【11/18迄】2019年最後の8000ポイント入会キャンペーン

楽天カードとSuicaが提携【2020年春開始】チャージでポイントを貯める方法

楽天カードのSuicaチャージについて
「Suicaと楽天カードの組み合わせがはおすすめなのか知りたい」
ポイントが貯まりやすい楽天カードは、顧客満足度調査で10年連続で1位になるなどおすすめのクレジットカードです。

ですが、
・楽天カードのSuicaチャージでポイントは貯まる?
・Apple Payの登録方法や使い方は?
・オートチャージや海外利用も可能?
など、分からないことも多いと思います。

そこで、この記事では楽天カードとApple Payを活用してSuicaをお得に使う方法をまとめました。

目的から絞り込む

目次

8,000ポイント入会キャンペーンが開催中!2019年11月18日(月)まで

楽天カードの新規入会特典で合計8,500円相当もらえる入会キャンペーンが2019年11月18日(月)10時まで開催されております。

新規入会特典で最大8,000ポイント楽天カードのEdy機能の無料付帯を希望すれば500円分の事前チャージがもらえます。

お買いものパンダYOSHIKIデザインなど、楽天カードのデザインならどれでも対象になりますので、ぜひこの機会を逃さずに入会しましょう。

キャンペーン名楽天カード新規入会&利用で最大8,500円相当もらえるキャンペーン
キャンペーン期間2019年11月11日(月)10:00~2019年11月18日(月)10:00
特典内容①新規入会特典で2,000ポイント
②カード利用特典で6,000ポイント
③楽天Edy機能の無料付帯で500円分事前チャージ
適用条件①新規のお申し込みで楽天カードもしくは楽天PINKカードが発行された方
②カード利用期限までに1円以上1回以上を利用された方で口座振替設定が完了されている方
注目!!【11/18まで】楽天カードの8,000ポイントキャンペーン開催中!入会特典の受け取り方と注意点

楽天Edyの無料付帯希望で500円分の事前チャージがもらえる

楽天Edy

楽天カードは楽天Edyの無料付帯を希望すると500円分が事前チャージされますので、入会キャンペーンと合計すれば8,500円分もらえることになります。

楽天Edy機能は年会費や発行手数料もかかりませんので、500円も忘れずに手に入れておきましょう。

注目!!Edy機能付きの楽天カード完全ガイド【2019年11月最新】注目キャンペーンも紹介

お買いものパンダ着ぐるみブランケットが抽選100名にプレゼント

お買いものパンダのブランケット

楽天カードのお買いものパンダデザインを選択された方から抽選100名にお買いものパンダ着ぐるみブランケットが当たるキャンペーンも同時開催しております。

1週間でお買いものパンダデザインに新規入会した方が対象になり当選確率はそれなりに高いと思いますので、非売品のオリジナルグッズの当選を願って申し込みましょう。

注目!!楽天カードのお買いものパンダとは?デザイン一覧と作り方、更新時の注意点

楽天カードとSuicaに関する注目トピック

楽天カードとSuicaに関する注目トピックを紹介します。

電車利用でもJRE POINTが貯まる

Suicaの鉄道利用で2%還元

2019年10月1日(火)より始まるキャッシュレス消費者還元事業に合わせて、Suicaの電車利用もポイント還元の対象になります。

事前にSuicaとJREポイントの紐付けが必要になりますが、電車賃が最大2.0%お得になります。

Suicaの種類対象サービスの還元率
JR東日本在来線SuicaエリアSuicaグリーン券モバイルSuica定期券
Suicaカード0.5%対象外
モバイルSuica2.0%
注目!!モバイルSuicaとは?使い方と最新ニュースやお得なキャンペーン情報まとめ

楽天ペイとSuicaが連携発表

2019年6月5日、楽天とJR東日本は楽天ペイ内でSuicaの発行とチャージに対応することを発表しました。

楽天ペイとは楽天ポイントカード一体型のQRコード決済サービスで高いポイント還元率が魅力です。

実際に楽天ペイでSuicaが使えるようになるのは2020年春となりますが、「おサイフケータイ」に対応したAndroid端末でSuica決済が利用できるようになります。

連携内容・楽天ペイアプリ内でのSuica発行やチャージ
・Suicaチャージがポイント付与対象に
利用できない機能・オートチャージ
・定期券・グリーン券の購入
利用できる端末・「おサイフケータイ」に対応したAndroid端末
・iOSは今後検討
連携時期2020年春
注目!!楽天ペイとSuicaの強力タッグ!2020年スタート

楽天カードのSuicaチャージでポイントを貯める方法とは

楽天カードでSuicaチャージや定期券購入をする場合、お使いのSuicaの種類によってポイント付与ルールが異なります。

Suicaの種類チャージ定期券購入
Suicaカード多機能券売機でSuica定期券購入時のチャージはポイント付与券売機での購入はポイント付与
モバイルSuicaポイント付与対象外

モバイルSuica利用はポイント付与対象外

モバイルSuicaのチャージ、定期券購入は楽天カードのポイント付与対象外となります。

チャージや定期券購入外にも、モバイルSuica特急券・モバイルSuicaグリーン券もポイント付与対象外となりますので気をつけましょう。

券売機での定期券購入はポイント付与対象

Suicaの券売機

券売機でのSuicaチャージは原則Suica専用のクレジットカードしかできませんが、多機能券売機(黒い券売機)でSuica定期券を購入する際のチャージは楽天カードでも可能です。

モバイルSuica以外の利用ならば、楽天カードのチャージはポイント付与対象になるという問い合わせ窓口からの見解も得られましたので参考にしてください。

注目Suicaチャージにおすすめのクレジットカード比較【2019年最新】

2020年春から楽天カードのSuicaチャージがポイント対象付与に

ただし、2020年春から楽天ペイ内で発行できるようになるSuicaのバーチャルカードのチャージは、楽天ポイントの付与対象になります。

開始後しばらくはAndroid端末のみの対応になるそうですが、実際のポイント還元率やiPhone対応時期についても続報があり次第追記します。

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
付帯機能楽天Edy,楽天ポイントカード
キャンペーン中!!
・今なら最大8,000円相当のポイントと500円のEdyチャージがもらえる入会キャンペーンを実施中
・キャッシュレスポイント還元も加わったお得なキャンペーン開催中
楽天カードの特徴

楽天カードでSuicaにチャージする方法

楽天カードでSuicaにチャージする方法は4通りあります。

チャージ方法ポイント付与の有無
モバイルSuicaポイント付与対象外
Apple Pay
Google Pay
多機能券売機ポイント付与対象

モバイルSuicaに楽天カードを登録しチャージする

Apple Payを使わなくても、おサイフケータイ機能のある携帯端末であれば、楽天カードをモバイルSuicaに登録することでチャージや定期券購入が可能になります。

ただし、楽天カードの場合はモバイルSuica登録に年会費1,030円(税込)かかりますので、あまりおすすめの方法ではありません。

2020年2月26日以降は無料化へ
しかし、2020年2月26日(水)以降は「ビューカード」以外のクレジットカードを登録しても、モバイルSuicaの年会費が無料になることを発表しました。ただし、2020年2月25日(火)までに支払った年会費の返金はないようなので覚えておきましょう。
注目!!楽天ペイとSuicaの強力タッグ!2020年スタート

Apple Payに楽天カードを登録しチャージする

先ほどモバイルSuicaに年会費が必要になることを教えましたが、Apple Payに楽天カードを登録すればモバイルSuicaの年会費は免除され、チャージや定期購入・更新がお得です。

  1. Apple Payに楽天カードとお手持ちのSuicaを用意して読み取り登録をする。
  2. 自動改札ですぐに使えるように「エクスプレス設定」をする。
  3. チャージ・定期の継続購入を行う。

たったこれだけの作業で、楽天カードから簡単にSuicaにチャージできるようになります。

Google Payに楽天カードを登録しチャージする

Google PayもモバイルSuicaを年会費無料で利用することができますが、Apple Payと異なり一部機能に利用制限があります。

年会費無料で使えない機能
  • Suicaグリーン券の購入
  • モバイルSuica特急券(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線)
  • エクスプレス予約サービス(東海道・山陽新幹線)

ただし、Google Payなら楽天Edyの加盟店でも利用できますので、スマホ一台で使えるお店の多さを考えると利便性は高いと言えるかもしれません。

QUICPayや楽天Edyとしても使える

楽天カードはApple PayやGoogle Payに登録すればQUICPayや楽天Edyの加盟店でも利用できるようになります。

楽天カードの国際ブランドだけでなく、Suica・QUICPay・楽天Edy・楽天ペイと使える店舗が非常に多いため、楽天カードのスマホ決済登録は忘れずに行っておきましょう。

参考楽天カードのQUICPayキャンペーン【2019年11月】登録方法とお得な使い方まとめ

多機能券売機で定期券購入時にチャージする

ビューカード以外のクレジットカードでSuicaに直接チャージできるのは、多機能券売機でSuica定期券を購入するタイミングです。

定期券購入代金と合わせて楽天ポイントが付与されますが、2019年10月1日(火)から始まるSuicaのポイント還元次第ではモバイルSuicaを利用したほうがお得になります。

Suica以外の利用金額も合わせて、トータルでお得になるには楽天カードだけでよいのか、それともSuica用のクレジットカードを用意したほうが良いのか考えなければなりません。

支払い方法SuicaカードモバイルSuica
現金0.5%2.0%
楽天カード1.5%(1.0%+0.5%)2.0%(0.0%+2.0%)
ビューカード2.0%(1.5%+0.5%)3.5%(1.5%+2.0%)
注目Suicaチャージにおすすめのクレジットカード比較【2019年最新】

楽天カードはSuicaのオートチャージに非対応

Suicaを頻繁に利用する方なら、オートチャージ機能を利用したい方もいると思います。

ですが、楽天カードはSuicaのオートチャージに非対応です。

というよりも、オートチャージに対応しているクレジットカードは「VIEW」マークのついたものだけですので、楽天カードだからできないのではなく「オートチャージに対応しているクレジットカードが限定されている」のです。

注目!!Suicaチャージにおすすめのクレジットカード比較【2019年最新】

楽天カードでSuicaにチャージできない時の対処方法

楽天カードでSuicaにチャージができないときは、次の3点について確認してみてください。

  • (Apple Payの場合)国際ブランドがVISAじゃないか?
  • 限度額に空きはあるか?
  • スマホのネットワーク環境は安定しているか?

国際ブランドがVISAじゃないか?(Apple Payの場合)

特にApple Payの場合ですが、楽天カードでSuicaにチャージできないときは国際ブランドがVISAじゃないか確認してください。

楽天カードに限った話ではありませんが、Apple Payに登録せたVISAカードは実店舗決済でしか利用することができませんので、Suicaチャージやコンタクトレス決済に非対応となっています。

そのため、VISAの楽天カードでチャージするならモバイルSuicaアプリでチャージする必要があります。

Google PayであればVISAも含め、JCBやマスターカード、アメックスでもチャージできます。

決済方法国際ブランド使えるサービス
Apple Payマスターカード、JCB、アメックスチャージ、定期の継続購入
Google PayVISA、マスターカード、JCB、アメックスチャージ、定期の継続購入
モバイルSuicaアプリVISA、マスターカード、JCB、アメックスチャージ、オートチャージ、定期の新規購入/継続購入
注意
オートチャージは「VIEWマーク」のついたクレジットカードを登録している場合のみに使うことができます。

限度額に空きはあるか?

次に楽天カードの限度額がいっぱいであれば決済エラーとなりますのでチャージすることができません

楽天カードの会員サービスであるe-NAVIや楽天カードアプリで現在の限度額と利用金額を見ることができますので、空きがどのくらいあるか確認しましょう。

注目!!楽天カードの限度額上限はいくら?増額申請のやり方と学生の利用可能枠を解説

スマホのネットワーク環境は安定しているか?

インターネット回線が不安定なところだとチャージ完了前にエラーが出てしまうことがあります。

できるだけ安定したネットワーク環境でチャージするように気をつけてください。

楽天カードのSuicaに関するよくある質問Q&A

最後に、楽天カードのSuica利用に関するよくある質問をまとめました。

この記事で解決できなかった疑問は記事下のコメント欄に投稿していただければ回答いたしますのでよろしくお願いいたします。

パスモにもチャージできる?

パスモのチャージ方法は「駅の券売機」「バス車内」「お店でのチャージ」の3種類ありますが、この内の券売機とクレジットカードが使えるお店なら楽天カードでパスモにチャージすることができます。

PASMOパスモのオートチャージは交通事業者系が発行するクレジットカードでしか利用できませんので、楽天カードでオートチャージすることはできません。

注目!!PASMO(パスモ)におすすめのクレジットカード比較【2019最新】

海外利用もできる?

Apple Payに登録したSuicaも、Google Payに登録したSuicaであっても、海外利用には対応しておりませんので覚えておきましょう。

例えばApple Payを海外で使うとしたら、コンタクトレス決済に対応したマスターカードやJCBの加盟店でのみ利用することができます。

Suicaはあくまでも日本国内の独自仕様となります。

楽天ANAマイレージクラブカードでもSuicaチャージは可能?

通常の楽天カードではなく、楽天ANAマイレージクラブカードでももApple PayやGoogle Payに登録できますので、Suicaチャージや定期券の更新購入は可能です。

ただしVISAブランドならモバイルSuicaからのチャージにしか対応しませんので、もしこれから作るとした海外でもコンタクトレス決済で使えるお店が多いマスターカードがおすすめです。

年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
付帯機能ANAマイレージクラブ,楽天Edy,楽天ポイントカード
キャンペーン中!!
・今なら最大14,000円相当のポイントと500円分のEdyチャージがもらえる入会キャンペーンを実施中
・キャッシュレスポイント還元も加わったお得なキャンペーン開催中
楽天ANAマイレージクラブカードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税(年会費無料にする方法
  • ANAマイレージクラブ機能一体型で選べるANAマイルコースと楽天スーパーポイントコース
  • 楽天ペイに設定して実店舗利用でもポイント高還元
  • 年会費は年1回以上の利用で翌年会費も無料!通常年会費は500円+税

楽天Suicaカード(Suica一体型の楽天カード)は登場なるか

楽天ペイから発行できるのはSuicaはバーチャルカードになりますが、その後にSuica一体型の楽天カードが登場する可能性は十分ありえると考えます。

楽天カードは最近アルペングループ 楽天カードのように提携カードの取り組みも始めています。

実はSuicaとEdyはどちらも2001年に登場した日本の電子マネーの先駆け的兄弟分です。

Suica、楽天カード、楽天ペイが一体化すると、実店舗/インターネットショッピングなど利便性は格段と上がると思いますので期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください