今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

楽天カードの作り方教えます!申し込みから受け取りまでの手順を詳しく解説

クレジットカードを持ちたいけど未成年である自分に作れるのだろうか?と疑問を持っている人は多いのではないでしょうか。
また未成年の方が申し込む時の注意点も把握しておきたいですよね。
この記事では、 未成年でも 楽天カード を作れるの?についてまとめました。

申込資格原則として18才以上
(高校生を除く)
年会費年会費無料
国際ブランドVISA,Mastercard,JCB
旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)
おすすめポイント!ポイント還元率が非常に高く、1番人気で初心者にもおすすめ!

楽天カードってどんなカード?

楽天カードを作るときに必要なものは?

楽天カードの作り方!

楽天カードにデビットカードはあるの?

他のおすすめのクレジットカード!

気になる部分は下の目次から、各見出しに飛んでもらえればすぐ読めます!

目次

楽天カードとは?知っておきたいメリット・デメリット

楽天カードは次のような点でメリットがあるクレジットカードです。

  1. 楽天市場での利用でポイントが3~9倍(還元率:3.0~9.0%)
  2. 海外旅行傷害保険が最高2,000万円(利用付帯)
  3. 楽天カード(クレジットカード)、楽天ポイントカード・楽天Edy(電子マネー)が一体型にできる!
  4. ENEOSで楽天カード支払いならポイントが2倍!
  5. 楽天学割との相性も抜群!

クレジットカードの還元率は平均的なもので0.5%~1.0%、つまりクレジットカードで100円分を利用すると0.5~1.0円分のポイントが還元されることを意味します。楽天カードは還元率が1.0%なので、これは平均的な数字です。

しかし楽天市場で楽天カードを利用すると「楽天市場の通常ポイント(1倍)+楽天カードの通常ポイント(1倍)+楽天カードの利用特典ポイント(1倍)」となり、ポイントが3倍、還元率が3.0%になります。

これは他のクレジットカードと比べてみても驚異的な数字です。更にいくつかの条件をクリアすると還元率は最大で9.0%になります。

「楽天市場+楽天カード」での買い物で、最低でも毎回ポイントが4倍なので、お金を大切に使いたい学生さんにもぴったりです。(SPUのポイントアップ表)

他にも海外旅行傷害保険がつくので海外旅行に行く機会のある学生さんや、車やバイクなどを運転し、普段からENEOSを利用する学生さんであれば楽天カードの支払いでポイントが2倍貯まるため、非常におすすめです。

デメリットとしてあげれる点は、強いて言うならポイントシステムが複雑といったところでしょうか。ポイント変換効率や貯めやすい反面、かなり複雑になっている気がしますね。
参考元楽天カード社員が教える楽天カード活用術!審査やポイントなど分かりにくい仕組みも解説

作り方を知る前に!楽天カードのカード情報を確認

楽天カードを作る前に楽天カードの基本的な情報を知っておきましょう。
以下のスペック表を確認して自分にあったクレジットカードなのかをしっかり確認しておきましょう。

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード、アメックス
最大5,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく2,000ポイント
  2. 申し込み日の翌々月末までに楽天カードを1円以上利用で3,000ポイント
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン

学生から主婦まで誰でもOK?楽天カードの申し込み条件

楽天カードが公開している入会条件は「満18歳以上の方(主婦・アルバイト・パート・学生も可)※高校生は除く」です。

高校生は申し込みできませんが、短大生や大学生・専門学生・主婦やフリーターの方でも申し込みが可能です。

楽天カードの国際ブランドは3種類!大きな違いは電子マネーとカード券面

楽天カードの国際ブランドは、JCB,VISA,MasterCardの3種類あり、希望のブランドを選択することができます。

どのブランドであっても、年会費無料やポイント還元率1%以上・楽天ポイントの利用可能店舗、海外旅行傷害保険などの付帯サービスも変わりません。
どのブランドを選んでも変わらない点もありますが、ブランドによって変わることもあります。

それが、電子マネーとカード券面です。

また、国際ブランドは1度選ぶと変更はできません。どうしても変更する場合は解約をして新規申し込みをしないといけませんので注意が必要です。

楽天カードのMaster Cardだけの特典

MasterCardの楽天カードの場合はau WALLETにクレジットカードでチャージができます。

また、ApplePayにおいてもVISAのように制約がありません。カードデザインは、「通常」「FCバルセロナ」「楽天イーグルス」「お買いものパンダ」の4種類から選べます。

楽天カードのJCBだけの特典

JCBブランドの楽天カードであれば、MasterCardと同じようにApplePayを制約なく利用することができます。

そして、カードデザインは「通常」「FCバルセロナ」「楽天イーグルス」「お買いものパンダ」に加え、「ディズニー・デザイン」の5種類から選ぶことができます。

楽天カードのVISAだけの特典

VISAブランドの楽天カードは、特に独自の特典があるわけではありません。そして、カードデザインは「通常」の1種類のみになります。

ただし、VISAに限り他のブランドのカードを追加することがも可能です。

楽天カード作るのに用意しなければならないもの


楽天カードを作る際には、楽天会員IDや本人確認書類、引き落とし口座などの用意が必要です。事前に把握してスムーズに申し込みができるようにしましょう。

楽天会員ID

楽天カードを作るには楽天会員IDが必要です。楽天会員になれば、楽天会員IDが発行されますので、まだ持っていない場合はカードを作る前に会員登録を済ませましょう。

本人確認書類

楽天カードを作る際には本人確認書類が必要です。下記書類のいずれかを用意しましょう。

要点まとめ本人確認書類

・運転免許証または運転経歴証明書
・パスポート
・健康保険証
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
・外国人登録証明書
・在留カード
・特別永住者証明書
・国民年金手帳など

引き落とし口座

毎月のカード利用額の引き落としをする口座が必要です。事前に決めておきましょう。

楽天カードを作る本人が未成年の場合は保護者の同意が必要

「満18歳以上」でも楽天カードに申し込みができますが、未成年の場合は保護者の同意が必要です

楽天カード会社から保護者へ電話連絡確認がありますので、必ず事前に同意を得ておきましょう。

楽天カードでキャッシング枠を申し込むなら「収入証明書類」も準備

楽天カードでは、キャッシング枠を申し込む場合、下記の収入証明書類のいずれかが必要になります。ただし、「審査の通りやすさ」を重視する場合はキャッシング枠の申し込みは控えた方がいいでしょう。

要点まとめ収入証明書類

・源泉徴収票
・給与支払明細書
・特別徴収税額の通知書
・課税証明書
・確定申告書

楽天カードの作り方を徹底解説!申し込みはオンライン申し込みだけ


楽天カードは、店舗などでは申し込みできずオンライン申し込みのみの受付です。

お得なキャンペーンや誤字脱字防止など、オンライン申し込みのメリットについて見ていきましょう。

楽天カードのオンライン申し込みのメリット1. お得な入会キャンペーン

TVCMで見たことがある人も多いと思いますが、楽天カードはさまざまな新規入会キャンペーンを実施しています。

2018年3月5日時点で実施しているキャンペーンでは、楽天カードの入会&利用で最大5,000円相当のポイントがもらえます。

楽天カードのオンライン申し込みのメリット2. 誤字脱字を防ぎやすい

申込書への手書きと違い、オンラインであれば何度も入力直しができるため誤字脱字を防ぐことができます。

申し込み方法も入会ページの案内に沿って進めるだけなので、初めての人でも簡単に申し込み&作成ができます。

1.楽天カードを申し込むときは楽天会員に登録しよう

まだ楽天会員になっていない場合は、会員登録をしましょう。

楽天カード申し込みページで「楽天会員ではない方」を選択すれば、カードの申し込みと同時に楽天会員登録もできます。

2.楽天カードのブランドとカードデザインを選択

楽天カードの希望ブランドを3種類から選択します。

希望のデザインを選択します(下記はJCBの場合)

