【6/24迄】今なら楽天カード入会で7,000ポイントもらえる✨

知らない人は損してる!楽天カードのボーナス払いを元楽天カード社員が徹底解説

楽天カードのボーナス払い
「楽天カードでボーナス払いを使えたら助かるんだけど……!」
ポイントが貯まりやすく、楽天ペイとの組み合わせで街なかのお店でもお得に使える楽天カード。

ですが、
・楽天カードはボーナス払いを使える?
・ボーナス払いの締め日や引き落とし日は?
・ボーナスがもらえない人でも使えるの?
など分からないことも多いと思います。

そこで、この記事では元楽天カード社員の田代が楽天カードのボーナス払いについてまとめました。

楽天カードはボーナス払いを使える?

楽天カードは1回払い、2回分割払い、3〜36回分割払いの他にボーナス1回払い、ボーナス2回払いにも対応しております。

ボーナス2回払いは手数料がかかりますので、利用時は気をつけましょう。

支払い方法金利手数料
(実質年率)
利用代金100円当たりの
分割払手数料
ボーナス1回払い0.00%0円
ボーナス2回払い13.89%3.5円

楽天カードの基本情報

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード、アメックス
最大7,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく2,000ポイント
  2. 申し込み日の翌々月末までに楽天カードを1円以上利用で5,000ポイント
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン

ボーナス払いとは

ボーナス払いとは、商品等を購入した際の支払いを翌ボーナス時期に一括支払いをする方法です。

ボーナス払いの支払い時期は、一般的に夏(7月か8月)と冬(12月か1月)の年2回となっています。

支払いを次のボーナス時期(最大6ヶ月)延ばせるのがメリットですが、ボーナス2回払いになると手数料がかかってしまいます。

楽天カードのボーナス払いは引き落とし日はいつ?

楽天カードのボーナス2回払いのイメージ

楽天カードボーナス払いの引き落とし日は以下のとおりです。夏季・冬季ともに複数の引き落とし日がありますが、いずれも27日になります。

利用期間引き落とし日
夏季2/1~6/306/27 or 7/27 or 8/27
冬季8/1~11/3012/27 or 1/27

支払い月が複数ある理由

楽天カードのボーナス払いの支払い月が複数あるのは、楽天カードの加盟店によって支払月が決められているためです。実は対象期間も店舗によって決められていたります。

つまりボーナス払いを利用する店舗によって、ボーナス払いの対象期間と引き落とし日が異なるのです。

オンラインショッピングだと支払い方法のページに記載されておりますので確認できますが、実店舗だとなかなか調べにくいため最寄りの店舗や店内スタッフに聞いたほうが良いでしょう。

ボーナス払いを延滞するリスク

もし楽天カードのボーナス払いの引き落とし日に残高不足で延滞してしまうと、遅延損害金の発生や利用停止、最悪の場合は強制解約になってしまうことがあります。

ブラックリスト(信用情報機関)に記録されるのは困りますので、一時的にでも対処するように検討しておきましょう。

楽天カードの遅延損害金
  • ショッピング:14.6%
  • キャッシング:20.0%

ボーナス払いの引き落とし日に間に合わない時の対処方法

もし楽天カードのボーナス払いの引き落とし日に残高不足になる可能性があるなら、即日発行でして今日すぐ使えるACマスターカードをおすすめします。

ACマスターカードは年会費無料で唯一全国47都道府県に600店舗以上(2019年6月1日現在)を展開しており、最大30日間金利0円で利用できるため、一時的な残高不足の解消に役立てられます。

年会費無料
申込資格20歳〜69歳
発行時間最短30分審査
国際ブランドマスターカード
ショッピングリボ14.6%(実質年率)
キャッシング手数料3.0%〜18.0%(実質年率)
限度額最大800万円
おすすめする理由
  • 代わりに、業界最低水準の手数料率を誇るリボ払いを使える
  • 最大30日間金利0円のキャッシング利用でリボ払いよりもお得に使える
  • 限度額が最大800万円もある
即日で使えるカードを選ぶ→即日発行できるクレジットカード比較【2019年最新】今すぐ受け取る方法と失敗しない選び方
注意
※安定した収入があれば主婦、学生、アルバイトでもOK!
※限度額はショッピング枠+キャッシング枠の合計

楽天カードのボーナス払いと分割払いの使い分け

楽天カードのボーナス払いと分割払い、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

支払い方法メリットデメリット
ボーナス払い手数料無料で半年ほど支払いを延ばせる支払い月まで利用可能枠が埋まる
分割払い毎月の返済ごとに利用可能枠が復活する手数料が発生する(2回分割は無料)

利用可能枠があまり気にならないなら、5回や6回の分割払いをするよりもボーナス払いにして毎月自ら積立を行ったほうがお得になることは間違いありません。

楽天カードのボーナス払いに関するよくある質問

楽天カードのボーナス払いに関するよくある質問をまとめました。

この記事で解決できなかった疑問がある方は、遠慮なく記事下のコメント欄より投稿していただければと思います。

後からボーナス払いにできる?

楽天カードで一度指定した支払いを、後からボーナス払いに変更することはできません。

「1回払いにたけれど、やっぱりボーナス払いで」
ということができないのです。

楽天カードで支払うときは、ボーナス払いにする・しないを慎重に決める必要があります。

ボーナス払いに上限はある?

楽天カードのボーナス払いも、1回払いや分割払い、リボ払いと同じように利用可能額が決まっています。

利用可能額はカード会社・個人によって異なりますので、会員専用WEBサービスやアプリを使って自身の利用可能額を確認しましょう。

いくらからボーナス払いを使える?

楽天カードのボーナス払いは、特にいくらから使えるというような制限はありません。

ボーナス払いが使えるお店なら、たとえ1,000円の商品でもボーナス払いで購入することは可能でしょう。

一般的には、ボーナス1回払いだと1万円以上、ボーナス2回払いは5万円以上から利用することがが多いようです。

ボーナス払いができない、なぜ?

楽天カードのボーナス払いは対応する加盟店でなければ使うことができません。

ですが楽天カードはボーナス払い対応の加盟店を確認できるページがないため、利用する店舗ごとに聞かなければいけないのが現状です。

ボーナス払いができる加盟店を検索できるページを用意してもらいたいものですね。

会社からボーナスが出ないけど、ボーナス払いは使える?

楽天カードのボーナス払いは、勤務先からボーナスが出る出ないかかわらず利用することができます。

一般的にボーナスが支給される6月、12月に支払いをまとめられるのでボーナス払いというだけで、ボーナスをもらっていない方でも問題なく使えます。

ただし、ボーナス月にまとまった支払いが発生するため、毎月積立をするなど返済準備をしておく必要はあるでしょう。

楽天カードのボーナス払いを活用しよう!

楽天カードのボーナス払いは手数料無料で支払いを半年間引き伸ばせるため、購入商品やサービスによっては非常に便利です。

時期によってはボーナス払いを選択することで適用されるキャンペーンも開催されることがありますので活用しましょう。

引き落とし日まで時間が空きますので、口座残高の用意は忘れずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください