同居している場合、郵送によりカードが届いたり、紙媒体の利用明細の発行ができるクレジットカードの場合、それが親に見られたり郵送により届くことで親に発覚する可能性もあるので、注意が必要です。

親にばれずに発行したいなら、20歳以上であることに加え、同居しているなら、カード会社から郵送物が来ないようにする、もしくは親のいない時間に届くようにする、または郵送物のないカードにする、などの配慮が必要です。

Q.9 電子マネーはクレジットカードで使える?

学生
できればクレジットカードと電子マネーが一緒になればいいなー

まねぷれ
電子マネー一体型のクレジットカードはたくさんあるからそれを選ぶといいにゃ!

どの電子マネーを使えるかはカードにより異なります。

交通系の電子マネーであるSuica・PASMOはなじみが深いですが、WAON・楽天Edy・nanaco・iD・QuicPayなどさまざまな電子マネーがあります。

電子マネーをクレジットカードからチャージすると、ポイントがもらえるので、どうせチャージするならお得に活用しましょう。なかには、Suica機能が付帯するクレジットカードもあります。

多くの電子マネーはクレジットカードに付属搭載されており、おつりがなく支払いがスムーズであるため、電子マネーを利用すると便利です。

電子マネー
デビュープラスiD、Apple Pay
エポスカードApple Pay
楽天カード楽天Edy、Apple Pay、楽天ポイントカード
ライフカードApple Pay
JCB CARD WQUICPay、Apple Pay
セゾンブルーApple Pay

 

学生専用のクレジットカード、卒業して社会人になっても使えるの?

学生
来年から新卒入社するんだけど、学生専用のクレジットカードはどうなるの?

まねぷれ
一般カードに自動で切り替わるにゃ。不要な場合は早めに手続きしないと年会費がかかる場合があるから、気をつけるにゃ!

ここでは、学生専用のクレジットカードが卒業しても使えるのかについて確認します。

学生専用ライフカードの場合

学生専用ライフカードなら、卒業すると通常のライフカードに切り替わります。
年会費は変わらず無料なので安心ですが、学生専用ライフカードにあった「海外旅行傷害保険の自動付帯」「海外ショッピングの5%キャッシュバック」等の付帯サービスが使えなくなります。

そのため、卒業前には貯まったポイントは全て使い切るようにして、他社のクレジットカードへ乗り換えてしまいましょう。

三井住友VISAデビュープラスカードの場合

三井住友VISAデビュープラスカードは卒業後も25歳まで保有する事ができますが、26歳になると三井住友VISAプライムゴールドカード(もしくはクラシックカード)に自動切り替えされます。

  • クラシックカード:1,250円+税
  • プライムゴールドカード:5,000円+税

三井住友VISAデビュープラスカードの自動切り替え後のカードは、どちらにせよ年会費が発生しますので注意が必要です。(マイ・ペイすリボへの登録+ご利用、もしくは年間300万円以上の利用で翌年度の年会費が無料になります)

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの場合

こちらは学生専用ではありませんが26歳になるまで年会費無料で利用することができます。

26歳以上になると年会費が発生するようになります。卒業のタイミングでカードの切り替えなどはありませんが、意識しておきましょう。

クレジットカードの更新時・切替時に注意したいこと

学生から社会人になると、カード会社に属性の変更は行う必要はあるのでしょうか。結論から言うと、ありません。実は、社会人になっても、学生としてカードを使うことができます。しかし、利用枠が30万円以内など、不便もあります。

利用枠を拡大してほしいなら、属性は変更しておきましょう。変更は、インターネットや電話窓口、書類により行うことができる場合が多いようです。

クレジットカードが更新・切り替わる際は次のように更新されますので、いくつか気をつけなければいけないポイントがあります。

カード更新カード切り替え(券面変更)
クレジットカード番号変更なし変更される
有効期限変更される変更される
セキュリティコード変更される変更される

 

この時に、

  • 新しいクレジットカードが届いたらすぐに裏面にサインを記入する
  • 公共料金やインターネットショッピングのクレジットカード情報も更新する
  • 古いクレジットカードにはハサミを入れて、バラバラにしたのち廃棄する

ようにしておきましょう。
支払情報のクレジットカード情報が古いままだったために、いつの間にか支払い遅延が生じているケースもあります。
利用しているサービスが多れば修正が大変ですが、漏れがないように対応しましょう。

学生の皆さんがクレジットカードと上手に付き合っていくために

クレジットカードの付き合い方
これからクレジットカードと長い付き合いになると思います。

下記の区分けを1つ参考にしてみてはいかがでしょうか?

学生学生向けの
クレジットカードから始める
公共料金支払いから
徐々にクレジット決済に慣れる
23〜29歳目的ごとにお得なカードを
見極め複数枚持ち
店舗や海外旅行に合わせて
クレジットカードを使い分け
30歳〜ステータスカードを
検討する
年会費と優待特典を比較し
お得ならゴールドカードへ

 
学生にもなれば社会人相応の金銭感覚で、自分の行動に責任を持たなければいけません。

そのためにも、正しい知識と有意義に活用する術を身につけましょう。その上でクレジットカードを使いこなせば、最大限の利便性(日常のショッピングや海外旅行など)を発揮することができます。

クレジットカードに関する理解を深めた上で、まずは学生向けのクレジットカードから使い始めることが大切です。

学生におすすめの関連記事

参考クレジットカード支払いで節約できる固定費まとめ
参考無印良品を最大20%オフで購入する4つの方法
参考初心者必見!簡単に出来る6つのクレジットカード管理方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

学生

セブンカード・プラスは学生にとってメリットがあるのか検証してみた

セブンカード・プラスは学生でも申し込み可能なのか、また学生が持つ場合に特にどのようなメリットがあるか

記事を読む

大学生

学生のクレジットカード審査ともっと気になる親の同意

クレジットカードを作る際に避けては通れないのが審査です。クレジットカードは券種ごとに審査基準

記事を読む

学生

REX CARD Liteは学生にとってメリットがあるのか検証してみた

REX CARD Liteは学生でも申し込み可能なのか、また学生が持つ場合に特にどのようなメリッ

記事を読む

学生

ペリエカードは学生にとってメリットがあるのか検証してみた

ペリエカードは学生でも申し込み可能なのか、また学生が持つ場合に特にどのようなメリットがあるかにつ

記事を読む

クレジットカード

クレジットカードを使う学生におすすめの国際ブランドと各国際ブランドの特徴解説

クレジットカードの「国際ブランド」。名前だけは聞いたことがあっても、実際にどういう物なのかいまい

記事を読む

ミライノカード
住信SBIネット銀行のクレジットカード「ミライノカード」のメリット・デメリットとは?

ミライノカードは住信SBIネット銀行のスマートプログラムにより、ポイン

2017.11.16 Thu

即日発行してくれるクレジットカード
即日発行クレジットカードで当日から使える「本カード」を発行できるクレジットカードは?

「即日発行」できるクレジットカードがあるのはご存知でしょうか。

2018.02.21 Wed

学生が楽天カードを申し込むときに気になる親の同意方法や楽天カード利用時に親ばれるのかについて解説

学生でもクレジットカードを使う人は増えています。楽天カードも学生に

2018.02.20 Tue

楽天カードの学生利用限度額はどれくらい?限度額を引き上げたい場合はどうすればいいか解説します

CMなどで話題になり、ポイントのたまりやすさや使いやすさから人気の

2018.02.20 Tue

楽天カードは学生でも審査に通ることができるの?カード審査の要点を解説

年会費無料、ポイントのたまりやすさなどで人気の楽天カード。

2018.02.20 Tue

DCカード Jizile(ジザイル) は学生におすすめのクレジットカードではないので紹介します

銀行系のクレジットカードというと安心感がありますが、リボ払い専用カ

2018.02.20 Tue

もっと見る

PAGE TOP ↑