3. 基本情報・勤務先情報の入力

名前や生年月日などの基本情報の入力をします。

続いてメールアドレスの入力です。

楽天カード・楽天ポイントカードからのお知らせを受け取るだけで100ポイントもらえます。

住所の入力をします。郵便番号を入力して住所検索をしましょう。

同一生計を理解しておこう

同一生計とは「サイフが同じ」と言うことです。生活費が同じサイフから出ている場合は同一生計です。

同じ家に住んでいても生活費などすべてのお金が完全に別の場合は同一生計ではないことになります。

「世帯人数(同一生計の人数)」は「1人世帯」「2人世帯」「3人世帯」「4人以上世帯」から選択します。

自動リボに要注意!ショッピングの支払方法について

途中で「自動リボサービス申し込み」がありますが、よほどでない限りは「申し込まない」を選択した方が良いでしょう。

自動でリボ払いになり、高い利息を支払うことになってしまいます。自動リボを申し込みするとポイントがもらえますが、ここは惑わされないようにしましょう。

支払い口座を設定!楽天カードで登録できる銀行は?

「ご利用代金お支払い口座」では、すぐにインターネットで手続きするか、郵送手続き(1〜2ヶ月かかる)かを選べます。

インターネット手続きに対応している金融機関は以下のとおりです。

要点まとめ金融機関一覧

・楽天銀行
・ソニー銀行
・じぶん銀行
・イオン銀行
・ジャパンネット銀行
・みずほ銀行
・りそな銀行
・住信SBIネット銀行
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行

4.メールが届いて申し込み完了

入力を終えると登録メールアドレスに申し込み完了のメールが届きます。

5.楽天カードに在籍確認はある?審査とその後の発行手続き

楽天カードは本人確認や在籍確認がある場合があります。

審査に全く問題がない場合はほとんどかかってきませんが、申告内容と信用情報の内容に違いがある場合に電話がある可能性が高いです。

また、未成年の場合は必ず親権者宛に連絡があります

6.楽天カードは1週間程度で手元に!受け取りは誰でもOK?

申し込みを終えて1週間程度でカードが手元に届きます。

オンラインで口座登録済みであれば、簡易書留で郵送されるため、本人でなくても家族であれば受け取りが可能です。

ただし、それ以外の場合は本人確認が必要になります。

7.入会後の楽天e-naviでのメール配信は必須

楽天カード入会後にボーナスポイント受け取りに関するメールが来るため、メール配信拒否はしないように注意しましょう。

8.入会特典(2000P)を受け取る

楽天e-naviで受け取り申請をして5営業日以内に、入会特典である2,000ポイントが受け取れます

9.楽天カードのキャンペーン特典は初回利用の翌月に受け取る

また、楽天カードのETCカードについての記事もまとめてあるので、参考にどうぞ!
参考楽天ETCカードは即日発行できる?即日発行のためのポイントまとめ

以上の作り方を参考にしてぜひ楽天カードを作ってみてください!

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード、アメックス
最大5,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく2,000ポイント
  2. 申し込み日の翌々月末までに楽天カードを1円以上利用で3,000ポイント
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン

楽天カードのデビットカードってあるの?

残念ながら、楽天カードのデビットカードは発行していないようです。
しかし、楽天銀行から楽天銀行デビットカードが発行されています
楽天デビットカードはデビットカード+楽天銀行のキャッシュカードという認識で問題ないでしょう。

楽天銀行デビットカードのメリット

楽天銀行デビットカードを使うメリットについて解説します。

デビットカードは即時決済のカードなので、楽天デビットカードは、カード利用(=注文)と同時に、楽天銀行の口座からカード利用代金が引き落とされるカードです。クレジットカードを使う=借金をするのが嫌いな方には、借金をせずにクレジットカードと同じように使えるデビットカードがおすすめです。

また、楽天銀行デビットカードの利用限度額は、1000円単位で自分で決めることが出来ます(上限は銀行の預金残高)
クレジットカードの限度額では足りないものが買えたり、例えば限度額を3万円/月に設定すると、カードの使いすぎを防止できます。

審査なしでカードが作れる(=16歳以上の高校生からOK)

ここが楽天カードを作るときと大きく異なるポイントです!
デビットカードは預金残高しか使えないカードのため、発行時の審査がありません。
高校生や無職の方でも、何の問題もなくカードを作れます。
なお、楽天デビットカードには、Visaデビット・Visaデビット(ゴールド)・JCBデビットの3種類があります。

楽天カードの審査が不安な人が、楽天銀行デビットカードなら問題なくカードは作れますね!しかし、利用時に即座に引き落とされるので使い過ぎには十分注意しましょう。

以前に楽天銀行デビットカードの作り方について紹介したので是非こちらも参考にしてください。

楽天カードよりも作りたくなるクレジットカードランキング

ここからは楽天カードよりもおすすめのクレジットカードをランキング形式で紹介していきます。

一般的に評価が高いカードばかりですのであなたにぴったりのカードが存在する可能性も高いと思いますのでぜひ一回は目を通してみてください。

入会後3ヶ月はポイント5倍!25歳以下なら年会費無料の三井住友VISAデビュープラスカード

ブランド年会費
VISA無料(※)
ETCカード電子マネー
無料(※)iD
海外保険国内保険還元率入会特典
なしなし1.0%〜1.5%あり
申込資格発行時間
18歳〜25歳の方(高校生を除く)最短3営業日発行
詳細はこちら公式サイト

※初年度無料。年1回以上の利用で無料になるため実質無料

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳〜25歳限定で利用できる年会費無料のクレジットカードです。入会後3ヶ月はポイント5倍になりますし、入会キャンペーンもお得なのでおすすめです。

初めての方向けのクレジットカードですので、初めてクレジットカードの作り方を調べてみた人にはおすすめです。

39歳以下なら年会費無料&ポイント2倍になるJCB CARD W

ブランド年会費
JCB無料
ETCカード電子マネー
無料QUICPay
海外保険国内保険還元率入会特典
最高2,000万円なし1.0%〜2.5%あり
申込資格発行時間
18歳〜39歳の方(高校生を除く)最短3営業日発行
詳細はこちら公式サイト

JCB CARD Wは18歳〜39歳以下の方限定で利用できる年会費無料のクレジットカードです。最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険も利用付帯していますし、期間限定でポイント4倍&ボーナスポイントもあるのでおすすめです。

18歳以上なら誰でも作れる人気急上昇中の楽天カード

ブランド年会費
VISA,JCB,mastercard無料
ETCカード電子マネー
500円+税楽天Edy
海外保険国内保険還元率入会特典
最高2,000万円なし1.0%〜9.0%あり
申込資格発行時間
18歳以上の方(高校生を除く)最短3営業日発行
詳細はこちら公式サイト

楽天カードは18歳以上なら主婦・パート・学生でも作れるクレジットカードで、入会キャンペーンも非常に魅力的なのでおすすめです。楽天市場のSPUでポイント最大9倍、キャンペーン時は20倍、30倍にもなります。

ポイント還元率が高く初心者にもおすすめのOrico Card THE POINT

ブランド年会費
JCB,mastercard無料
ETCカード電子マネー
無料iD,QUICPay
海外保険国内保険還元率入会特典
なしなし1.0%〜2.0%あり
申込資格発行時間
18歳以上の方(学生可)最短8営業日発行
詳細はこちら公式サイト

Orico Card THE POINTは18歳以上なら誰でも作れるポイント高還元率のクレジットカードです。初めて作る人におすすめの理由の1つに、交換先のポイントが豊富であるというのが挙げられます。

入会後6ヶ月は100円につきポイントが2倍貯まる上に、楽天ポイント・Tポイント・Pontaポイントなど様々なポイントに1ポイント=1ポイントの等価交換することが可能です。またクレジットカードの使いみちに迷っていたり、貯めるポイントが定まっていない人におすすめです。

10,000店舗以上で優待特典を使えるエポスカード

ブランド年会費
VISA無料
ETCカード電子マネー
無料なし
海外保険国内保険還元率入会特典
最高2,000万円なし0.5%〜あり
申込資格発行時間
18歳以上の方(高校生を除く)最短即日発行
詳細はこちら公式サイト

エポスカードはポイント還元率こそ低いですが、カラオケチェーン店で30%オフの割引があったり、映画館の割引があったりと、全国10,000店舗で適用される優待特典が魅力のクレジットカードです。

即日発行・海外旅行傷害保険の自動付帯など、海外旅行向けのクレジットカードでもありますので、海外旅行前の申し込みにもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください